close
1.

図書

図書
玉井暲, 仙葉豊編
出版情報: 東京 : 英宝社, 2004.5
シリーズ名: 阪大英文学会叢書 ; 1
目次情報: 続きを見る
亡命者たちとバラバラ死体 : 『オノヨーコ』から『ロビンソン・クルーソー』へ 服部典之著
リリパットの国家身体 : 『ガリバー旅行記』における近代古代論争 武内正美著
有機体としての国家と女性の肉体 : スコットの『ミドロジアンの心臓』 米本弘一著
アメリカのユダヤ人、その生と死 : 『ラヴェルスタイン』における病、身体、自己 片渕悦久著
「崇高」という病い : 「享楽」の『コズモポリス』横断 渡辺克昭著
『終わりよければすべてよし』と精神的不調 : 『二人の貴公子』を照射して 三浦誉史加著
クラリッサの死因 : メランコリーのショックと神経と 仙葉豊著
理性、汎神論、そして再発見される身体 : ウィリアム・ワーズワス 小口一郎著
観相学から骨相学へ : 『フランケンシュタイン』における身体性 小川公代著
ヴァージニア・ウルフの病気のヴィジョン : セプティマスと戦争神経症 太田素子著ヴァージニア ウルフ ノ ビョウキ ノ ヴィジョン : セプティマス ト センソウ シンケイショウ
ヴィクトリア朝における女性の衣服と身体 : コルセットをめぐって 西村美保著
リアム・オフラハティーの小説世界 : 存在の矛盾そして狂気 春木孝子著
現代詩に見る身体モチーフ : モダニズムからポストモダニズムへ 白川計子著
研ぎ澄まされた聴覚 : 『しあわせな日々』におけるウィニーの腹話術的声の身体 垣口由香著
難病の視覚的表象 : 戯曲、映画、テレビの中のジョゼフ・メリック 山田雄三著
亡命者たちとバラバラ死体 : 『オノヨーコ』から『ロビンソン・クルーソー』へ 服部典之著
リリパットの国家身体 : 『ガリバー旅行記』における近代古代論争 武内正美著
有機体としての国家と女性の肉体 : スコットの『ミドロジアンの心臓』 米本弘一著
2.

図書

図書
[沼野充義ほか著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.10
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 3
目次情報: 続きを見る
まえがき : これから先も当分死ぬことのない小説のために 沼野充義著
ギリシア・ローマの小説 中務哲郎著
平安時代の「物語」と物語文学 兵藤裕己著
西鶴 : 経済社会の小説 日暮聖著
「ロビンソン・クルーソー」と小説の生成 仙葉豊著
フランス近代小説論 : 取捨選択のドラマ 鷲見洋一著
小説の身体 : 一九世紀ロシア小説における<作者>と<主人公> 番場俊著
ドイツ二〇世紀小説にみられたある感受性の革命 三原弟平著
東アジアにおける魯迅 藤井省三著
二〇世紀「アメリカ」小説論 : フォークナーとピンチョン 越川芳明著
ラテンアメリカ文学 : 小説、起源への回帰 木村榮一著
近代小説における<語り>の問題 : 谷崎潤一郎「卍」を手がかりとして 金子明雄著
自伝のかたち : 「わたし」と「記憶」をめぐって 石川美子著
ヌーヴォー・ロマン論 : 虚構の運動をめぐって 江中直紀著
まえがき : これから先も当分死ぬことのない小説のために 沼野充義著
ギリシア・ローマの小説 中務哲郎著
平安時代の「物語」と物語文学 兵藤裕己著
3.

図書

図書
サミュエル・ジョンソン著 ; 小林章夫 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2009.12