close
1.

図書

図書
宮島喬 [ほか] 編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2013.7
目次情報: 続きを見る
グローバリゼーションと社会学 宮島喬, 友枝敏雄, 遠藤薫 [執筆]
グローバリゼーションの経験と場所 伊豫谷登士翁 [執筆]
グローバリゼーションとEUのアイデンティティ : 国民国家からいずこへ 宮島喬 [執筆]
アジアにおけるグローバリゼーションとローカルなもの : メガシティ・ジャカルタの都市再生をめぐって 吉原直樹 [執筆]
グローバリゼーションから「アジア社会学」へ : 新たな学問的要請をめぐって 園田茂人 [執筆]
グローカリズム : 共生配慮型社会へ 今田高俊 [執筆]
グローバリゼーションとフェミニズムの挑戦 牟田和恵 [著]
リスク社会と再帰性 : 福島第一原発事故をめぐって 長谷川公一 [執筆]
グローバリゼーションとエネルギー・環境問題 : システム準拠的制御の可能性 舩橋晴俊 [執筆]
第二の近代と社会理論 友枝敏雄 [執筆]
socialとmodern 厚東洋輔 [執筆]
モダニティのあとの社会学の課題 : グローバリゼーションにおける可能性 盛山和夫 [執筆]
モダニティの理想と現実 : グローバル時代のコミュニティとアイデンティティ 山田真茂留 [執筆]
モダニティのコンテクスト 井上俊 [執筆]
モダニティ・グローバリティ・メディアリティの交差 : 社会変動をあらたな視座からとらえる 遠藤薫 [執筆]
文化のグローバル化と「グローバル文化」論 丸山哲央 [執筆]
公平な分配はいかにして社会に広がるのか? : 公平な分配とシミュレーション 佐藤嘉倫 [執筆]
グローバル化社会の理論社会学 黒石晋 [執筆]
グローバリゼーション下での政治的なエスノセントリズム : 進化シミュレーションをもちいた考察 中井豊 [執筆]
グローバリゼーションと社会学 宮島喬, 友枝敏雄, 遠藤薫 [執筆]
グローバリゼーションの経験と場所 伊豫谷登士翁 [執筆]
グローバリゼーションとEUのアイデンティティ : 国民国家からいずこへ 宮島喬 [執筆]
2.

図書

図書
吉原和男編者代表 ; 蘭信三 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2013.11
3.

図書

図書
伊豫谷登士翁著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 1993.4
4.

図書

図書
山之内靖著 ; 伊予谷登士翁, 成田龍一, 岩崎稔編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2015.1
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; [ヤ24-1]
5.

図書

図書
イマニュエル・ウォーラーステイン著 ; 田中治男, 伊豫谷登士翁, 内藤俊雄訳
出版情報: 東京 : 同文舘出版, 1991.12
シリーズ名: ポリティカル・エコノミー
6.

図書

図書
伊豫谷登士翁編 ; 久場嬉子 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2001.10
シリーズ名: 叢書現代の経済・社会とジェンダー ; 第5巻
目次情報: 続きを見る
経済のグローバリゼーションとジェンダー 伊豫谷登士翁著
「経済のグローバル化」における労働力の女性化と福祉国家の「危機」 久場嬉子著
「再生産労働」の越境化をめぐって 梅澤直樹著
労働力再生産過程の商品化と資本蓄積過程のグローバル化/サービス化 松川誠一著
女性労働力の再編と経済のグローバリゼーション : インドネシアの事例から 嶋田ミカ著
「移住労働者の女性化」のもう一つの現実 : フィリピン農村部送り出し世帯の事例から 小ヶ谷千穂著
グローバリゼーションと非連続 discontinuity 足立眞理子著
「第三世界」女性表象をめぐる一考察 : グローバリゼーションとフェミニズムの可能性 堀田碧著
グローバル経済のフェミニスト分析にむけて サスキア・サッセン著 ; 伊豫谷登士翁訳
経済のグローバリゼーションとジェンダー 伊豫谷登士翁著
「経済のグローバル化」における労働力の女性化と福祉国家の「危機」 久場嬉子著
「再生産労働」の越境化をめぐって 梅澤直樹著
7.

図書

図書
サスキア・サッセン著 ; 大井由紀, 高橋華生子訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2018.2
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; サ41-1
8.

図書

図書
山之内靖, 島村賢一編
出版情報: 東京 : 日本経済評論社, 2010.7
シリーズ名: 21世紀への挑戦 ; 1
目次情報: 続きを見る
近代の歴史的終焉とどう取り組むか : マルクスとハイデガーの「反響関係」を中心として 山之内靖 [執筆]
技術と哲学 = Technology and philosophy ジョージ・ケイティブ [執筆] ; 伊藤茂訳
コスモポリタン・シティズンシップにおける可能性と問題点 : ベック世界市民社会論の検討を中心として 島村賢一 [執筆]
「グローバル・シティ」空間の射程 伊豫谷登士翁 [執筆]
構築される健康不安と犯罪不安を問う : 精神障害者の排除に抵抗する実践を手がかりに 井上芳保 [執筆]
生の管理と情動のコミュニケーション : ふたつの「自由」、南米の場合 林みどり [執筆]
重なりあう場所と身体 : ユタの「身体地図」をめぐる人類学的考察 佐藤壮広 [執筆]
アメリカ社会の展望 : 社会運動ユニオニズムと新たなメンバーシップの構築に向けて 惠羅さとみ [執筆]
近代の歴史的終焉とどう取り組むか : マルクスとハイデガーの「反響関係」を中心として 山之内靖 [執筆]
技術と哲学 = Technology and philosophy ジョージ・ケイティブ [執筆] ; 伊藤茂訳
コスモポリタン・シティズンシップにおける可能性と問題点 : ベック世界市民社会論の検討を中心として 島村賢一 [執筆]
9.

図書

図書
伊豫谷登士翁編
出版情報: 東京 : 有信堂高文社, 2013.8
目次情報: 続きを見る
「移民研究」の課題とは何か 伊豫谷登士翁 [著]
政治の陰としての「移民」 伊豫谷登士翁 [著]
兵士という移動 松村美穂 [著]
難民移動の系譜学 : 「余計者」から「保護すべき対象」へ 山岡健次郎 [著]
定住と移動の溶解 : 移動する身体/意味づけられる身体 高野麻子 [著]
批判的移民研究に向けて : フィリピン女性移民を通して 小ケ谷千穂 [著]
移民と先住民のあいだ マーク・ウィンチェスター [著]
日系/Nikkeiのかなたへ 山脇千賀子 [著]
「多文化共生」という無難な安全地帯 飯笹佐代子 [著]
グローバル空間としての「アジア」と人の移動 伊豫谷登士翁 [著]
「移民研究」の課題とは何か 伊豫谷登士翁 [著]
政治の陰としての「移民」 伊豫谷登士翁 [著]
兵士という移動 松村美穂 [著]
10.

図書

図書
佐藤卓己編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2015.11
シリーズ名: 岩波講座現代 ; 5