close
1.

図書

図書
松田潤編
出版情報: [札幌] : 北海道大学スラブ研究センター, 1997.2
2.

図書

図書
editor Tadayuki Hayashi
出版情報: Sapporo : Slavic Research Center, Hokkaido University, 1997
3.

図書

図書
edited by Koichi Inoue, Tomohiko Uyama
出版情報: Sapporo : Slavic Research Center, Hokkaido University, 1998
4.

図書

図書
[北海道大学スラブ研究センター編]
出版情報: 札幌 : 北海道大学スラブ研究センター, 2004.7-
シリーズ名: 「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 = Occasional papers on making a discipline of Slavic Eurasian studies ; no. 3, 5, 17
目次情報: 続きを見る
1: イルクーツク商人とキャフタ貿易 : 1792~1830年 森永貴子 [執筆]
クルバンガリー追尋 : もう一つの「自治」を求めて 西山克典 [執筆]
ハルビンのロシア人教育 : 高等教育を中心に 中嶋毅 [執筆]
北洋とは何か : 再構築された漁業史と対露観 神長英輔 [執筆]
2: 日露戦争期ロシアのなかのムスリム兵士 長縄宣博 [執筆]
「ロシア」の範囲 : 帝政期サハリンにおける「想像のロシア化」 天野尚樹 [執筆]
ウラジミロフカから豊原へ : ユジノ・サハリンスク(旧豊原)における初期市街地の形成とその性格 井澗裕 [執筆]
サハリン朝鮮人のソ連社会統合 : モスクワ共産党文書が語る1950年半ばの一断面 半谷史郎 [執筆]
ブロニスワフ・ピウスツキの足跡を尋ねて40年 : 就中、その極東滞在の究明 : 講演 井上紘一 [述]
3: ロシア極東アルヒーフの地域史研究への参画 A.A.トロポフ [執筆] ; 左近幸村訳
ロシア極東アルヒーフ文書に見られる日本および日本人 H.A.トロツカヤ [執筆] ; 有泉和子訳
戦争と漁業 : 「北洋漁業」の歴史を問い直す 神長英輔 [執筆]
アブラハム・カウフマンとハルビン・ユダヤ人社会 : 日本統治下ユダヤ人社会の一断面 高尾千津子 [執筆]
中国領アルタイの古儀式派 : 国連難民高等弁務官事務所資料を中心に 塚田力 [執筆]
トランスボーダーの人流 : 1930年代初頭ロシア極東から北海道に避難・脱出した事件を中心に 倉田有佳 [執筆]
中東鉄道警備隊と満洲の軍事バランス : 1897-1907年 麻田雅文 [執筆]
スンガリ川、アムール川の穀物輸送とロシアの植民問題:1907-1913年 左近幸村 [執筆]
極東における帝立ロシア地理学協会 : サハリン地理調査を手がかりとして 天野尚樹 [執筆]
1: イルクーツク商人とキャフタ貿易 : 1792~1830年 森永貴子 [執筆]
クルバンガリー追尋 : もう一つの「自治」を求めて 西山克典 [執筆]
ハルビンのロシア人教育 : 高等教育を中心に 中嶋毅 [執筆]
5.

図書

図書
edited by Tadayuki Hayashi
出版情報: Sapporo : Slavic Research Center, Hokkaido University, 2004
6.

図書

図書
edited by Tabata Shinichiro & Iwashita Akihiro
出版情報: Sapporo : Slavic Research Center, Hokkaido University, 2004
シリーズ名: 21st century COE program Slavic Eurasian studies ; no. 2
7.

図書

図書
北海道大学スラブ研究センター
出版情報: 札幌 : 北海道大学スラブ研究センター, 2003-
8.

図書

図書
edited by Nobuo Arai
出版情報: Sapporo : Slavic Research Center, Hokkaido University, 2003
シリーズ名: 「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 = Occasional papers on making a discipline of Slavic Eurasian studies ; no. 1
9.

図書

図書
[北海道大学スラブ研究センター編]
出版情報: 札幌 : 北海道大学スラブ研究センター, 2004.8-
シリーズ名: 「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 = Occasional papers on making a discipline of Slavic Eurasian studies ; No. 4, 9
10.

図書

図書
越野剛, 望月哲男編
出版情報: 札幌 : 北海道大学スラブ研究センター, 2005.12
シリーズ名: 「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 = Occasional papers on making a discipline of Slavic Eurasian studies ; No. 10
目次情報: 続きを見る
19世紀後半の精神医学とその発想 : 精神医学者ウラジーミル・チシ(1855-1922?)による文豪の生涯と作品の分析を手掛かりに 久野康彦 [執筆]
日本人の宗教意識とドストエフスキー研究 小林銀河 [執筆]
19世紀ロシア文学におけるイエズス会のイメージ : 『カラマーゾフの兄弟』読解へのステップ 望月哲男 [執筆]
19世紀前半のロシア文学とピクチャレスク概念 鳥山祐介 [執筆]
『現代の英雄』 : 日付の一致をめぐって 山路明日太 [執筆]
トルストイとゴーリキー、『幼年時代』研究 : 自己と他者のまなざし 大川良輔 [執筆]
19世紀ロシア文学におけるリアリズムとコロニアリズム : ベストゥージェフ=マルリンスキーのカフカース・テクスト 乗松亨平 [執筆]
チュッチェフの作品における「不可解さ」をめぐって : 19世紀ロシアに見られる、政治思想と抒情詩の「他者」 坂庭淳史 [執筆]
19世紀小説と現代 番場俊 [執筆]
19世紀後半の精神医学とその発想 : 精神医学者ウラジーミル・チシ(1855-1922?)による文豪の生涯と作品の分析を手掛かりに 久野康彦 [執筆]
日本人の宗教意識とドストエフスキー研究 小林銀河 [執筆]
19世紀ロシア文学におけるイエズス会のイメージ : 『カラマーゾフの兄弟』読解へのステップ 望月哲男 [執筆]