close
1.

図書

図書
マニュエル・カステル著 ; 石川淳志監訳 ; 吉原直樹 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 1997.10
2.

図書

図書
松本康 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1995-1996
3.

図書

図書
[久保田淳ほか編集]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.3
シリーズ名: 岩波講座日本文学史 ; 第17巻
目次情報: 続きを見る
昔話の「場」と「時」 高木史人 [著]
地域性分析と話型分析 丸山顯徳 [著]
昔話と女性 野村敬子 [著]
御伽噺、童話、民話 重信幸彦 [著]
口演童話から語り手運動まで 櫻井美紀 [著]
「伝説」と「歴史」 小池淳一 [著]
世間話と聞き書きと 山田厳子 [著]
「はなし」と現代 佐藤健二 [著]
アイヌ文学 中川裕, 志賀雪湖, 奥田統己 [著]
伝承と伝承者 : 金成マツ 蓮池悦子 [著]
祭祀の伝承 : 静内 葛野辰次郎, 高橋規 [著]
カムイノミの再生 : 千歳 小松哲郎, 野本久栄 [著]
歌謡の伝承 : 十勝 内田祐一, 吉根憲一 [著]
アイヌ語劇 : 旭川 川村シンリツ・エオリパック・アイヌ [著]
アイヌ語教室 : 平取 本田優子 [著]
異言語との闘い 大谷洋一 [著]
近代諸学とアイヌ 丸山隆司 [著]
昔話の「場」と「時」 高木史人 [著]
地域性分析と話型分析 丸山顯徳 [著]
昔話と女性 野村敬子 [著]
4.

図書

図書
見田宗介 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2014.6
5.

図書

図書
中野卓, 桜井厚編
出版情報: 東京 : 弘文堂, 1995.2
目次情報: 続きを見る
ライフヒストリー研究の位相 佐藤健二 [執筆]
インタビューからライフヒストリーへ : 語られた「人生」と構成された「人生」 小林多寿子 [執筆]
『口述の生活史』作品化のプロセス 大出春江 [執筆]
記述のレトリック : 感動を伴う知識はいかにして生まれるか 井腰圭介 [執筆]
ある告白の再解釈の試み : 何が彼女に自立志向性を放棄させてしまったのか 水野節夫 [執筆]
彷徨するアイデンティティ : ライフ・ドキュメントとしての日記と作品 有末賢 [執筆]
歴史的現実の再構成 : 個人史と社会史 中野卓 [執筆]
生が語られるとき : ライフヒストリーを読み解くために 桜井厚 [執筆]
ライフヒストリー研究の位相 佐藤健二 [執筆]
インタビューからライフヒストリーへ : 語られた「人生」と構成された「人生」 小林多寿子 [執筆]
『口述の生活史』作品化のプロセス 大出春江 [執筆]
6.

図書

図書
庄司興吉編著
出版情報: 松戸 : 梓出版社, 1985.11
目次情報: 続きを見る
社会計画から地域社会計画へ 庄司興吉 [執筆]
地域社会計画と住民参加 武川正吾 [執筆]
地域社会計画と都市の変容 町村敬志 [執筆]
都市社会計画と生活基盤 松本康 [執筆]
地域社会計画と農村コミュニティ : 金ヶ崎町の場合 古城利明 [執筆]
地域社会計画と財政 犬塚先, 川崎嘉元 [執筆]
地域社会計画と企画職員 : テクノポリス計画に焦点をあてて 佐藤健二 [執筆]
地域社会計画の政治的文脈 : 新潟県, 新潟市, 長岡市および中野区の場合 川崎嘉元 [執筆]
大分県における開発計画と環境問題 村井久二 [執筆]
地域社会計画と労働組合 : 大分県および市の場合 元島邦夫 [執筆]
地域社会計画と教育・文化 宮島喬 [執筆]
地域社会計画と住民自治 庄司興吉 [執筆]
社会計画から地域社会計画へ 庄司興吉 [執筆]
地域社会計画と住民参加 武川正吾 [執筆]
地域社会計画と都市の変容 町村敬志 [執筆]
7.

図書

図書
佐藤健二著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2016.2
8.

図書

図書
設楽博己, 工藤雄一郎, 松田睦彦編著
出版情報: 東京 : 新泉社, 2016.5
目次情報: 続きを見る
柳田國男の生い立ちと学問的背景 松田睦彦 [執筆]
柳田國男旧蔵考古資料とは? : 収集の経緯 工藤雄一郎, 設楽博己 [執筆]
柳田國男はどんな考古資料を収集したのか 工藤雄一郎 [執筆]
石器の利用法から見た柳田國男旧蔵考古資料 高瀬克範 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(1) : 明治後期における柳田國男の旅行先 和田健 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(2) : 樺太紀行の旅程 佐藤健二 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(3) : 南樺太の領有と当時の人類学者たちの動向 福田正宏 [執筆]
飯島魁の「樺太みやげ」 福田正宏 [執筆]
柳田考古遺物の採集地はどこか?(4) : 「樺太紀行」以後のサハリン島における考古学の展開 熊木俊朗 [執筆]
柳田為正が収集した考古資料と柳田國男旧蔵考古資料の違い 工藤雄一郎 [執筆]
標本箱が語る柳田國男と矢田部良吉家との交流 林正之 [執筆]
お雇い外国人の活躍と一八八〇年代の「日本人種論」 山田康弘 [執筆]
日本人研究者による人種論の始まり : アイヌ・コロボックル論争 山田康弘 [執筆]
アイヌ・コロポックル論争の考古学的な資料 設楽博己 [執筆]
柳田國男の考古遺物収集と山人論の形成 設楽博己 [執筆]
『遠野物語』に描かれた遺跡と遺物 黒田篤史 [執筆]
古代史学者喜田貞吉の日本民族論と柳田國男との関係 設楽博己 [執筆]
鳥居龍蔵の固有日本人論 : 日本民族の起源と弥生土器の系譜 山田康弘 [執筆]
今西龍と固有日本人論 設楽博己 [執筆]
形質人類学者による日本人種論 山田康弘 [執筆]
柳田國男はなぜ考古学を批判し、考古学と決別したのか 設楽博己 [執筆]
柳田國男が批判した「近世考古学」の現在 林正之 [執筆]
自然科学と文学 : 松本彦七郎・山内清男と柳田國男 設楽博己 [執筆]
柳田國男と考古学者の交遊録 : 一九〇三-一九四五年頃まで 林正之 [執筆]
柳田國男と南方熊楠との交流 : 民俗学の自覚 佐藤健二 [執筆]
山人論から稲作民俗論へ 松田睦彦 [執筆]
文学との決別が柳田民俗学を生んだのか : 柳田の思想の文学性 小池淳一 [執筆]
民俗学の誕生と考古学への意識 小池淳一 [執筆]
柳田國男の生い立ちと学問的背景 松田睦彦 [執筆]
柳田國男旧蔵考古資料とは? : 収集の経緯 工藤雄一郎, 設楽博己 [執筆]
柳田國男はどんな考古資料を収集したのか 工藤雄一郎 [執筆]
9.

図書

図書
佐藤健二著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 1987.11
シリーズ名: 読書空間の近代 ; [正]
10.

図書

図書
佐藤健二著
出版情報: 東京 : せりか書房, 2015.2
シリーズ名: 読書空間の近代 ; 続