close
1.

図書

図書
田中雅一編著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 1998.2
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告
目次情報: 続きを見る
暴力の文化人類学序論 田中雅一 [執筆]
平等主義社会における暴力 : ブッシュマンの「神話」と現実 菅原和孝 [執筆]
戦士的伝統、年齢組織と暴力 : 南部スーダン・パリ社会の動揺 栗本英世 [執筆]
儀礼的暴力とその身体的基礎 : 北タイの供儀と憑依について 田辺繁治 [執筆]
儀礼のメタ規範と暴力の政治 : シャリヴァリ儀礼の転用をめぐって 三浦耕吉郎 [執筆]
立法者の死 : フランス革命と集合暴力 富永茂樹 [執筆]
民衆文化と抵抗としてのブリコラージュ : ベナンダンティと沖縄のユタへのまなざし 小田亮 [執筆]
若者の"力"と近代日本 : 若者組の解体と再編-統合 川村邦光 [執筆]
実践暴力の行方 : ケニアと西成の暴動現場から 松田素二 [執筆]
儀礼としての政治的暴力 : イスラームのジハードの場合 大塚和夫 [執筆]
暴力と崇高 : ベンヤミンとソレル 今村仁司 [執筆]
儀礼的殺害としての供犠の位置 : ユダヤ・キリスト教世界での過剰解釈の残余 谷泰 [執筆]
女による暴力と女への暴力 : ギリシア悲劇の暴力性と女性像 松村一男 [執筆]
食人と他者理解 : 宣教師のみたフィジー人 春日直樹 [執筆]
女神と共同体の祝福に抗して : 現代インドのサティー(寡婦殉死)論争 田中雅一 [執筆]
性暴力的主体はいかにして形成されるのか : フーコーとクリステヴァの理論に基づく考察 大越愛子 [執筆]
暴力の文化人類学序論 田中雅一 [執筆]
平等主義社会における暴力 : ブッシュマンの「神話」と現実 菅原和孝 [執筆]
戦士的伝統、年齢組織と暴力 : 南部スーダン・パリ社会の動揺 栗本英世 [執筆]
2.

図書

図書
山田慶兒, 阪上孝編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995.4
目次情報: 続きを見る
現代日本において学問はいかにして可能か : 富永仲基の言説批判と相対主義の問題 山田慶兒 [執筆]
文学についての学問は可能か : 漱石にみる文学と科学 大浦康介 [執筆]
基礎論、あるいは無限を語ることについて : 数学と哲学を題材に 鈴木啓司 [執筆]
言葉の背面 : 笑いの自己言及機能について 谷泰 [執筆]
古代インド宗教歌詠の思想性 : 哲学生成の一断面 藤井正人 [執筆]
歌の上演における独唱形態と合唱形態 : 世阿弥『習道書(シュドウショ)』の一節を読むためのモデル 藤田隆則 [執筆]
詩歌の起源と変転 : 人文学における詩学の位置とその課題 宇佐美斉 [執筆]
人文学の問題構成 : オーギュスト・コントの学問分類 阪上孝 [執筆]
人類学のパラダイム転換 : エヴァンス=プリチャードとリーチをめぐって 田中雅一 [執筆]
「都市革命」あるいは都市社会の成立 : 古代メソポタミアにおける 前川和也 [執筆]
ソロモンの館へようこそ : 社会装置としての学問をめぐって 富永茂樹 [執筆]
教養人としての「研究者」 : ヴィクトリア時代における知識人像の転換 光永雅明 [執筆]
旅する文化、転位する人文学 : 差異の文化政治学へ向けて 水嶋一憲 [執筆]
現代日本において学問はいかにして可能か : 富永仲基の言説批判と相対主義の問題 山田慶兒 [執筆]
文学についての学問は可能か : 漱石にみる文学と科学 大浦康介 [執筆]
基礎論、あるいは無限を語ることについて : 数学と哲学を題材に 鈴木啓司 [執筆]
3.

図書

図書
富永茂樹著
出版情報: 東京 : 新曜社, 1996.3
4.

図書

図書
富永茂樹著
出版情報: 東京 : エッソ・スタンダード石油株式会社広報部, 1973.5
シリーズ名: エナジー叢書
5.

