>> Google Books
横井小楠 : 公共の政を首唱した開国の志士
フォーマット:
図書
責任表示:
平石直昭, 金泰昌編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 東京大学出版会, 2010.9
形態:
xi, 263, 30p ; 22cm
著者名:
シリーズ名:
公共する人間 ; 3 <BB03372057>
目次情報:
はじめに 平石直昭 [著]
小楠の思想形成に関わる伝記的検討 松浦玲 [著]
小楠の「大学講義」 : 儒学理解の特質 田尻祐一郎 [著]
近世儒学における「公共」概念の歴史的検討 平石直昭 [著]
小楠の経済認識と経済思想 川口浩 [著]
幕末小楠の世界認識と課題認識 源了圓 [著]
藤田東湖における道の公共性 : 「弘道館記述義」私解 小島毅 [著]
肥後実学豪農党の教育事業 : 小楠思想の継承と展開 沖田行司 [著]
総合討論 金泰昌, 平石直昭, 黒住眞, 源了圓, 林美茂, 小島毅, 田尻祐一郎, 稲垣久和, 西岡文彦, 矢崎勝彦 [述]
「小楠問題」を語りなおす : 「道義」・「道義国家」言説の系譜学 姜海守 [著]
おわりに : むすびとひらき 金泰昌, 別所興一, 小松裕, 布川清司 [述]
新資料横井小楠「公私之説」 : 翻字と考証 平石直昭 [著]
はじめに 平石直昭 [著]
小楠の思想形成に関わる伝記的検討 松浦玲 [著]
小楠の「大学講義」 : 儒学理解の特質 田尻祐一郎 [著]
近世儒学における「公共」概念の歴史的検討 平石直昭 [著]
小楠の経済認識と経済思想 川口浩 [著]
幕末小楠の世界認識と課題認識 源了圓 [著]
続きを見る
書誌ID:
BB03412468
ISBN:
9784130141734 [4130141732]  CiNii Books  Webcat Plus  Google Books
子書誌情報
Loading
所蔵情報
Loading availability information
タイトルが類似している資料

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 図書 横井小楠文

横井, 小楠(1809-1869)

民友社

高木, 不二(1949-)

吉川弘文館

佐久間, 象山(1811-1864), 横井, 小楠(1809-1869), 松浦, 玲(1931-)

中央公論社

三上, 一夫(1921-)

吉川弘文館

平石, 直昭(1945-), 金, 泰昌

東京大学出版会

沖田, 行司(1948-)

ミネルヴァ書房

4 図書 横井小楠

松浦, 玲(1931-)

朝日新聞社

鄭, 鳳輝(1934-)

熊本学園大学付属海外事情研究所

5 図書 横井小楠

圭室, 諦成(1902-1966), 日本歴史学会

吉川弘文館

11 電子ブック 横井小楠

啓文社

源, 了円(1920-)

藤原書店

12 図書 横井小楠

松浦, 玲(1931-)

筑摩書房