close
1.

図書

図書
青木, 保(1938-) ; 小松, 和彦(1947-)
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.7
シリーズ名: 岩波講座文化人類学 / 青木保 [ほか] 編 ; 第10巻
2.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1997.4
シリーズ名: ちくま学芸文庫
3.

図書

図書
小松和彦 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 1997.5
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1279]
4.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1998.6
シリーズ名: ちくまプリマーブックス ; 121
5.

図書

図書
小松和彦, 関一敏編
出版情報: 東京 : せりか書房, 2002.11
6.

図書

図書
[山本幸司ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.2
シリーズ名: 岩波講座天皇と王権を考える / 網野善彦 [ほか] 編集委員 ; 第9巻
目次情報: 続きを見る
序論 山本幸司 [著]
天皇の饗宴 榎村寛之 [著]
将軍の住まい : 江戸城本丸御殿の構造と機能 深井雅海 [著]
古代天皇の冠と衣服 : 中国衣服制の継受をめぐって 武田佐知子 [著]
天皇の言葉と和歌 古橋信孝 [著]
王のことば : 西アフリカの事例から 川田順造 [著]
稚児と天皇 : 太上天皇後崇光院と稚児物語 神田龍身 [著]
民俗社会と天皇制 福澤昭司 [著]
流離する王の物語 : 貴種流離譚の原風景をもとめて 赤坂憲雄 [著]
異界と天皇 小松和彦 [著]
幼童天皇と日本の政治神学 鎌田東二 [著]
チンギス・カンのイメージ形成 : 時をこえた権威と神聖化への道程 杉山正明 [著]
序論 山本幸司 [著]
天皇の饗宴 榎村寛之 [著]
将軍の住まい : 江戸城本丸御殿の構造と機能 深井雅海 [著]
7.

図書

図書
猪木武徳 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2012.10
8.

図書

図書
小松和彦 [ほか] 編集委員
出版情報: 東京 : 東京堂出版, 2013.7
9.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1995.6
シリーズ名: ちくま学芸文庫 ; [コ-4-1]
10.

図書

図書
小松和彦, 都出比呂志編
出版情報: [大阪] : 大阪大学文学部, 1995.3
11.

図書

図書
山折哲雄, 宮田登編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1994.2
シリーズ名: 日本歴史民俗論集 ; 8
目次情報: 続きを見る
遁世・漂泊者の理解をめぐって 高取正男 [執筆]
「熊谷家伝記」余話 竹内利美 [執筆]
神道的神と民族的神 : 定住民と漂泊民の神空間 坪井洋文 [執筆]
異神の受容 : 牛頭天王島渡り祭文の世界 山本ひろ子 [執筆]
異人と村落共同体をめぐる物語 : 「松浦長者」と「ものぐさ太郎」 小松和彦 [執筆]
杖と境界のアルケオロジー 赤坂憲雄 [執筆]
蓑笠と柿帷 : 一揆の衣裳 網野善彦 [執筆]
田遊び論ノート 黒田日出男 [執筆]
岐阜県東濃地方の瞽女仲間 三好一成 [執筆]
巡礼の構造 山折哲雄 [執筆]
四国遍路への道 : 巡礼の思想 真野俊和 [執筆]
白山麓山村住民の袖乞慣行(予察) 千葉徳爾, 菅根幸裕 [執筆]
ヒヨウの生活を囲つて 早川孝太郎 [執筆]
山窩の生活 後藤興善 [執筆]
漂泊漁民の伝承文芸 : 「浮鯛系図」考 河岡武春 [執筆]
家船と糸満漁民 : 水上生活者の移動と定着 野口武徳 [執筆]
遁世・漂泊者の理解をめぐって 高取正男 [執筆]
「熊谷家伝記」余話 竹内利美 [執筆]
神道的神と民族的神 : 定住民と漂泊民の神空間 坪井洋文 [執筆]
12.