図書

図書
阪上孝編
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 1985.9
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所報告
目次情報: 続きを見る
一八四八年をどうとらえるか 阪上孝 [執筆]
工業化と都市の秩序 阪上孝 [執筆]
「革命」と「安寧秩序」 : 一八四八年ベルリンの市民軍をめぐって 川越修 [執筆]
衛生経済のロマンス : チャドウィック衛生改革の新しい解釈 見市雅俊 [執筆]
統計と衛生 : 社会調査史試論 富永茂樹 [執筆]
二月革命と「カトリシズム」 谷川稔 [執筆]
二月革命と初等教育 上村祥二 [執筆]
共和主義と第二共和制 田中真人 [執筆]
二月革命と普通選挙 高木勇夫 [執筆]
一八四八年革命とフランスの農民 西川長夫 [執筆]
二月革命とフランス保守主義 小林清一 [執筆]
マッツィーニの敵 : イタリアにおける民族統一論と連邦論 村上信一郎 [執筆]
ドイツから見た二月革命 : マルクス、シュタイン、マイスナー 谷口健治 [執筆]
ロシア専制派と革命 : 「ロシアとヨーロッパ」の視点から 松原広志 [執筆]
一八四八年をどうとらえるか 阪上孝 [執筆]
工業化と都市の秩序 阪上孝 [執筆]
「革命」と「安寧秩序」 : 一八四八年ベルリンの市民軍をめぐって 川越修 [執筆]
6.

図書

図書
河野健二編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1980.8
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所報告
目次情報: 続きを見る
一九三〇年代のヨーロッパ 河野健二 [執筆]
「三〇年代精神」と文学 : ドリュ・ラ・ロッシェルを中心に 西川長夫 [執筆]
「ジル」あるいは厳粛な道化 松本勤 [執筆]
「奇妙な旅」を読む 多田道太郎 [執筆]
一九三〇年代のイギリス外交 : 宥和政策を中心に 樋口謹一 [執筆]
ケインズの国家観 宮崎義一 [執筆]
二つのイギリス : 三〇年代イギリス社会経済史の再検討 見市雅俊 [執筆]
ニューディールとイギリス労働党 小林清一 [執筆]
計画の観念とテクノクラートの形成 阪上孝 [執筆]
シモーヌ・ヴェイユとサンディカリズム 谷川稔 [執筆]
ジョルジュ・バタイユあるいは社会学の沸騰 富永茂樹 [執筆]
フランス歴史学の転換 服部春彦 [執筆]
ドイツにおける比較社会史の形成 : ケーア、ハルガルテン、ローゼンベルク 大野英二 [執筆]
ルカーチとホルクハイマー : 中欧左翼知識人の類型 平井俊彦 [執筆]
ドイツ・ファシズムの社会学的考察 筒井清忠 [執筆]
グラムシとルソー主義 M・ロネー [執筆] ; 木崎喜代治訳
一九三〇年代のヨーロッパ 河野健二 [執筆]
「三〇年代精神」と文学 : ドリュ・ラ・ロッシェルを中心に 西川長夫 [執筆]
「ジル」あるいは厳粛な道化 松本勤 [執筆]
7.

図書

図書
ポール・デュムシェル, ジャン=ピエール・デュピュイ [著] ; 織田年和, 富永茂樹訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 1990.2
シリーズ名: 叢書・ウニベルシタス ; 288
8.

図書

図書
富永茂樹 [著]
出版情報: 東京 : みすず書房, 2005.1
9.

図書

図書
富永茂樹編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2009.3
シリーズ名: 京都大學人文科學研究所研究報告
10.

図書

図書
亀山佳明, 富永茂樹, 清水学編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2002.4
目次情報: 続きを見る
遊びにおける「離脱」と「拘束」 : 『丹下左膳余話・百万両の壷』をめぐって 長谷正人
『リング』あるいは秀逸なメディア論としてのホラーについて 西山哲郎
デジタル・メディアのなかの文学 : ハイパーテキスト小説『99人の最終電車』をめぐって 岡田朋之
遊びの躍動 桐田克利
双子の夢からさめるとき : 吉野朔美と横顔の少年少女 清水学
孤児物語をめぐる考察 細辻恵子
性別化されたディスクールを越えて : ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』を手掛かりに 伊藤公雄
大正のユートピア 河原和枝
物語のなかの他者性 小林多寿子
生きづらさの系譜学 : 高野悦子と南条あや 土井隆義
記憶の重層 : パトリック・モディアノ『新婚旅行』その他 富永茂樹
消失の技法 : ポール・オースターの世界 渡辺潤
漱石と親密性 : ある悪夢の選択 阪本俊生
他者の発見あるいは倫理の根拠 : 夏目漱石『道草』をめぐって 亀山佳明
遊びにおける「離脱」と「拘束」 : 『丹下左膳余話・百万両の壷』をめぐって 長谷正人
『リング』あるいは秀逸なメディア論としてのホラーについて 西山哲郎
デジタル・メディアのなかの文学 : ハイパーテキスト小説『99人の最終電車』をめぐって 岡田朋之