close
1.

図書

図書
費孝通編著 ; 西澤治彦 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 風響社, 2008.6
2.

図書

図書
松浦正孝編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2007.12
目次情報: 続きを見る
課題と視角 松浦正孝 [執筆]
広東政府論 : 初期外交からの検討 川島真 [執筆]
歴史学者と「南支那」 吉開将人 [執筆]
矛盾の連合体 : 胡漢民・西南政権と広東実力派(一九三二-一九三六年) 陳紅民 [執筆] ; 光田剛訳
福建事変前後の西南と中央 : 対立から交渉へ 羅敏 [執筆] ; 光田剛訳
「門戸開放」か「勢力圏」か : 戦間期のイギリス、日本と中国問題 アントニー・ベスト [執筆] ; 奈良岡聰智訳
南洋協会と南進政策 : 南洋経済懇談会に観る利害関係 河原林直人 [執筆]
汪精衞と大アジア主義 蘇維初 [執筆] ; 土屋光芳訳
汪精衛政権と重慶国民党によるタイ華僑組織争奪戦 李盈慧 [執筆] ; 光田剛訳
台湾総督府の外事政策 : 領事関係を中心とした歴史的検討 曹大臣 [執筆] ; 川島真訳
在台軍部と「反英運動」 : ジュノー号事件を中心に 駒込武 [執筆]
台湾知識人の苦悩 : 東亜共栄協会から大亜細亜協会対中支部へ 何義麟 [執筆]
植民と再植民 : 日本統治時代台湾と海南島の関係について 鍾淑敏 [執筆] ; 関智英訳
日本の海運力と「僑郷」の紐帯 : 一九三〇年代の台湾-滿洲間貿易を中心に 林滿紅 [執筆] ; 河原林直人訳
日中情報宣伝戦争 : 大亜細亜協会と王芃生を中心に 松浦正孝 [執筆]
課題と視角 松浦正孝 [執筆]
広東政府論 : 初期外交からの検討 川島真 [執筆]
歴史学者と「南支那」 吉開将人 [執筆]
3.

図書

図書
岸本美緒責任編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.5
シリーズ名: 「帝国」日本の学知 : 岩波講座 ; 3
目次情報: 続きを見る
東洋のなかの東洋学 岸本美緒 [執筆]
日本的「東洋学」の形成と構図 中見立夫 [執筆]
東洋史学の形成と中国 : 桑原隲蔵の場合 吉澤誠一郎 [執筆]
植民地の帝国大学における人類学的研究 : 京城帝国大学と台北帝国大学の比較 全京秀 [執筆] ; 太田心平訳
東亜考古学と近代中国 吉開将人 [執筆]
近代仏教学の展開とアジア認識 : 他者としての仏教 下田正弘 [執筆]
戦前日本の「回教徒問題」研究 : 回教圏研究所を中心として 臼杵陽 [執筆]
中国中間団体論の系譜 岸本美緒 [執筆]
日中戦争前夜の中国分析 : 「再認識論」と「統一化論争」 西村成雄 [執筆]
東洋のなかの東洋学 岸本美緒 [執筆]
日本的「東洋学」の形成と構図 中見立夫 [執筆]
東洋史学の形成と中国 : 桑原隲蔵の場合 吉澤誠一郎 [執筆]
4.

図書

図書
濱下武志, 平㔟隆郎編
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2015.3
シリーズ名: 有斐閣アルマ ; Interest . 世界に出会う各国=地域史||セカイ ニ デアウ カッコク=チイキシ
目次情報: 続きを見る
漢字世界の拡大と「中華」意識 平㔟隆郎 [執筆]
私たちの歴史としての「中国」 : 『古事記』『日本書紀』が成り立たせる「中国」 神野志隆光 [執筆]
中華世界の変貌 : 「小中国」から「大中国」へ 片岡一忠 [執筆]
朝鮮史から見た明清中国 寺内威太郎 [執筆]
ベトナム史から見た中国近現代史 今井昭夫 [執筆]
中国史に見る周辺化の契機と展開 : 方法・制度・政策 濱下武志 [執筆]
歴史意識と世界像 : 「南越」の歴史は中国史かそれともベトナム史か 吉開将人 [執筆]
東アジアの亀趺碑 平㔟隆郎 [執筆]
儒教とその真理性 堀池信夫 [執筆]
都市と農村 夏井春喜 [執筆]
女性史の視点 小林徹行 [執筆]
華僑・華人 : もうひとつの「中国史」 廖赤陽 [執筆]
環境と治水の歴史 : 中国を制するもの,水を制すべし 黨武彦 [執筆]
「統」への欲望を断ち切るために : 中国史の書き方と読み方 中島隆博 [執筆]
漢字世界の拡大と「中華」意識 平㔟隆郎 [執筆]
私たちの歴史としての「中国」 : 『古事記』『日本書紀』が成り立たせる「中国」 神野志隆光 [執筆]
中華世界の変貌 : 「小中国」から「大中国」へ 片岡一忠 [執筆]