close
1.

図書

図書
ジョイス作 ; 結城英雄訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2004.2
シリーズ名: 岩波文庫 ; 赤255-1, 32-255-1
2.

図書

図書
木村正俊編
出版情報: 横浜 : 春風社, 2017.2
目次情報: 続きを見る
ダブリンという都市 : 言語芸術の創造を駆動する力 : 文学者たちの軌跡から探る 木村正俊著
ジョナサン・スウィフト : 「憤怒」と「自由」と : 諷刺精神を涵養する磁場としてのダブリン 原田範行著
ブラム・ストーカー : 吸血鬼の眠る都市 : 『ドラキュラ』の源泉を求めて 桃尾美佳著
レイディ・グレゴリー : 舞台で語り継ぐアイルランドの歴史 : ナショナリズムと口承文学 岩田美喜著
ジョージ・ムア : 唯美主義小説の開花 : ダブリンでの十年 高倉章男著
オスカー・ワイルド : 仮面の下のアイリッシュネス : ケルトの言語文化の伝統とワイルド文学 宮崎かすみ著
バーナード・ショー : 笑いで警告する預言者 : 皮肉に込められた「生」の向上への情熱 森川寿著
W・B・イェイツ : アイルランド文芸復興運動を牽引 : 『キャスリーン伯爵夫人』にみる劇場理念の追及 佐藤容子著
ジョージ・ラッセル : 揺るぎない神秘主義者 : ダブリンの薄明に郷愁を覚えた多才な文学者 山崎弘行著
J・M・シング : 孤絶した社会に生きる「英雄」たちへの目 : 喜劇的リアリズムの極点へ 木村正俊著
ショーン・オケイシー : ダブリンのスラム街の想像力と身体的現実 : ストーリーとヒストリーの交わるところ 坂内太著
ジェイムズ・ジョイス : 文学における地域性と国際性 : 都市ダブリンの構想をめぐって 結城英雄著
サミュエル・ベケット : どこにもない故郷 (ふるさと) への旅 : 死者たちとの出会い 堀真理子著
パトリック・カヴァナ : イニスキーン・ロードからラグラン・ロードへ : 田舎者詩人の上京 佐藤亨著
エドナ・オブライエン : アイルランド女性の脱神話化 : カントリー・ガールの内なる戦い 岩上はる子著
シェイマス・ヒーニー : 骨に書かれた文様 : ヴァイキング都市ダブリンと詩人の転機 中尾まさみ著
主要な現代小説家たち : 固定値と変化との共謀 : コルム・トビーン、ダーモット・ボルジャー、ロディ・ドイルの場合 伊藤範子著
主要な現代詩人たち : 詩人たちによって生成され続けるダブリン : キンセラ、モンタギュー、ミーハンの場合 西谷茉莉子著
主要な現代劇作家たち : 演劇のグローバライゼイションとアイルランド演劇 : セバスチャン・バリーとコナー・マクファーソンの場合 三神弘子著
ダブリンという都市 : 言語芸術の創造を駆動する力 : 文学者たちの軌跡から探る 木村正俊著
ジョナサン・スウィフト : 「憤怒」と「自由」と : 諷刺精神を涵養する磁場としてのダブリン 原田範行著
ブラム・ストーカー : 吸血鬼の眠る都市 : 『ドラキュラ』の源泉を求めて 桃尾美佳著
3.

図書

図書
結城英雄, 夏目康子編 ; 夏目博明 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 水声社, 2016.7
4.

図書

図書
結城英雄著
出版情報: 東京 : 集英社, 1999.6
5.

図書

図書
富士川義之, 結城英雄編
出版情報: 東京 : 国文社, 2012.8
6.

図書

図書
富士川義之編
出版情報: 東京 : 金星堂, 2018.10
目次情報: 続きを見る
ナボコフと英国の伝記文学 : 序にかえて 富士川義之 [執筆]
サミュエル・ジョンソンの『サヴェッジ伝』考 : もう一つの小説起源論 原田範行 [執筆]
チャールズ・ラム『エリア随筆』と韜晦 (ミスティフィケイション) : 事実と虚構の狭間 藤巻明 [執筆]
ド・クインシーの自伝とロンドン表象 : 苦痛を陶酔に変える倒錯空間 (パヴァードピア) 大石和欣 [執筆]
ウィリアム・ワーズワスとエドワード・トマス : 英国ネイチャー・ライティングの系譜 吉川朗子 [執筆]
仮想都市のバイオグラフィー : ウォルター・ペイターのヴェネツィア 田中裕介 [執筆]
ヘンリー・ジェイムズの時代 : デイヴィッド・ロッジの『作者を出せ!』 大渕利春 [執筆]
ピーター・パンの孤独 : J・M・バリーが憧れた家庭像 道家英穂 [執筆]
ヴァージニア・ウルフとギリシア : ギリシア旅行日記と『ジェイコブの部屋』 兼武道子 [執筆]
「書く/描く女たちの一九二四年」 : ウルフ、ラヴェラ、クリスティー 山田美穂子 [執筆]
リチャード・エルマンの『ジェイムズ・ジョイス伝』再評価 : 虚構と実像をめぐって 結城英雄 [執筆]
春山行夫伝のためのエスキース : 忘れられたモダニストの肖像 田尻芳樹 [執筆]
オーデンの旅と転進 辻昌宏 [執筆]
ポール・ダーカンの自画像 高岸冬詩 [執筆]
「真実らしさ」の原理 : エドガー・アラン・ポーの想像力と真実 鎌田禎子 [執筆]
エリザベス・アンダソンと他の有名なクレオールたち : フォークナーとスプラトリングとの友情を中心に 島貫香代子 [執筆]
文学とアクティビズムの融合 : 『夢を殺す人々』の現代性 平塚博子 [執筆]
フレデリック・ヘンリーの特異なイタリア人像 : 伝記的背景から読む『武器よさらば』 本荘忠大 [執筆]
惑星思考と嘆き (エコー) の表象 : ハーシー、大江、原、チャ 山辺省太 [執筆]
戦争のメンバー : 第二次世界大戦とカーソン・マッカラーズ 松井美穂 [執筆]
「黒い白人」の深南部での旅記録 : 『ブラック・ライク・ミー』における人種アイデンティティ 本村浩二 [執筆]
「驚異の感触」を求めて : 詩人フィリップ・ラマンティアの誕生 山内功一郎 [執筆]
「地理的想像力」の継承 : パウンド、ネイティヴ・アメリカンからスナイダーへ 遠藤朋之 [執筆]
シルビア・プラスの可逆的遺書 : ユダヤ人への変容 東雄一郎 [執筆]
リチャード・ブローティガンとノンフィクション : 日本をめぐる作品を中心として 川崎浩太郎 [執筆]
虚構にとっての他者 : 現代作家におけるノンフィクションと「偽装」をめぐって 藤井光 [執筆]
ナボコフと英国の伝記文学 : 序にかえて 富士川義之 [執筆]
サミュエル・ジョンソンの『サヴェッジ伝』考 : もう一つの小説起源論 原田範行 [執筆]
チャールズ・ラム『エリア随筆』と韜晦 (ミスティフィケイション) : 事実と虚構の狭間 藤巻明 [執筆]