図書

図書
山折哲雄, 宮本袈裟雄編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1994.5
シリーズ名: 日本歴史民俗論集 ; 9
目次情報: 続きを見る
大嘗祭試論 : 「親供儀礼」における神と王 黒崎輝人 [執筆]
殯解釈の一試論 : "「悲しみ」・「鎮め」・「遊び」の三極構造" マセ・フランソワ [執筆]
即位儀礼としての八十嶋祭 岡田精司 [執筆]
床下参籠・床下祭儀 黒田龍二 [執筆]
「中世仏堂」における後戸 山岸常人 [執筆]
伊勢の神をめぐる病と信仰 : 室町初中期の京都を舞台に 瀬田勝哉 [執筆]
神楽事における託宣型と悪霊強制型 岩田勝 [執筆]
蠱道の研究(三) 島田成矩 [執筆]
憑きもの信仰 : その予備的研究 宮本袈裟雄 [執筆]
あるユタのカルテから 蛸島直 [執筆]
呪術の世界 : 陰陽師の「呪い調伏」 小松和彦 [執筆]
諸山諸社参詣先達職をめぐる山伏と社家 : 吉田家の諸国社家支配化への序章 真野純子 [執筆]
修験道の新宗教に対する影響 宮家準 [執筆]
大嘗祭試論 : 「親供儀礼」における神と王 黒崎輝人 [執筆]
殯解釈の一試論 : "「悲しみ」・「鎮め」・「遊び」の三極構造" マセ・フランソワ [執筆]
即位儀礼としての八十嶋祭 岡田精司 [執筆]
13.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1992.5
シリーズ名: 民衆宗教史叢書 ; 第30巻
目次情報: 続きを見る
憑きもの 石塚尊俊 [執筆]
憑霊現象と特殊家系 桑田忠親, 島田成矩 [執筆]
狐持ちの発生を探る 速水保孝 [執筆]
乱心/狐憑き/指籠入れ 昼田源四郎 [執筆]
中央高地における一迷信の地域的基礎 千葉徳爾 [執筆]
憑きもの現象と社会構造 : 社会人類学的アプローチ 吉田禎吾, 上田将 [執筆]
群馬県南西部におけるオサキモチ信仰とサンリンボー信仰の社会的意味 板橋作美 [執筆]
憑霊と除祓 : 「憑く・憑ける・憑けられる」の三元構造 山折哲雄 [執筆]
神道の憑きもの落とし : 「蟇目の法」をモチーフとして 長谷部八朗 [執筆]
カミ、つきもの、ヒト : 島原半島の民間信仰をめぐって 石毛直道, 松原正毅, 石森秀三, 鷹巣和則 [執筆]
憑霊信仰研究の回顧と展望 小松和彦 [執筆]
憑きもの 石塚尊俊 [執筆]
憑霊現象と特殊家系 桑田忠親, 島田成矩 [執筆]
狐持ちの発生を探る 速水保孝 [執筆]
14.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 1991.7
シリーズ名: 叢書・死の文化 ; 12
15.

図書

図書
五味文彦 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2000.10-2001.1
シリーズ名: ものがたり日本列島に生きた人たち ; 6-7
16.

図書

図書
小松和彦編 ; 小松和彦[ほか]著
出版情報: 京都 : 人文書院, 2000.9
17.

図書

図書
小松和彦責任編集
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2000-2001
18.

図書

図書
秋道智彌, 小松和彦, 中村康夫編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2010.2
シリーズ名: 人と水 ; 2
19.

図書

図書
秋道智彌, 小松和彦, 中村康夫編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2010.2
シリーズ名: 人と水 ; 3
20.

図書

図書
ロバート・アッカーマン著
出版情報: 京都 : 法藏館, 2009.2
21.

図書

図書
広島大学大学院総合科学研究科編 ; 小松和彦 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.6
シリーズ名: 叢書インテグラーレ ; 006
22.

図書

図書
五来重著
出版情報: 京都 : 法藏館, 2009.4
シリーズ名: 五来重著作集 / 五来重著 ; 第9巻
23.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 青玄社, 1986.10
24.

図書

図書
ロイ・ウィリス著 ; 小松和彦訳
出版情報: 東京 : 紀伊国屋書店, 1979.5
シリーズ名: 文化人類学叢書
25.

図書

図書
小松和彦, 栗本慎一郎[著]
出版情報: 東京 : 工作舎, 1982.9
26.

図書

図書
小松和彦 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 青弓社, 1988.5
27.

