close
1.

図書

図書
阪上孝編著
出版情報: 東京 : 同文舘出版, 1997.6
2.

図書

図書
国際日本文化研究センター ; 中国国際シンポジウム
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 1997.3
3.

図書

図書
山本英史編
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2011.12
シリーズ名: 慶應義塾大学東アジア研究所叢書
4.

図書

図書
新井政美編著
出版情報: 東京 : 講談社, 2013.1
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 541
5.

図書

図書
小長谷有紀, 川口幸大, 長沼さやか編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2010.12
目次情報: 続きを見る
廟と儀礼の復興、およびその周縁化 : 現代中国における宗教のひとつの位相 川口幸大著
上海におけるプロテスタントの宗教空間 : 宗教政策と日常的実践のはざまで 村上志保著
中国共産党のイスラーム政策の過去と現在 : 寧夏回族自治区銀川市の事例 澤井充生著
現代中国における墓碑の普及と「孝子」たち : 陝西省中部農村の事例から 田村和彦著
商品化される社会主義 : 赤いポスターを事例に 高山陽子著
都市景観の再生計画と住民の選択的参与 : 広州市の下町の事例から 河合洋尚著
オラーンムチル現象にみる内モンゴル・インパクト シンジルト著
ウイグル族と「漢化」 : 文化の二分法を超えて 小嶋祐輔著
欺瞞と外部性 : チベット現代作家トゥンドゥプジャの精読から 大川謙作著
現代中国における宗族新興の可能性 : 広東珠江デルタの水上居民を例に 長沼さやか著
廟と儀礼の復興、およびその周縁化 : 現代中国における宗教のひとつの位相 川口幸大著
上海におけるプロテスタントの宗教空間 : 宗教政策と日常的実践のはざまで 村上志保著
中国共産党のイスラーム政策の過去と現在 : 寧夏回族自治区銀川市の事例 澤井充生著
6.

図書

図書
宮島喬 [ほか] 編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2013.7
目次情報: 続きを見る
グローバリゼーションと社会学 宮島喬, 友枝敏雄, 遠藤薫 [執筆]
グローバリゼーションの経験と場所 伊豫谷登士翁 [執筆]
グローバリゼーションとEUのアイデンティティ : 国民国家からいずこへ 宮島喬 [執筆]
アジアにおけるグローバリゼーションとローカルなもの : メガシティ・ジャカルタの都市再生をめぐって 吉原直樹 [執筆]
グローバリゼーションから「アジア社会学」へ : 新たな学問的要請をめぐって 園田茂人 [執筆]
グローカリズム : 共生配慮型社会へ 今田高俊 [執筆]
グローバリゼーションとフェミニズムの挑戦 牟田和恵 [著]
リスク社会と再帰性 : 福島第一原発事故をめぐって 長谷川公一 [執筆]
グローバリゼーションとエネルギー・環境問題 : システム準拠的制御の可能性 舩橋晴俊 [執筆]
第二の近代と社会理論 友枝敏雄 [執筆]
socialとmodern 厚東洋輔 [執筆]
モダニティのあとの社会学の課題 : グローバリゼーションにおける可能性 盛山和夫 [執筆]
モダニティの理想と現実 : グローバル時代のコミュニティとアイデンティティ 山田真茂留 [執筆]
モダニティのコンテクスト 井上俊 [執筆]
モダニティ・グローバリティ・メディアリティの交差 : 社会変動をあらたな視座からとらえる 遠藤薫 [執筆]
文化のグローバル化と「グローバル文化」論 丸山哲央 [執筆]
公平な分配はいかにして社会に広がるのか? : 公平な分配とシミュレーション 佐藤嘉倫 [執筆]
グローバル化社会の理論社会学 黒石晋 [執筆]
グローバリゼーション下での政治的なエスノセントリズム : 進化シミュレーションをもちいた考察 中井豊 [執筆]
グローバリゼーションと社会学 宮島喬, 友枝敏雄, 遠藤薫 [執筆]
グローバリゼーションの経験と場所 伊豫谷登士翁 [執筆]
グローバリゼーションとEUのアイデンティティ : 国民国家からいずこへ 宮島喬 [執筆]
7.

図書

図書
鈴木貞美, 劉建輝編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 2013.11
シリーズ名: 国際シンポジウム ; 第44集
8.

図書

図書
永野善子編著 ; 神奈川大学人文学研究所編
出版情報: 東京 : 御茶の水書房, 2013.3
シリーズ名: 神奈川大学人文学研究叢書 ; 31
目次情報: 続きを見る
親日であれ親米であれ我が郷土 : 植民地台湾で育った米軍政下琉球の沖縄人文化行政官 泉水英計 [執筆]
脱植民地化の課題と「左翼」ナショナリズム : 金斗鎔の場合 尹健次 [執筆]
抵抗の歴史としての反米ナショナリズム : レナト・コンスタンティーノを読む 永野善子 [執筆]
植民地期タガログ語短編小説にみる教育と近代 : 農村・学歴・植民地都市 岡田泰平 [執筆]
非常事態時期マラヤにおける植民地的/冷戦的近代化とその横領 : スクウォッター再定住事業と植民地政府、華人有力者、地域住民の行動 村井寛志 [執筆]
相互行為としての制度 : タイ農村における研修と選挙の集まりの場から 高城玲 [執筆]
タイ近代性としての小農的世界 : タイ東北部市場における米の価格形成の問題を中心にして 菅原昭 [執筆]
アフリカの植民地近代性 : 「宗教」の侵入について 中林伸浩 [執筆]
スワヒリ語による国民国家建設と植民地近代性論 : その可能性と不可能性をめぐって 小馬徹 [執筆]
ラテンアメリカにおける西欧中心主義近代化思想の克服 : ボリバル、マルティ、キューバ、ボリビア 後藤政子 [執筆]
親日であれ親米であれ我が郷土 : 植民地台湾で育った米軍政下琉球の沖縄人文化行政官 泉水英計 [執筆]
脱植民地化の課題と「左翼」ナショナリズム : 金斗鎔の場合 尹健次 [執筆]
抵抗の歴史としての反米ナショナリズム : レナト・コンスタンティーノを読む 永野善子 [執筆]
9.

図書

図書
鈴木貞美, 劉建輝編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 2012.3
シリーズ名: 国際シンポジウム ; 第26集
10.

図書

図書
鈴木貞美, 劉建輝編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 2010.3
シリーズ名: 国際シンポジウム ; 第35集