close
1.

図書

図書
山折哲雄, 宮田登編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1994.2
シリーズ名: 日本歴史民俗論集 ; 8
目次情報: 続きを見る
遁世・漂泊者の理解をめぐって 高取正男 [執筆]
「熊谷家伝記」余話 竹内利美 [執筆]
神道的神と民族的神 : 定住民と漂泊民の神空間 坪井洋文 [執筆]
異神の受容 : 牛頭天王島渡り祭文の世界 山本ひろ子 [執筆]
異人と村落共同体をめぐる物語 : 「松浦長者」と「ものぐさ太郎」 小松和彦 [執筆]
杖と境界のアルケオロジー 赤坂憲雄 [執筆]
蓑笠と柿帷 : 一揆の衣裳 網野善彦 [執筆]
田遊び論ノート 黒田日出男 [執筆]
岐阜県東濃地方の瞽女仲間 三好一成 [執筆]
巡礼の構造 山折哲雄 [執筆]
四国遍路への道 : 巡礼の思想 真野俊和 [執筆]
白山麓山村住民の袖乞慣行(予察) 千葉徳爾, 菅根幸裕 [執筆]
ヒヨウの生活を囲つて 早川孝太郎 [執筆]
山窩の生活 後藤興善 [執筆]
漂泊漁民の伝承文芸 : 「浮鯛系図」考 河岡武春 [執筆]
家船と糸満漁民 : 水上生活者の移動と定着 野口武徳 [執筆]
遁世・漂泊者の理解をめぐって 高取正男 [執筆]
「熊谷家伝記」余話 竹内利美 [執筆]
神道的神と民族的神 : 定住民と漂泊民の神空間 坪井洋文 [執筆]
2.

図書

図書
峰岸純夫, 福田アジオ編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1993.10
シリーズ名: 日本歴史民俗論集 ; 6
目次情報: 続きを見る
屋敷付属の墓地 : 死の忌みをめぐって 高取正男 [執筆]
ムシロヅケノ溜 : 真宗門徒火葬習俗覚書 橋本鉄男 [執筆]
両墓制について 新谷尚紀 [執筆]
絵系図にみる「家」の祭祀 西口順子 [執筆]
中世の屋敷墓 勝田至 [執筆]
中世在村寺院の村堂化の過程と在地住民の動向について : 近江国葛川明王院の評定衆・山木奉行・小常住を例に 坂田聡 [執筆]
蔵王信仰・龍山信仰と大山荘 伊藤清郎 [執筆]
巫女の御礼参上 : 『色部氏年中行事』を読む 中野豈任 [執筆]
近世祭祀団成立序説 萩原龍夫 [執筆]
宮座のいろいろ 原田敏明 [執筆]
西日本におけるトウヤ祭祀の儀礼的特質 : いわゆる「宮座」の類型的研究 坪井洋文 [執筆]
「宮座」論ノート : 村落構造の関連において 住谷一彦 [執筆]
大和小南の宮座と女房座 高牧実 [執筆]
屋敷付属の墓地 : 死の忌みをめぐって 高取正男 [執筆]
ムシロヅケノ溜 : 真宗門徒火葬習俗覚書 橋本鉄男 [執筆]
両墓制について 新谷尚紀 [執筆]
3.

図書

図書
高取正男著
出版情報: 東京 : 講談社, 1975.8
シリーズ名: 講談社現代新書 ; 406
4.

図書

図書
赤田光男編
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1991.11
シリーズ名: 民衆宗教史叢書 ; 第26巻
目次情報: 続きを見る
祖先崇拝の源流 柴田實 [執筆]
先祖と氏神 有賀喜左衛門 [執筆]
考古学上から見た我が上代人の他界観念 大場磐雄 [執筆]
石碑墓の源流 竹田聴洲 [執筆]
固有信仰の展開と仏教受容 高取正男 [執筆]
盂蘭盆会の本邦移修 竹田聴洲 [執筆]
中世の屋敷墓 勝田至 [執筆]
祖霊と霊場 赤田光男 [執筆]
沖縄の位牌に関する史料 玉木順彦 [執筆]
総(祖)霊社の一考察 : 津和野地方を中心として 加藤隆久 [執筆]
神道に於ける幽界の問題 田中初夫 [執筆]
法からみた祖先祭祀 井戸田博史 [執筆]
山と日本人の祖霊観 : はやま信仰の周辺 岩崎敏夫 [執筆]
モイドン概説 小野重朗 [執筆]
同族神の試論的考察 : 若狭におけるダイジョコ・地荒神・杜神をめぐって 金田久璋 [執筆]
屋敷神の登場 直江廣治 [執筆]
宮城県東北部の「ミタマ」の風習について 小野寺正人 [執筆]
もらいまつり : 盆行事の一問題 高谷重夫 [執筆]
祖先崇拝と「家」 伊藤幹治 [執筆]
祖霊信仰の研究成果と課題 赤田光男 [執筆]
祖先崇拝の源流 柴田實 [執筆]
先祖と氏神 有賀喜左衛門 [執筆]
考古学上から見た我が上代人の他界観念 大場磐雄 [執筆]
5.

