close
1.

図書

図書
川島聡 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2016.7
目次情報: 続きを見る
合理的配慮が開く問い 川島聡, 星加良司著
権利条約における合理的配慮 川島聡著
差別解消法と雇用促進法における合理的配慮 川島聡著
合理的配慮とポジティブ・アクション : 合理的配慮になりうるもの、なりえないもの 飯野由里子著
合理的配慮と能力評価 星加良司著
合理的配慮と経済合理性 星加良司, 川島聡著
合理的配慮と社会政策 : コストの社会的分配の理由 星加良司著
対象者の拡大可能性 : 合理的配慮を必要とするのは誰か 西倉実季著
合理的配慮をめぐるジレンマ : アクセスとプライバシーの間 西倉実季著
多様な差異を踏まえた合理的配慮 : 障害とジェンダー、セクシュアリティの交差性 飯野由里子著
障害法から普遍的理念へ 西倉実季, 飯野由里子著
合理的配慮が開く問い 川島聡, 星加良司著
権利条約における合理的配慮 川島聡著
差別解消法と雇用促進法における合理的配慮 川島聡著
2.

図書

図書
小林多寿子, 浅野智彦編 ; 牧野智和 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 新曜社, 2018.8
目次情報: 続きを見る
「いま」を確かに残す : ライフログとアイデンティティの視覚化 牧野智和著
なぜ演じるのか : フィクションに託すサファリングの語り 西倉実季著
もうひとつのドクターズ・ストーリー : 患者の死をめぐる小児科医の苦悩の語り 鷹田佳典著
人生の転機について語る人々 : 自由記述を量的にとらえる方法 浅野智彦著
自己を語ること・人生を書くこと : ともに書く自分史の世界 小林多寿子著
たった一人のライフストーリー : 自己語りの一貫性と複数性 桜井厚著
薬物をやめ続けるための自己物語 : 再使用の危機に直面したダルクスタッフの語り 伊藤秀樹著
私利私欲を手放し、匿名の自己を生きる : 12ステップ・グループと依存症からの回復 中村英代著
人生が変わるとき : 薬物依存からの「回復」の語りとライフストーリーの理解可能性 森一平著
「ペドファイルである」という問題経験の語り : 英語圏での言説のせめぎあいをめぐって 湯川やよい著
当事者研究が生み出す自己 野口裕二著
「いま」を確かに残す : ライフログとアイデンティティの視覚化 牧野智和著
なぜ演じるのか : フィクションに託すサファリングの語り 西倉実季著
もうひとつのドクターズ・ストーリー : 患者の死をめぐる小児科医の苦悩の語り 鷹田佳典著
3.

図書

図書
桜井厚, 石川良子編
出版情報: 東京 : 新曜社, 2015.4
目次情報: 続きを見る
ライフストーリー研究に何ができるか 石川良子, 西倉実季 [著]
モノローグからポリフォニーへ : なにが私を苛立たせ、困惑させるのか 桜井厚 [著]
なぜ「語り方」を記述するのか : 読者層とライフストーリー研究を発表する意義に注目して 西倉実季 [著]
インタビューという会話の構造を動的に分析する 青山陽子 [著]
メディアのストーリーはいかに生成・展開されるのか : 在日南米人の犯罪をめぐる言説を題材に 酒井アルベルト [著]
ライフストーリーにおける異文化と異言語 張嵐 [著]
ライフストーリー研究としての語り継ぐこと : 「被爆体験の継承」をめぐって 八木良広 [著]
戦略としての語りがたさ : アルビノ当事者の優生手術経験をめぐって 矢吹康夫 [著]
語りにおける一貫性の生成/非生成 倉石一郎 [著]
「対話」への挑戦 : ライフストーリー研究の個性 石川良子 [著]
ライフストーリー研究に何ができるか 石川良子, 西倉実季 [著]
モノローグからポリフォニーへ : なにが私を苛立たせ、困惑させるのか 桜井厚 [著]
なぜ「語り方」を記述するのか : 読者層とライフストーリー研究を発表する意義に注目して 西倉実季 [著]
4.

図書

図書
西倉実季著
出版情報: 東京 : 生活書院, 2009.7