close
1.

図書

図書
田中雅一編著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 1998.2
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告
目次情報: 続きを見る
暴力の文化人類学序論 田中雅一 [執筆]
平等主義社会における暴力 : ブッシュマンの「神話」と現実 菅原和孝 [執筆]
戦士的伝統、年齢組織と暴力 : 南部スーダン・パリ社会の動揺 栗本英世 [執筆]
儀礼的暴力とその身体的基礎 : 北タイの供儀と憑依について 田辺繁治 [執筆]
儀礼のメタ規範と暴力の政治 : シャリヴァリ儀礼の転用をめぐって 三浦耕吉郎 [執筆]
立法者の死 : フランス革命と集合暴力 富永茂樹 [執筆]
民衆文化と抵抗としてのブリコラージュ : ベナンダンティと沖縄のユタへのまなざし 小田亮 [執筆]
若者の"力"と近代日本 : 若者組の解体と再編-統合 川村邦光 [執筆]
実践暴力の行方 : ケニアと西成の暴動現場から 松田素二 [執筆]
儀礼としての政治的暴力 : イスラームのジハードの場合 大塚和夫 [執筆]
暴力と崇高 : ベンヤミンとソレル 今村仁司 [執筆]
儀礼的殺害としての供犠の位置 : ユダヤ・キリスト教世界での過剰解釈の残余 谷泰 [執筆]
女による暴力と女への暴力 : ギリシア悲劇の暴力性と女性像 松村一男 [執筆]
食人と他者理解 : 宣教師のみたフィジー人 春日直樹 [執筆]
女神と共同体の祝福に抗して : 現代インドのサティー(寡婦殉死)論争 田中雅一 [執筆]
性暴力的主体はいかにして形成されるのか : フーコーとクリステヴァの理論に基づく考察 大越愛子 [執筆]
暴力の文化人類学序論 田中雅一 [執筆]
平等主義社会における暴力 : ブッシュマンの「神話」と現実 菅原和孝 [執筆]
戦士的伝統、年齢組織と暴力 : 南部スーダン・パリ社会の動揺 栗本英世 [執筆]
2.

図書

図書
山折哲雄, 長田俊樹編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 1998.11
シリーズ名: 日文研叢書 = Nichibunken Japanese studies series ; 17 . 国際日本文化研究センター共同研究報告||コクサイ ニホン ブンカ ケンキュウ センター キョウドウ ケンキュウ ホウコク
目次情報: 続きを見る
日本人とキリスト教 : 半・日本人クライシスについて 山折哲雄 [執筆]
東方の三博士 : キリシタンの聖書翻訳 米井力也 [執筆]
犠牲としてのキリシタン : 殉教と旅の重さ 川村邦光 [執筆]
日本における『宗教』概念の形成 : 井上哲次郎のキリスト教批判をめぐって 島薗進 [執筆]
民俗・民衆宗教としてのキリスト教の文脈化 : 沖縄県の聖霊運動を手がかりとして 池上良正 [執筆]
日本人とネストリアン 井上章一 [執筆]
石川淳の聖痕 : 機械としてのキリスト教 小谷晴勇 [執筆]
『新世紀エヴァンゲリオン』と Material children 多田伊織 [執筆]
禁断の果実 島田裕巳 [執筆]
日本人のキリスト教受容とその理解 宮崎賢太郎 [執筆]
魂とスパイス : 十六世紀のポルトガル植民地政策とイエズス会士ルイス・フロイス エンゲルベルト・ヨリッセン [執筆]
潜伏キリシタンの終末論 : 民俗宗教の世界観として 紙谷威廣 [執筆]
インドにおける二つのキリスト教 : 村と聖地 田中雅一 [執筆]
インド・日本・キリスト教 : はたしてバイアスなき宗教研究は成り立つのか 長田俊樹 [執筆]
日本人とキリスト教 : 半・日本人クライシスについて 山折哲雄 [執筆]
東方の三博士 : キリシタンの聖書翻訳 米井力也 [執筆]
犠牲としてのキリシタン : 殉教と旅の重さ 川村邦光 [執筆]
3.

図書

図書
山路勝彦, 田中雅一編著
出版情報: 西宮 : 関西学院大学出版会, 2002.5
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告
4.

図書

図書
山田慶兒, 阪上孝編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995.4
目次情報: 続きを見る
現代日本において学問はいかにして可能か : 富永仲基の言説批判と相対主義の問題 山田慶兒 [執筆]
文学についての学問は可能か : 漱石にみる文学と科学 大浦康介 [執筆]
基礎論、あるいは無限を語ることについて : 数学と哲学を題材に 鈴木啓司 [執筆]
言葉の背面 : 笑いの自己言及機能について 谷泰 [執筆]
古代インド宗教歌詠の思想性 : 哲学生成の一断面 藤井正人 [執筆]
歌の上演における独唱形態と合唱形態 : 世阿弥『習道書(シュドウショ)』の一節を読むためのモデル 藤田隆則 [執筆]
詩歌の起源と変転 : 人文学における詩学の位置とその課題 宇佐美斉 [執筆]
人文学の問題構成 : オーギュスト・コントの学問分類 阪上孝 [執筆]
人類学のパラダイム転換 : エヴァンス=プリチャードとリーチをめぐって 田中雅一 [執筆]
「都市革命」あるいは都市社会の成立 : 古代メソポタミアにおける 前川和也 [執筆]
ソロモンの館へようこそ : 社会装置としての学問をめぐって 富永茂樹 [執筆]
教養人としての「研究者」 : ヴィクトリア時代における知識人像の転換 光永雅明 [執筆]
旅する文化、転位する人文学 : 差異の文化政治学へ向けて 水嶋一憲 [執筆]
現代日本において学問はいかにして可能か : 富永仲基の言説批判と相対主義の問題 山田慶兒 [執筆]
文学についての学問は可能か : 漱石にみる文学と科学 大浦康介 [執筆]
基礎論、あるいは無限を語ることについて : 数学と哲学を題材に 鈴木啓司 [執筆]
5.