図書

図書
田丸徳善, 村岡空, 宮田登編集
出版情報: 東京 : 佼成出版社, 1972.10
シリーズ名: 日本人の宗教 / 田丸徳善 [ほか] 編 ; 1
目次情報: 続きを見る
祖霊と怨霊 小島瓔禮 [執筆]
死と生と共同体 山折哲雄 [執筆]
つきもの 小松和彦 [執筆]
性と信仰 澤村光博 [執筆]
ユートピア・世直し 小島信一 [執筆]
祖霊と怨霊 小島瓔禮 [執筆]
死と生と共同体 山折哲雄 [執筆]
つきもの 小松和彦 [執筆]
28.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 北斗出版, 1985.6
29.

図書

図書
小松和彦[ほか]著
出版情報: 東京 : 平凡社, 1986.5
シリーズ名: イメージ・リーディング叢書
30.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : 福武書店, 1989.8
シリーズ名: Fukutake Books ; 11
31.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 青土社, 1989.10
32.

図書

図書
小松和彦, 立松和平著
出版情報: 東京 : 朝日出版社, 1984.11
シリーズ名: Lecture books
33.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : 名著出版, 1985.6
シリーズ名: 日本昔話研究集成 / 関敬吾監修 ; 1
34.

図書

図書
小松和彦 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.8
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1830]
35.

図書

図書
小松和彦 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2015.7
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [2307]
36.

図書

図書
小松和彦 [ほか] 編集委員
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2004.12
37.

図書

図書
近藤功行, 小松和彦編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2008.3
目次情報: 続きを見る
第1部:遺制から見る死生観: 与論島における家と死生観 町健次郎 [著]
与論島の墓地を通して見る死生観 近藤功行 [著]
招魂儀礼から見る漢族の死生観 : 死の場所と霊魂観・祖先観の考察を中心に 蔡文高 [著]
シャーマニズムと死生観 塩月亮子 [著]
心身不調時の対処行動に見る死生観 : 秋田県北部における巫者と地域住民の諸相 安保英勇 [著]
白い着物に見る死生観 松村薫子 [著]
第2部:葬送儀礼の変遷: 与論島の葬法 町健次郎 [著]
沖縄における死の現在 : 火葬の普及・葬儀社の利用・僧侶への依頼 塩月亮子 [著]
中国漢族の葬法 蔡文高 [著]
日本の葬法と沖縄・与論の死生観 近藤功行 [著]
過程としての葬儀とその効率化 : 空間の移動の検討を通して 山田慎也 [著]
葬法の物質科学 寺澤昇久 [著]
第3部:現代日本の死生観: 与論島の自宅死亡 近藤功行 [著]
在宅死の減少・病院死 柳修平 [著]
人口高齢化の諸側面 高坂宏一 [著]
心理学から見る死生観 : その変化と機能 安保英勇 [著]
生死のかたち : 「日本人の死生観」と生命倫理 大林雅之 [著]
「在宅」と「外在化」 : 人と家 小島摩文 [著]
医師--患者関係における死生観の個別性 : 家族の存在について 木ノ上高章 [著]
生と死から考える保健 柳修平 [著]
葬法の新たなる試み 寺澤昇久 [著]
第4部:与論の情景が問うもの: 与論を起点とする死生観研究の課題 近藤功行 [著]
第1部:遺制から見る死生観: 与論島における家と死生観 町健次郎 [著]
与論島の墓地を通して見る死生観 近藤功行 [著]
招魂儀礼から見る漢族の死生観 : 死の場所と霊魂観・祖先観の考察を中心に 蔡文高 [著]
38.

