close
1.

図書

図書
船曳建夫 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.4
シリーズ名: 岩波講座文化人類学 / 青木保 [ほか] 編 ; 第1巻
2.

図書

図書
by Takeo Funabiki
出版情報: Tokyo : University Museum, University of Tokyo, 2012
シリーズ名: UMUT monograph ; 3
3.

図書

図書
船曳建夫 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.4
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1990]
4.

図書

図書
関本照夫, 船曳建夫編
出版情報: 東京 : リブロポート, 1994.5
シリーズ名: 社会科学の冒険 ; 17
5.

図書

図書
伊藤亜人[ほか]編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1987
6.

図書

図書
伊藤, 亜人(1943-) ; 船曳, 建夫(1948-)
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1987.10
シリーズ名: 現代の社会人類学 / 伊藤亜人[ほか]編 ; 2
7.

図書

図書
河合香吏編
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2013.4
目次情報: 続きを見る
「集団」から「制度」へ : 人類社会の進化史的基盤を求めて 河合香吏 [執筆]
制度が成立するとき 曽我亨 [執筆]
死という制度 : その初発をめぐって 内堀基光 [執筆]
制度と儀礼化あるいは儀礼行動 田中雅一 [執筆]
子ども・遊び・ルール : 制度の表出する場を考える 早木仁成 [執筆]
教えが制度となる日 : 類人猿から人への進化史的展望 寺嶋秀明 [執筆]
アルファオスとは「誰のこと」か? : チンパンジー社会における「順位」の制度的側面 西江仁徳 [執筆]
共存の様態と行為選択の二重の環 : チンパンジーの集団と制度的なるものの生成 伊藤詞子 [執筆]
見えない他者の声に耳を澄ませるとき : チンパンジーのプロセス志向的な慣習と制度の可能態 花村俊吉 [執筆]
野生の平和構築 : スールーにおける紛争と平和の事例から制度を考える 床呂郁哉 [執筆]
制度としてのレイディング : ドドスにおけるその形式化と価値の生成 河合香吏 [執筆]
制度以前と以後を繋ぐものと隔てるもの 北村光二 [執筆]
役割を生きる制度 : 生態的ニッチと動物の社会 足立薫 [執筆]
数学の証明と制度の遂行 : ケプラー方程式から出発する進化の考察 春日直樹 [執筆]
制度の基本構成要素 : 三角形, そして四面体をモデルとする『制度』の理解 船曳建夫 [執筆]
感情のオントロギー : イヌイトの拡大家族集団にみる〈自然制度〉の進化史的基盤 大村敬一 [執筆]
「感情」という制度 : 「内面にある感情」と「制度化された妬み」をめぐって 杉山祐子 [執筆]
老女は自殺したのか : 制度の根拠をめぐる一考察 西井凉子 [執筆]
制度の進化的基盤 : 規則・逸脱・アイデンティティ 黒田末寿 [執筆]
「集団」から「制度」へ : 人類社会の進化史的基盤を求めて 河合香吏 [執筆]
制度が成立するとき 曽我亨 [執筆]
死という制度 : その初発をめぐって 内堀基光 [執筆]
8.

図書

図書
蓮實重彦著者代表
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1998.10
シリーズ名: 東京大学公開講座 ; 67
目次情報: 続きを見る
東京大学とは何であったのか?何であるべきなのか? 立花隆著
「東大闘争」とは何であったのか 船曳建夫著
東大入試と東大生 : 東大生はどのようにして生まれるのか? 苅谷剛彦著
文学の中の「東(帝)大生」 長島弘明著
東大生とスポーツ 平野裕一著
東京大学の「不思議な空間」 岸田省吾著
東京大学コレクション 西野嘉章著
東京大学医学部の過去・現在・未来 加我君孝著
日本の大学の活力 : 自然科学系を中心に 有馬朗人著
三都大学誌 : パリ・ベルリン・東京 樺山紘一著
東京大学とは何であったのか?何であるべきなのか? 立花隆著
「東大闘争」とは何であったのか 船曳建夫著
東大入試と東大生 : 東大生はどのようにして生まれるのか? 苅谷剛彦著
9.

図書

図書
船曳建夫編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1998.3
シリーズ名: 21世紀学問のすすめ ; 9
10.

図書

図書
青木, 保(1938-) ; 船曳, 建夫(1948-) ; 瀬川, 昌久(1957-) ; 石井, 溥(1943-) ; 嶋, 陸奧彦(1946-) ; 須藤, 健一(1946-) ; 窪田, 幸子(1959-) ; 森山, 工(1961-) ; 中谷, 文美(1963-) ; 宇田川, 妙子(1960-) ; 田中, 雅一(1955-)
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.10
シリーズ名: 岩波講座文化人類学 / 青木保 [ほか] 編 ; 第4巻
目次情報: 続きを見る
CommunalとSocial、そして親密性 船曳建夫 [執筆]
人類学における親族研究の軌跡 瀬川昌久 [執筆]
家族、親族、婚姻、「カースト」 : ネパール、ネワールからの考察 石井溥 [執筆]
族譜のコンストラクション 嶋陸奥彦 [執筆]
家族的ネットワークに依存するMIRAB国家 須藤健一 [執筆]
親族の基本構造を生きる : 「ムルンギン」の現在 窪田幸子 [執筆]
個が語られる場 : マダガスカル、シハナカにおける墓の選択と情緒 森山工 [執筆]
「女性」から「ジェンダー」へ、そして「ポジショナリティ」へ : フェミニスト人類学の系譜 中谷文美 [執筆]
セクシャリティの人類学の可能性 宇田川妙子 [執筆]
世界を構築するエロス : 性器計測・女性の自慰・オーガズムをめぐって 田中雅一 [執筆]
CommunalとSocial、そして親密性 船曳建夫 [執筆]
人類学における親族研究の軌跡 瀬川昌久 [執筆]
家族、親族、婚姻、「カースト」 : ネパール、ネワールからの考察 石井溥 [執筆]