close
1.

図書

図書
山田俊治, 林原純生校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.11-2006.10
シリーズ名: 新日本古典文学大系 ; 明治編 ; 16-17
目次情報: 続きを見る
1: 民権演義情海波瀾 戸田欽堂 [著] ; 山田俊治校注
汗血千里の駒 坂崎紫瀾 [著] ; 林原純生校注
政治小説雪中梅 末広鉄腸 [著] ; 山田俊治校注
2: 佳人之奇遇 東海散士 [著] ; 大沼敏男, 中丸宣明校注
東海散士柴四朗略伝 : 人と思想 大沼敏男 [解説]
政治小説としての『佳人之奇遇』 : 「亡国ノ遺臣」たちのユートピア 中丸宣明 [解説]
1: 民権演義情海波瀾 戸田欽堂 [著] ; 山田俊治校注
汗血千里の駒 坂崎紫瀾 [著] ; 林原純生校注
政治小説雪中梅 末広鉄腸 [著] ; 山田俊治校注
2.

図書

図書
[三遊亭円朝著] ; 清水康行, 佐藤かつら, 横山泰子校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2012.11-2016.6
目次情報: 続きを見る
第1巻: 怪談牡丹燈籠
塩原多助一代記
鏡ケ池操松影
第2巻: 英国孝子ジヨージスミス之伝 : 西洋人情話
後開榛名の梅が香 : 安中草三伝
第3巻: 業平文治漂流奇談
松の操美人の生埋 : 俠骨今に馨く賊胆猶ほ腥し
蝦夷錦古郷の家土産
第4巻: 黄薔薇 : 欧洲小説
鶴殺疾刃庖刀
月に謡荻江の一節 : 一名荻江の伝
第5巻: 敵討札所の霊験
真景累が淵
第6巻: 怪談乳房榎
緑林門松竹
操競女学校
第7巻: 粟田口霑笛竹
文七元結
福禄寿
第8巻: 熱海土産温泉利書
霧隠伊香保湯煙
松と藤芸妓の替紋
第9巻: 荻の若葉
雨夜の引窓
菊模様皿山奇談
第10巻: 名人競
八景隅田川
政談月の鏡
名人長二
第11巻: 蝦夷訛
日蓮大士道徳話
雨後の残月
応文一雅伝
離魂病 : 一名因果塚の由来
第12巻: 火中の蓮華
谷文晁の伝
闇夜の梅
奴勝山
塩原多助後日譚
怪談阿三の森
心中時雨傘
第1巻: 怪談牡丹燈籠
塩原多助一代記
鏡ケ池操松影
3.

図書

図書
山田俊治, 十重田裕一, 笹原宏之編著
出版情報: 東京 : 笠間書院, 2000.7
シリーズ名: 近代文学--テクストの森 ; 1
4.

図書

図書
[芥川竜之介著] ; 山田俊治編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2017.8
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-070-17
5.

図書

図書
山田俊治著
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 2002.10
シリーズ名: NHKブックス ; 952
6.

