close
1.

図書

図書
金龍静, 木越祐馨編
出版情報: 京都 : 宮帯出版社, 2016.6
2.

図書

図書
北西弘先生還暦記念会編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1985.12
目次情報: 続きを見る
「一揆」以前のこと 山折哲雄著
真宗教義と一向一揆 梅原隆章著
一向一揆と徳政令 新行紀一著
蓮如教団と一向一揆との関連性 金龍静著
「本願寺法王国」論への一視点 遠藤一著
越前一向一揆について 重松明久著
越中一向一揆と浄土系教団の組織化について 久保尚文著
長享二年の加賀一揆について 神田千里著
加賀一向一揆と本願寺守護権 : 「三箇条掟」をめぐる考察 片山伸著
若松坊から金沢坊へ : 北加賀の流通路と寺内町 浅香年木著
久宝寺寺内町と河内門徒 上場顕雄著
雑賀一揆と根来衆 熱田公著
古代・中世の悲田院をめぐって 網野善彦著
天台座主増命祈雨説話について 佐々木令信著
室町期加州における一在京領主について 芝野康之著
堅田大責と坂本の馬借 下坂守著
荘厳講と白山修験道 : 中世加賀馬場を中心にして 豊島修著
暦道賀茂家断絶の事 : 永禄~文禄期宮廷陰陽道の動向 木場明志著
初期法華一揆の戦闘分析 : 山科・石山攻めを中心に 藤井学著
天正十二年の羽柴秀吉検地 朝尾直弘著
顕密仏教における歴史意識 : 中世比叡山の記家について 黒田俊雄著
堅田 大責
「一揆」以前のこと 山折哲雄著
真宗教義と一向一揆 梅原隆章著
一向一揆と徳政令 新行紀一著
3.

図書

図書
神田千里編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2004.5
シリーズ名: 日本の名僧 ; 13
目次情報: 続きを見る
寛正二年、この世とあの世 峰岸純夫 [執筆]
中・高年世代の希望の星 大村英昭 [執筆]
蓮如のことば 大隅和雄 [執筆]
錯綜する人物像 神田千里 [執筆]
蓮如の生涯 神田千里 [執筆]
本願寺教団の創造 金龍静 [執筆]
民衆のなかの蓮如 遠藤一 [執筆]
「御文」による伝道 岡村喜史 [執筆]
政治権力と蓮如 木越祐馨 [執筆]
親鸞と蓮如 青木馨 [執筆]
蓮如と女性 西口順子 [執筆]
蓮如伝承の生成と門徒の信仰 蒲池勢至 [執筆]
寛正二年、この世とあの世 峰岸純夫 [執筆]
中・高年世代の希望の星 大村英昭 [執筆]
蓮如のことば 大隅和雄 [執筆]
4.

図書

図書
金龍静著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1997.8
シリーズ名: 歴史文化ライブラリー ; 21
5.

図書

図書
楠瀬勝編
出版情報: 京都 : 思文閣出版, 1989.5
目次情報: 続きを見る
「越中石黒系図」成立に関する試論 木本秀樹 [執筆]
越前国出土墨書土器小考 清田善樹 [執筆]
平城遷都と慶雲三年格 鎌田元一 [執筆]
「荘所」の形成に関する基礎的考察 : 越中・越前を中心として 藤井一二 [執筆]
国衙徴発力役の構造と変遷 櫛木謙周 [執筆]
越中における院近臣領荘園の形成 久保尚文 [執筆]
院政期北陸の国司と国衙 : 医心方裏文書をめぐって 戸田芳実 [執筆]
加賀国中世白山本宮の寺院組織について 藤井豊久 [執筆]
北陸の日吉神人 網野善彦 [執筆]
畠山家分裂のはじまりをめぐって : 越中と大和 熱田公 [執筆]
蓮如教団の身分的・組織的構造 金龍静 [執筆]
戦国大名朝倉氏官僚機構の一考察 松原信之 [執筆]
戦国大名朝倉氏領国制下の寺庵・給人の所領支配について 松浦義則 [執筆]
加賀藩初期の寺院統制 : 道場役と屋敷改め 高澤裕一 [執筆]
越中高岡木町の特権成立の背景 高瀬保 [執筆]
加賀藩流通政策の変遷 : 前期の問屋制をめぐって 中野節子 [執筆]
近世都市、「町」機能の変容 : 金沢城下町を事例に 田中喜男 [執筆]
金沢特権町人の相続と親族関係 深井甚三 [執筆]
越前鯖江藩の徴租法について 隼田嘉彦 [執筆]
福井藩後期における村方騒動 : 化政期、福井城下周辺農村を中心に 本川幹男 [執筆]
ばんどり騒動新論 : 越中の世なおし状況 新田二郎 [執筆]
慶応三年「敦賀より京都江之糧道御開」計画と糧道筋測量 楠瀬勝 [執筆]
「越中石黒系図」成立に関する試論 木本秀樹 [執筆]
越前国出土墨書土器小考 清田善樹 [執筆]
平城遷都と慶雲三年格 鎌田元一 [執筆]
6.

図書

図書
青木美智男 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1981.8
シリーズ名: 一揆 / 青木美智男 [ほか] 編 ; 4
目次情報: 続きを見る
中世民衆の意識と思想 千々和到著
百姓一揆の法意識 難波信雄著
中世民衆の生産と生活 黒田日出男著
中世の開発と自然 黒田日出男著
中世農民の生活の世界 山本隆志著
近世民衆の生活と抵抗 青木美智男著
中世の宗教と一揆 金竜静著
近世の信仰と一揆 奈倉哲三著
「おかげまいり」と「ええじゃないか」 矢野芳子著
中世民衆の意識と思想 千々和到著
百姓一揆の法意識 難波信雄著
中世民衆の生産と生活 黒田日出男著
7.

図書

図書
[安丸良夫ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5
シリーズ名: 岩波講座天皇と王権を考える / 網野善彦 [ほか] 編集委員 ; 第4巻
目次情報: 続きを見る
序論 安丸良夫 [著]
古代神話のイデオロギー構成 水林彪 [著]
顕密仏教と王権 佐々木馨 [著]
天道・革命・隠逸 : 朱子学的王権をめぐって 小島毅 [著]
戦国期一向宗の地平 金龍静 [著]
聖なる皇帝と異端 : ビザンツ 和田廣 [著]
徳川将軍権力と宗教 : 王権神話の創出 大桑斉 [著]
教会権力と国家権力 : 神聖ローマ帝国 神寶秀夫 [著]
民衆宗教のコスモロジーと王権観 宮崎ふみ子 [著]
近代天皇制イデオロギーの思想過程 : 徳川思想および平田篤胤像の転回を中心に 桂島宣弘 [著]
国家神道とメシアニズム : 「天皇の神格化」からみた大本教 島薗進 [著]
王のカリスマ性 小馬徹 [著]
序論 安丸良夫 [著]
古代神話のイデオロギー構成 水林彪 [著]
顕密仏教と王権 佐々木馨 [著]