close
1.

図書

図書
LS憲法研究会編 ; 赤坂正浩 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 信山社出版, 2007.4
2.

図書

図書
安西文雄, 巻美矢紀, 宍戸常寿著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2011.12
3.

図書

図書
宍戸常寿著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2005.12
シリーズ名: 憲法研究叢書
4.

図書

図書
池田真朗編著 ; 小林明彦 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2010.10
5.

図書

図書
渡辺康行 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2016.4
6.

図書

図書
長谷部恭男編 ; 川岸令和[ほか]著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2017.1
シリーズ名: 有斐閣コンメンタール ; . 注釈日本国憲法 / 長谷部恭男編||チュウシャク ニホンコク ケンポウ ; 2
7.

図書

図書
宍戸常寿著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2014.7
8.

図書

図書
長谷部恭男編 ; 葛西康徳 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2014.11
目次情報: 続きを見る
I: 日本の思想と憲法 : 皇室制度をめぐって 苅部直 [執筆]
II: 戦争の記憶と国家の位置づけ 加藤陽子 [執筆]
III: 憲法は変えることができるか 葛西康徳 [執筆]
IV: 広告化する戦後と自己像の再定義 吉見俊哉 [執筆]
V: 憲法の運用と「この国のかたち」 宍戸常寿 [執筆]
VI: 戦後の平和思想と憲法 苅部直 [執筆]
VII: 憲法学から見た国家 : 「この国」を守るとは、何を意味するか 長谷部恭男 [執筆]
I: 日本の思想と憲法 : 皇室制度をめぐって 苅部直 [執筆]
II: 戦争の記憶と国家の位置づけ 加藤陽子 [執筆]
III: 憲法は変えることができるか 葛西康徳 [執筆]
9.

図書

図書
瀧川裕英, 大屋雄裕, 谷口功一編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2015.8
目次情報: 続きを見る
第1章: 規範と法命題 : 行方を訊ねて 安藤馨 [執筆]
第2章: 共生の作法 : 円環の潤い 谷口功一 [執筆]
第3章: 『他者への自由』と共和主義の自由 瀧川裕英 [執筆]
第4章: 現代の貧困 : 批判的民主主義の制度論 松本充郎 [執筆]
第5章: 普遍の再生 : どのようにして? そしてどのような? 米村幸太郎 [執筆]
第6章: 法という企て : 人格への卓越主義? 大屋雄裕 [執筆]
第7章: 正義に基づく『自由論』 大江洋 [執筆]
第8章: 世界正義論 : 「諸国家のムラ」をめぐる疑問 浦山聖子 [執筆]
第9章: 分配的正義 藤岡大助 [執筆]
第10章: リバタリアニズム 吉永圭 [執筆]
第11章: フェミニズム 池田弘乃 [執筆]
第12章: 戦後責任 稲田恭明 [執筆]
第13章: 憲法第9条削除論 : 世界正義論の観点から 郭舜 [執筆]
第14章: 生命倫理 奥田純一郎 [執筆]
第15章: 時間 : 入れ違いの交換可能性のもとで 吉良貴之 [執筆]
第16章: 法の本質 平井光貴 [執筆]
第17章: 立法学 : 「批判的民主主義」をめぐって 横濱竜也 [執筆]
対談 : 外部から見た井上/法哲学 大屋雄裕, 宍戸常寿 [述] ; 谷口功一 [司会]
第1章: 規範と法命題 : 行方を訊ねて 安藤馨 [執筆]
第2章: 共生の作法 : 円環の潤い 谷口功一 [執筆]
第3章: 『他者への自由』と共和主義の自由 瀧川裕英 [執筆]
10.

図書

図書
宍戸常寿, 林知更編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2018.3