図書

図書
紅野敏郎 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2012.8-2013.2
シリーズ名: 岩波文庫 ; 緑(31)-191-1-6
目次情報: 続きを見る
明治篇1: 細君 坪内逍遥 [著]
くされたまご 嵯峨の屋おむろ [著]
この子 山田美妙 [著]
舞姫 森鷗外 [著]
拈華微笑 尾崎紅葉 [著]
対髑髏 幸田露伴 [著]
こわれ指環 清水紫琴 [著]
かくれんぼ 斎藤緑雨 [著]
わかれ道 樋口一葉 [著]
龍潭譚 泉鏡花 [著]
武蔵野 国木田独歩 [著]
広津柳浪 [著]
明治篇2: 倫敦塔 夏目漱石 [著]
団栗 寺田寅彦 [著]
上下 大塚楠緒子 [著]
塵埃 正宗白鳥 [著]
一兵卒 田山花袋 [著]
二老婆 徳田秋声 [著]
世間師 小栗風葉 [著]
一夜 島崎藤村 [著]
深川の唄 永井荷風 [著]
村の西郷 中村星湖 [著]
雪の日 近松秋江 [著]
剃刀 志賀直哉 [著]
薔薇と巫女 小川未明 [著]
山の手の子 水上滝太郎 [著]
秘密 谷崎潤一郎 [著]
長田幹彦 [著]
大正篇: 女作者 田村俊子 [著]
鱧の皮 上司小剣 [著]
子供役者の死 岡本綺堂 [著]
西班牙犬の家 佐藤春夫 [著]
銀二郎の片腕 里見弴 [著]
師崎行 広津和郎 [著]
小さき者へ 有島武郎 [著]
久米正雄 [著]
奉教人の死 芥川竜之介 [著]
屋根裏の法学士 宇野浩二 [著]
猫八 岩野泡鳴 [著]
花火 内田百間 [著]
入れ札 菊池寛 [著]
葬式の名人 川端康成 [著]
椎の若葉 葛西善蔵 [著]
淫売婦 葉山嘉樹 [著]
昭和篇1: 施療室にて 平林たい子 [著]
井伏鱒二 [著]
キャラメル工場から 佐多稲子 [著]
死の素描 堀辰雄 [著]
機械 横光利一 [著]
闇の絵巻 梶井基次郎 [著]
ゼーロン 牧野信一 [著]
母たち 小林多喜二 [著]
生物祭 伊藤整 [著]
あにいもうと 室生犀星 [著]
いのちの初夜 北条民雄 [著]
築地河岸 宮本百合子 [著]
虚実 高見順 [著]
家霊 岡本かの子 [著]
待つ 太宰治 [著]
文字禍 中島敦 [著]
昭和篇2: 墓地の春 中里恒子 [著]
焼跡のイエス 石川淳 [著]
夏の花 原民喜 [著]
桜の森の満開の下 坂口安吾 [著]
顔の中の赤い月 野間宏 [著]
梅崎春生 [著]
虫のいろいろ 尾崎一雄 [著]
もの喰う女 武田泰淳 [著]
胡桃割り 永井龍男 [著]
水仙 林芙美子 [著]
出征 大岡昇平 [著]
小さな礼拝堂 長谷川四郎 [著]
プルートーのわな 安部公房 [著]
昭和篇3: 小銃 小島信夫 [著]
驟雨 吉行淳之介 [著]
黒い裾 幸田文 [著]
結婚 庄野潤三 [著]
萩のもんかきや 中野重治 [著]
二世の縁拾遺 円地文子 [著]
群猿図 花田清輝 [著]
帝国軍隊に於ける学習・序 富士正晴 [著]
夏の葬列 山川方夫 [著]
出発は遂に訪れず 島尾敏雄 [著]
闇のなかの黒い馬 埴谷雄高 [著]
無妙記 深沢七郎 [著]
蘭陵王 三島由紀夫 [著]
明治篇1: 細君 坪内逍遥 [著]
くされたまご 嵯峨の屋おむろ [著]
この子 山田美妙 [著]
7.

図書

図書
河野貴美子, Wiebke Denecke編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2013.3
シリーズ名: アジア遊学 ; 162
目次情報: 続きを見る
東アジアにおける「文」の概念をめぐる覚え書き 鈴木貞美 [著]
日本古代の文字文明 新川登亀男 [著]
「言」「語」と「文」 : 諺を記すこと 河野貴美子 [著]
『源氏物語』の「ふみ」と「文」 : 「少女」巻の恋文から漢学・漢籍・漢詩まで 陣野英則 [著]
大宝二年度遣唐使が日本の文筆にもたらしたもの : 慶雲三年正月十二日勅書を中心に 高松寿夫 [著]
嵯峨朝における「文章経国」再論 Wiebke Denecke [著]
福地源一郎の「文」学 山田俊治 [著]
「文道の大祖」考 : 学問神としての天神の淵源 吉原浩人 [著]
「文章」と「才学」 : 平安後期の用例からその特質を探る 佐藤道生 [著]
「文人」精神の現代的展開 : 服部南郭・祇園南海から吉増剛造・車谷長吉まで 林浩平 [著]
『古事記』序文生成論典拠再考 : 上代日本の作文の一例として 瀬間正之 [著]
詠物と言志 : 『懐風藻』から勅撰三集に至る 蒋義喬 [著]
詩歌の日記化と白楽天の詩歌 張哲俊 [著]
「花鳥風月」形成への道 : 平安朝漢詩文に見る 後藤昭雄 [著]
『新楽府略意』と『唐蒙求』 : 「新楽府」の説話的側面 Jennifer Guest [著]
成島柳北の戯文と擬文 : 『伊都滿底草』から新聞雑録まで Matthew Fraleigh [著]
感情表現としての「文」の近代 : 夏目漱石『草枕』における詩歌と自然と「浪漫主義」 Daniel Poch [著]
雑誌『文』における「文」 : 言文一致論争を中心に 宗像和重 [著]
「文」の学の近代へ : 小中村清矩と芳賀矢一との距離 神野藤昭夫 [著]
東アジアにおける「文」の概念をめぐる覚え書き 鈴木貞美 [著]
日本古代の文字文明 新川登亀男 [著]
「言」「語」と「文」 : 諺を記すこと 河野貴美子 [著]