close
1.

図書

図書
村井吉敬, 鶴見良行編著
出版情報: 東京 : 学陽書房, 1992.1
目次情報: 続きを見る
エビの向こうにアジアが見える 村井吉敬 [執筆]
養殖エビの時代 : 最新エビ事情 村井吉敬 [執筆]
エビとマングローブ : 新しい協力システムを求めて 鶴見良行 [執筆]
エビの獲り方・獲られ方 喜原好文 [執筆]
冷凍エビをめぐるインド漁民と日本人 中村尚司 [執筆]
南スラウェシ州のエビ養殖とエビ流通 福家洋介 [執筆]
スリランカのエビ流通と貿易 佐藤幸人 [執筆]
エビ養殖のメッカ・台湾 内海愛子 [執筆]
オーストラリアの日本向けエビ輸出 村井吉敬 [執筆]
エビを育てる人、集める人、運ぶ人 内海愛子 [執筆]
えびこぎとクルマエビ養殖 宮内泰介 [執筆]
急増したエビ輸入の歴史 西沢忠晴 [執筆]
サクラエビを守る 北原妙子 [執筆]
お子様ランチとエビ 北原妙子 [執筆]
カップラーメン・ストーリー 櫨山啓子 [執筆]
エビが好きな日本人 角田季美枝 [執筆]
エビの向こうにアジアが見える 村井吉敬 [執筆]
養殖エビの時代 : 最新エビ事情 村井吉敬 [執筆]
エビとマングローブ : 新しい協力システムを求めて 鶴見良行 [執筆]
2.

図書

図書
西城戸誠, 宮内泰介, 黒田暁編
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2016.2
目次情報: 続きを見る
私たちの視点 西城戸誠, 宮内泰介 [執筆]
北上町の概況 平川全機 [執筆]
北上町の自然環境と地域社会 宮内泰介 [執筆]
東日本大震災の概況と北上町の被害 平川全機, 黒田暁 [執筆]
小さいなりにも魅力のある町に 鈴木昭子語り ; 平川全機構成
ここに一生いるつもりで家も建てたし、直したんです 及川正昭語り ; 平川全機構成
高台移転をめぐる制度・地域・世帯 平川全機 [執筆]
音だったり、匂いだったり。漁師は海のそばに暮らさないと仕事ができない 千葉治彦語り ; 高〓優子構成
鵜の助を立ち上げたことは間違いではなかった。その実感を得たいんです 西條武語り ; 高〓優子構成
漁業を再開するきっかけは、お客さんたちからのメッセージでした 佐々木昭一語り ; 宮内泰介構成
選択と復興 : 十三浜の漁業復興をめぐる協業化の実践から 高〓優子 [執筆]
いまは無理をしてでも請け負うことが、地域の農業を支えることにつながる 大内弘語り ; 黒田暁構成
五年後、十年後に地域農業の受け皿になるようなまとまりをつくるんだ 今野力也語り ; 黒田暁構成
震災後の地域農業の展開と生業復興 黒田暁 [執筆]
自分が楽しくてやっている、ただそれだけです 佐藤尚美語り ; 高〓優子構成
一体いつになったら落ち着くのだろう、と考えてしまいます 武山喜子語り ; 武中桂, 庄司知恵子構成
ずっと伝わってきた神楽が、自分たちの代で終わるのはいやだった 佐藤満利語り ; 高〓優子構成
土地のものをまず充分に理解して、活用するということしかない 横山宗一語り ; 西城戸誠構成
震災復興と女性 : 子育てを通した女性の営み 庄司知恵子, 武中桂 [執筆]
コミュニティの再生へ 宮内泰介 [執筆]
自分は生かされた人間。今やらなければいつやるんだ 今野照夫語り ; 宮内泰介構成
北上に行って、私自身も変わったと思います 日方里砂語り ; 高〓優子構成
北上町の復興応援隊からみる、地域サポート人材の役割と課題 図司直也, 西城戸誠 [執筆]
まとめにかえて : 北上町の復興プロセスの現状と今後の展開 西城戸誠 [執筆]
私たちの視点 西城戸誠, 宮内泰介 [執筆]
北上町の概況 平川全機 [執筆]
北上町の自然環境と地域社会 宮内泰介 [執筆]
3.

図書

図書
宇井純著 ; 藤林泰, 宮内泰介, 友澤悠季編
出版情報: 東京 : 新泉社, 2014.7
シリーズ名: 宇井純セレクション ; 1
4.

図書

図書
宇井純著 ; 藤林泰, 宮内泰介, 友澤悠季編
出版情報: 東京 : 新泉社, 2014.7
シリーズ名: 宇井純セレクション ; 2
5.

図書

図書
宇井純著 ; 藤林泰, 宮内泰介, 友澤悠季編
出版情報: 東京 : 新泉社, 2014.7
シリーズ名: 宇井純セレクション ; 3
6.

図書

図書
宮内泰介著
出版情報: 東京 : 同文舘出版, 1989.9
7.