図書

図書
高取正男著
出版情報: 東京 : 平凡社, 1995.3
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 88
6.

図書

図書
高取正男, 橋本峰雄著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2010.7
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; [タ34-1]
7.

図書

図書
高取正男編 ; 下坂守[ほか]執筆
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1982.12
シリーズ名: 中公新書 ; 676
8.

図書

図書
宮田登編
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1984.4
シリーズ名: 民衆宗教史叢書 ; 第8巻
目次情報: 続きを見る
みろくの船 柳田国男 [執筆]
ミロク信仰の流布と機能 酒井卯作 [執筆]
日本におけるメシア運動 高取正男 [執筆]
近世弥勒信仰の一面 和歌森太郎 [執筆]
嵩山のミロク信仰 阪本英一 [執筆]
鹿島踊の考察 永田衡吉 [執筆]
律令社会における弥勒信仰の受容 速水侑 [執筆]
平安時代における弥勒浄土思想の展開 平岡定海 [執筆]
弥勒信仰と弥勒の世 安永寿延 [執筆]
富士講の夜明け 岩科小一郎 [執筆]
将来仏としての弥勒信仰の起源 松本文三郎 [執筆]
イラン的信仰と仏教との出会い : 弥勒下生信仰の形成 鈴木中正 [執筆]
元・明革命と白蓮教 鈴木中正 [執筆]
花郎制度の本質とその機能 三品彰英 [執筆]
弥勒信仰の研究成果と課題 宮田登 [執筆]
みろくの船 柳田国男 [執筆]
ミロク信仰の流布と機能 酒井卯作 [執筆]
日本におけるメシア運動 高取正男 [執筆]
9.

図書

図書
藝能史研究會編
出版情報: 東京 : 平凡社, 1969.11
シリーズ名: 日本の古典芸能 / 芸能史研究会編 ; 1
目次情報: 続きを見る
神楽の命脈 上田正昭 [執筆]
祭と神楽 本田安次 [執筆]
鎮魂論序説 : 『万葉集』挽歌における生と死の意味 山本健吉 [執筆]
神々の表情 中村保雄 [執筆]
採り物 高取正男 [執筆]
神楽歌 倉林正次 [執筆]
日本のリズム 小泉文夫 [執筆]
里の神楽 柴田実 [執筆]
「舞台」の源流 池田弥三郎 [執筆]
諸国の神楽をたずねて : 獅子神楽を中心に 三隅治雄 [執筆]
研究の手引き 山路興造 [執筆]
神楽の命脈 上田正昭 [執筆]
祭と神楽 本田安次 [執筆]
鎮魂論序説 : 『万葉集』挽歌における生と死の意味 山本健吉 [執筆]
10.

図書

図書
藝能史研究會編
出版情報: 東京 : 平凡社, 1971.12
シリーズ名: 日本の古典芸能 / 芸能史研究会編 ; 10
目次情報: 続きを見る
人間にとって芸能とは何か : 対談 梅棹忠夫, 河竹登志夫 [述]
比較芸能論 : 芸能論における比較文明論的アプローチ 梅棹忠夫 [執筆]
世界芸能史のなかの日本芸能 : 起源・発展・交渉 : 共同討議 上田正昭 [ほか述]
沖縄の芸能 本田安次 [執筆]
宗教と芸能 : 芸能する人と場所 高取正男 [執筆]
伝承と芸能 青江舜二郎 [執筆]
芸能の社会学 加藤秀俊 [執筆]
芸能の発達段階 : 日本とヨーロッパ チャールズ・J・ダン [執筆]
劇的なるもの : 東と西 : 比較ドラマ論の試み 山崎正和 [執筆]
音楽・舞踊・ドラマ : 演劇における全体性 大島勉 [執筆]
外国人のみた日本芸能 河竹登志夫 [執筆]
比較芸能研究の意味と方法 河竹登志夫 [執筆]
人間にとって芸能とは何か : 対談 梅棹忠夫, 河竹登志夫 [述]
比較芸能論 : 芸能論における比較文明論的アプローチ 梅棹忠夫 [執筆]
世界芸能史のなかの日本芸能 : 起源・発展・交渉 : 共同討議 上田正昭 [ほか述]