close
1.

図書

図書
石川美子著
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1997.9
2.

図書

図書
小林多寿子著
出版情報: 東京 : 学陽書房, 1997.8
シリーズ名: 陽Selection
3.

図書

図書
ロバート・アトキンソン著 ; 塚田守訳
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2006.3
4.

図書

図書
ウイリアム・C.スペンジマン [著] ; 船倉正憲訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 1991.8
シリーズ名: 叢書・ウニベルシタス ; 336
5.

図書

図書
川又俊則著
出版情報: 東京 : 創風社, 2002.4
6.

図書

図書
渡辺浩一, ヴァネッサ・ハーディング編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2015.11
7.

図書

図書
菊地昌典著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1988.10
8.

図書

図書
色川大吉著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.8
9.

図書

図書
槇原茂編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2014.10
シリーズ名: Minerva西洋史ライブラリー ; 103
目次情報: 続きを見る
私語りから市民の物語りへ 槇原茂著
境界に立つ市民としての矜恃と限界 : ユダヤ人家族をもったアーリア人作家ヨッヘン・クレッパー 長田浩彰著
グラーグ帰還者の自分史 : トロツキー派ユダヤ人の自伝的回想録を読む 松井康浩著
ブレッド・アンド・ローズ : ローズ・シュナイダーマンの市民意識と個人の語り 寺田由美著
闘う地域の変革者としての農村教師 : 20世紀前半のメキシコにおける教師の記録 青木利夫著
労働組合とシティズンシップ : ドッカー組合指導者ベン・ティレットの経験と語り 久木尚志著
カトリシズムとデモクラシーのはざまで : 世紀転換期フランスにおける聖職者の市民意識と自分史 長井伸仁著
「農民」と「市民」のあいだ : ブルボネの農民、ジュール・ルージュロンと共同性 槇原茂著
私語りから市民の物語りへ 槇原茂著
境界に立つ市民としての矜恃と限界 : ユダヤ人家族をもったアーリア人作家ヨッヘン・クレッパー 長田浩彰著
グラーグ帰還者の自分史 : トロツキー派ユダヤ人の自伝的回想録を読む 松井康浩著
10.

図書

図書
小林多寿子, 浅野智彦編 ; 牧野智和 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 新曜社, 2018.8
目次情報: 続きを見る
「いま」を確かに残す : ライフログとアイデンティティの視覚化 牧野智和著
なぜ演じるのか : フィクションに託すサファリングの語り 西倉実季著
もうひとつのドクターズ・ストーリー : 患者の死をめぐる小児科医の苦悩の語り 鷹田佳典著
人生の転機について語る人々 : 自由記述を量的にとらえる方法 浅野智彦著
自己を語ること・人生を書くこと : ともに書く自分史の世界 小林多寿子著
たった一人のライフストーリー : 自己語りの一貫性と複数性 桜井厚著
薬物をやめ続けるための自己物語 : 再使用の危機に直面したダルクスタッフの語り 伊藤秀樹著
私利私欲を手放し、匿名の自己を生きる : 12ステップ・グループと依存症からの回復 中村英代著
人生が変わるとき : 薬物依存からの「回復」の語りとライフストーリーの理解可能性 森一平著
「ペドファイルである」という問題経験の語り : 英語圏での言説のせめぎあいをめぐって 湯川やよい著
当事者研究が生み出す自己 野口裕二著
「いま」を確かに残す : ライフログとアイデンティティの視覚化 牧野智和著
なぜ演じるのか : フィクションに託すサファリングの語り 西倉実季著
もうひとつのドクターズ・ストーリー : 患者の死をめぐる小児科医の苦悩の語り 鷹田佳典著