図書

図書
宮内泰介編
出版情報: 京都 : 昭和堂, 2009.10
目次情報: 続きを見る
「半栽培」から考えるこれからの環境保全 : 自然と社会との相互作用 宮内泰介 [著]
半栽培と生態系サービス : 私たちは自然から何を得ているか 佐藤哲 [著]
揺れ動く竹の半栽培 : たけのこ産地はモウソウチクの繁殖力とどのようにつきあってきたか 岩松文代 [著]
生業と半栽培 : 河口域のヨシ原は何によって維持されてきたか 黒田暁 [著]
アフリカの里山 : 熱帯林の焼畑と半栽培 塙狼星 [著]
半栽培の多様性と社会の多様性 : 順応的な管理へ 宮内泰介 [著]
「半」の思想 : 不完全な資源の不完全な所有と不完全な管理 菅豊 [著]
半栽培とローカル・ルール : きのことつきあう作法 齋藤暖生 [著]
半栽培の「物語」 : 野生と栽培の「あいだ」にある防風林 関礼子 [著]
半栽培と獣害管理 : 人と野生動物の多様なかかわりにむけて 鈴木克哉 [著]
半栽培から住民参加へ : 琵琶湖のヨシをめぐる住民活動から 牧野厚史 [著]
「半栽培」から考えるこれからの環境保全 : 自然と社会との相互作用 宮内泰介 [著]
半栽培と生態系サービス : 私たちは自然から何を得ているか 佐藤哲 [著]
揺れ動く竹の半栽培 : たけのこ産地はモウソウチクの繁殖力とどのようにつきあってきたか 岩松文代 [著]
8.

図書

図書
藤林泰, 宮内泰介編著
出版情報: 東京 : コモンズ, 2004.11
目次情報: 続きを見る
北上するカツオ、南進する人々 : かつお節の向こうに私たちが見たかったもの 宮内泰介 [執筆]
カツオ・かつお節産業の現在 宮内泰介, 酒井純 [執筆]
削りパックの向こうに見えたもの 白蓋由喜 [執筆]
「便利」な生活を支える麺つゆ 石川清 [執筆]
カツオが変える漁村社会 北窓時男 [執筆]
インドネシア・カツオ往来記 藤林泰 [執筆]
モルディブのかつお節 酒井純 [執筆]
ソロモン諸島へ進出した日本企業 宮内泰介, 雀部真理 [執筆]
外国人が支えるカツオ漁とかつお節製造 北澤謙 [執筆]
カツオの海で戦があった 藤林泰 [執筆]
沖縄漁民たちの南洋 宮内泰介 [執筆]
「楽園」の島シアミル 高橋そよ [執筆]
かつお節と薪 : 海と森を結ぶもの 北村也寸志 [執筆]
餌屋の世界 秋本徹 [執筆]
カツオに生きる海人(インシャ) 見目佳寿子 [執筆]
小さなかつお節店の大きな挑戦 赤嶺淳 [執筆]
大航海時代を生き抜く漁民たち 北窓時男 [執筆]
市民調査研究で広がる世界 : 報告を終えて 藤林泰 [執筆]
北上するカツオ、南進する人々 : かつお節の向こうに私たちが見たかったもの 宮内泰介 [執筆]
カツオ・かつお節産業の現在 宮内泰介, 酒井純 [執筆]
削りパックの向こうに見えたもの 白蓋由喜 [執筆]
9.

図書

図書
舩橋晴俊, 宮内泰介編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2003.3
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1837613-1-0311
10.

図書

図書
井上真, 宮内泰介編 ; 藤村美穂 [ほか著]
出版情報: 東京 : 新曜社, 2001.3
シリーズ名: シリーズ環境社会学 / 鳥越皓之企画編集 ; 2
目次情報: 続きを見る
自然資源の共同管理制度としてのコモンズ 井上真 [執筆]
「みんなのもの」とは何か : むらの土地と人 藤村美穂 [執筆]
山村の暮らしから考える森と人の関係 : 雪国における森林利用とその変容 田村早苗 [執筆]
白神山地と地域住民 : 世界自然遺産の地元から 土屋俊幸 [執筆]
コモンズとしての「水辺」 : 手賀沼の環境史 菅豊 [執筆]
石垣島白保のイノー : 新石垣空港建設計画をめぐって 家中茂 [執筆]
住民の生活戦略とコモンズ : ソロモン諸島の事例から 宮内泰介 [執筆]
コモンズとしてのサシ : 東インドネシア・マルク諸島における資源の利用と管理 笹岡正俊 [執筆]
熱帯林の保護地域と地域住民 : インドネシア・ジャワ島の森 原田一宏 [執筆]
地域住民・市民を主体とする自然資源の管理 井上真 [執筆]
自然資源の共同管理制度としてのコモンズ 井上真 [執筆]
「みんなのもの」とは何か : むらの土地と人 藤村美穂 [執筆]
山村の暮らしから考える森と人の関係 : 雪国における森林利用とその変容 田村早苗 [執筆]