図書

図書
福井勝義編著 ; 小林達雄 [ほか] 著
出版情報: 東京 : TOTO出版, 1996.3
目次情報: 続きを見る
人と水とのかかわりの原点 : 考古学の視点から 小林達雄著
神話における水 吉田敦彦著
自然の水から、ひとの水へ : 「モナ・リザ」と「八俣の遠呂地」考 堀信行著
インドの聖水信仰 山折哲雄著
女神の水・女神の血 : スリランカと南インドの聖河信仰 田中雅一著
密教における水の儀礼 松長有慶著
神の雨・精霊の水 : アフリカの事例から 福井勝義著
水の「癒し」 : イエスの奇跡物語を中心に 山形孝夫著
「聖なる水」の誕生 : 癒すもの/癒されるもの 井桁碧
祭りと水 鈴木正祟著
人と水とのかかわりの原点 : 考古学の視点から 小林達雄著
神話における水 吉田敦彦著
自然の水から、ひとの水へ : 「モナ・リザ」と「八俣の遠呂地」考 堀信行著
6.

図書

図書
谷泰編 ; 栗本英世 [ほか] 著
出版情報: 京都 : 人文書院, 1991.2
7.

図書

図書
田中雅一編
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2009.2
シリーズ名: フェティシズム研究 ; 第1巻
京都大学人文科学研究所共同研究報告
8.

図書

図書
小松和彦 [ほか] 編集委員
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2004.12
9.

図書

図書
月本昭男編
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2017.8
シリーズ名: 宗教の世界史 ; 1
目次情報: 続きを見る
「宗教の誕生」 月本昭男 [執筆]
フェティシズム 田中雅一 [執筆]
アニミズム 平藤喜久子 [執筆]
トーテミズム 竹沢尚一郎 [執筆]
シャマニズム 佐藤憲昭 [執筆]
祖先崇拝 鈴木岩弓 [執筆]
メソポタミアの宗教 月本昭男 [執筆]
エジプトの宗教 近藤二郎 [執筆]
イスラエルの宗教 山我哲雄 [執筆]
インド・イランの宗教 後藤敏文 [執筆]
ギリシア・ローマの宗教 松村一男 [執筆]
「宗教の誕生」 月本昭男 [執筆]
フェティシズム 田中雅一 [執筆]
アニミズム 平藤喜久子 [執筆]
10.

図書

図書
河合香吏編
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2013.4
目次情報: 続きを見る
「集団」から「制度」へ : 人類社会の進化史的基盤を求めて 河合香吏 [執筆]
制度が成立するとき 曽我亨 [執筆]
死という制度 : その初発をめぐって 内堀基光 [執筆]
制度と儀礼化あるいは儀礼行動 田中雅一 [執筆]
子ども・遊び・ルール : 制度の表出する場を考える 早木仁成 [執筆]
教えが制度となる日 : 類人猿から人への進化史的展望 寺嶋秀明 [執筆]
アルファオスとは「誰のこと」か? : チンパンジー社会における「順位」の制度的側面 西江仁徳 [執筆]
共存の様態と行為選択の二重の環 : チンパンジーの集団と制度的なるものの生成 伊藤詞子 [執筆]
見えない他者の声に耳を澄ませるとき : チンパンジーのプロセス志向的な慣習と制度の可能態 花村俊吉 [執筆]
野生の平和構築 : スールーにおける紛争と平和の事例から制度を考える 床呂郁哉 [執筆]
制度としてのレイディング : ドドスにおけるその形式化と価値の生成 河合香吏 [執筆]
制度以前と以後を繋ぐものと隔てるもの 北村光二 [執筆]
役割を生きる制度 : 生態的ニッチと動物の社会 足立薫 [執筆]
数学の証明と制度の遂行 : ケプラー方程式から出発する進化の考察 春日直樹 [執筆]
制度の基本構成要素 : 三角形, そして四面体をモデルとする『制度』の理解 船曳建夫 [執筆]
感情のオントロギー : イヌイトの拡大家族集団にみる〈自然制度〉の進化史的基盤 大村敬一 [執筆]
「感情」という制度 : 「内面にある感情」と「制度化された妬み」をめぐって 杉山祐子 [執筆]
老女は自殺したのか : 制度の根拠をめぐる一考察 西井凉子 [執筆]
制度の進化的基盤 : 規則・逸脱・アイデンティティ 黒田末寿 [執筆]
「集団」から「制度」へ : 人類社会の進化史的基盤を求めて 河合香吏 [執筆]
制度が成立するとき 曽我亨 [執筆]
死という制度 : その初発をめぐって 内堀基光 [執筆]