close
1.

図書

図書
大越愛子, 井桁碧編著
出版情報: 東京 : 青弓社, 2007.3
シリーズ名: 戦後・暴力・ジェンダー ; 2
目次情報: 続きを見る
「暴力批判の思想」としてのフェミニズム : 「左翼」思想の限界とダーバン宣言の射程 大越愛子 [著]
人種とジェンダーの複合差別をめぐって : ダーバン会議で問われたもの 熊本理抄 [著]
優生学とジェンダー : リベラリズム・家族・ケア 堀田義太郎 [著]
「原住民」が抹消された場所で、交渉する 井桁碧 [著]
「南京のレイプ」の告発者である女性たちの殉教 : 歴史記述のジェンダー 若桑みどり [著]
戦後台湾アイデンティティと女性の表象 丸川哲史 [著]
「国民」文学とジェンダー : ポストコロニアリズムと「群島」の物語 本橋哲也 [著]
ヴェトナムにおけるアメリカ戦の亡霊 権憲益 [著] ; 堀田義太郎訳
沖縄・基地問題・暴力 高里鈴代 [ほか著]
「暴力批判の思想」としてのフェミニズム : 「左翼」思想の限界とダーバン宣言の射程 大越愛子 [著]
人種とジェンダーの複合差別をめぐって : ダーバン会議で問われたもの 熊本理抄 [著]
優生学とジェンダー : リベラリズム・家族・ケア 堀田義太郎 [著]
2.

図書

図書
田中雅一編
出版情報: 東京 : 平凡社, 1998.10
目次情報: 続きを見る
女神研究序論 田中雅一 [執筆]
「一人前の女性」になれなかった女神たち : 漢人社会における宗教とジェンダー 三尾裕子 [執筆]
女神の身体・女性の身体 : 北インド農村の女神崇拝 八木祐子 [執筆]
女から女神へ : 南アジアにおける神格化をめぐって 田中雅一 [執筆]
金太郎の母 : 山姥をめぐって 川村邦光 [執筆]
馬頭娘(蚕神)をめぐる神話と儀礼 : オシラサマの原郷をたずねて 小南一郎 [執筆]
女神とポリス : アテナとアテナイ 松村一男 [執筆]
聖とセクシュアリティの拮抗するキリスト教文化 : エバとマリアをめぐって 岡野治子 [執筆]
マリア・レギナからキリストの花嫁へ : 西欧中世における聖母の勝利図像について 鼓みどり [執筆]
近代国家の女性イメージ : 平和の女神像の背景にあるもの 大越愛子 [執筆]
大女神の息子たち : 〈母性原理〉という視座 井桁碧 [執筆]
女神を求めて : アメリカにおける「女性の霊性運動」と日本 佐伯順子 [執筆]
女神研究序論 田中雅一 [執筆]
「一人前の女性」になれなかった女神たち : 漢人社会における宗教とジェンダー 三尾裕子 [執筆]
女神の身体・女性の身体 : 北インド農村の女神崇拝 八木祐子 [執筆]
3.

図書

図書
山折哲雄, 川村邦光編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1999.7
目次情報: 続きを見る
縄文と弥生の心性を読み解くための方法序説 山折哲雄 [執筆]
カミとホトケ : 八幡・天神・稲荷 林淳 [執筆]
ノロイ・タタリ・イワイ 小松和彦 [執筆]
他界の構図 : 地獄と極楽の原風景 川村邦光 [執筆]
イノチと救い : 二元的宗教構造の理論枠組みを超えて 島薗進 [執筆]
民俗宗教研究と「ジェンダー」という方法 井桁碧 [執筆]
民俗宗教の複合性と霊威的次元 池上良正 [執筆]
民俗の知 : からだ・ことば・こころ 川村邦光 [執筆]
評価される身体、あるいは民俗宗教の臨界 橋本裕之 [執筆]
血と性 : 浄穢と貴賤 武見李子 [執筆]
物語・祭祀・権力 : 『風土記』の地名伝承をめぐって 赤坂憲雄 [執筆]
夢の回路 : 籠りと巡り 真野俊和 [執筆]
縄文と弥生の心性を読み解くための方法序説 山折哲雄 [執筆]
カミとホトケ : 八幡・天神・稲荷 林淳 [執筆]
ノロイ・タタリ・イワイ 小松和彦 [執筆]