図書

図書
宮田登 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 小学館, 1983.6
シリーズ名: 日本民俗文化大系 / 網野善彦 [ほか] 編 ; 第4巻
目次情報: 続きを見る
神と仏 : 民俗宗教の基本的理解 宮田登 [執筆]
日本シャーマニズムの特質と類型 佐々木宏幹 [執筆]
南島のシャーマン 山下欣一 [執筆]
女性司祭の伝統 上井久義 [執筆]
仏教の民間受容 伊藤唯真 [執筆]
神社と神道 中牧弘允 [執筆]
民衆の宗教 西垣晴次 [執筆]
魔と妖怪 小松和彦 [執筆]
呪(まじ)ないの原理 宮田登 [執筆]
呪術と民俗儀礼 小野重朗 [執筆]
神と仏 : 民俗宗教の基本的理解 宮田登 [執筆]
日本シャーマニズムの特質と類型 佐々木宏幹 [執筆]
南島のシャーマン 山下欣一 [執筆]
39.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2000.6
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 1
目次情報: 続きを見る
巫女考(抄) 柳田國男著
憑物系統に関する民族的研究 喜田貞吉著
平安朝における憑霊現象 酒向伸行著
江戸の悪霊除祓師 高田衛著
狐憑きから「脳病」「神経病」へ 川村邦光著
人狐持と大狐持 千葉徳爾著
動物憑依の諸相 中西裕二著
「いのれ・くすれ」 波平恵美子著
「イズナ」と「イズナ使い」 佐藤憲昭著
キツネつきをめぐる解釈 松岡悦子著
登校拒否と憑きもの信仰 香川雅信著
狐憑きの心性史 昼田源四郎著
都市における憑依現象 高橋紳吾著
沖縄の憑依現象 仲村永徳著
七人みさきに就て 桂井和雄著
諸国憑物問状答 堀一郎著
種子島呪術伝承 下野敏見著
岡山のシソ(呪詛)送り 三浦秀宥著
長野県遠山谷のコトノカミ送り 浮葉正親著
巫女考(抄) 柳田國男著
憑物系統に関する民族的研究 喜田貞吉著
平安朝における憑霊現象 酒向伸行著
40.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2011.9
41.

図書

図書
諏訪春雄 [ほか] 監修
出版情報: 東京 : 東京書籍, 2006.9-2007.3
42.

図書

図書
福田アジオ, 小松和彦編集
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1998.11
シリーズ名: 講座日本の民俗学 / 赤田光男 [ほか] 編 ; 1
43.

図書

図書
井上俊 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995.11
シリーズ名: 岩波講座現代社会学 / 井上俊 [ほか] 編 ; 3
目次情報: 続きを見る
他者・関係・コミュニケーション 大澤真幸 [執筆]
他我問題に訣別 大森荘蔵 [執筆]
独我論と他者 : あるいは宇宙の選択の問題 永井均 [執筆]
関係・構造の源泉 : 構造論的現象学からみた自他関係 小川侃 [執筆]
言語行為の構造 橋元良明 [執筆]
会話分析の方法 山田富秋 [執筆]
性的他者の可能性 樫村愛子 [執筆]
他者の経験 : 「できごと」としての愛 吉澤夏子 [執筆]
異人論 : 「異人」から「他者」へ 小松和彦 [執筆]
異文化理解とコミュニケーション 青木保 [執筆]
他者と関係の社会学 西原和久 [執筆]
他者・関係・コミュニケーション 大澤真幸 [執筆]
他我問題に訣別 大森荘蔵 [執筆]
独我論と他者 : あるいは宇宙の選択の問題 永井均 [執筆]
44.

図書

図書
本田義憲 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 勉誠社, 1991.5
シリーズ名: 説話の講座 / 本田義憲 [ほか] 編 ; 1
目次情報: 続きを見る
説話とは何か 本田義憲 [執筆]
説話の生成と伝承 : 世間話について 池上洵一 [執筆]
説話の変奏と創作 : 龍蛇・観音・母性 森正人 [執筆]
説話の位相 : 枠組としての"説話" 阿部泰郎 [執筆]
説話の場と語り : 比喩表現をめぐる 小峯和明 [執筆]
説話の話型・構造 小川豊生 [執筆]
説話の時間と空間 : 今昔をめぐって 荒木浩 [執筆]
説話の媒介者と享受者 : 表現形成の担い手として 竹村信治 [執筆]
説話と説話集 : 編纂・増補・抜書 千本英史 [執筆]
説話と歴史叙述 : 平安期説話集の歴史叙述をめぐって 前田雅之 [執筆]
説話の東西交渉 小堀桂一郎 [執筆]
説話の外来と土着 寺川真知夫 [執筆]
説話のトポス : 中世叡山をめぐる神話と伝説をめぐって 山本ひろ子 [執筆]
民俗のなかの説話 : 南島説話の一例から 福田晃 [執筆]
宗教儀礼と説話 小松和彦 [執筆]
国語史から見た説話文献 山口佳紀 [執筆]
説話とは何か 本田義憲 [執筆]
説話の生成と伝承 : 世間話について 池上洵一 [執筆]
説話の変奏と創作 : 龍蛇・観音・母性 森正人 [執筆]
45.

図書

図書
小松和彦, 香月洋一郎編集
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1998.1
シリーズ名: 講座日本の民俗学 / 赤田光男 [ほか] 編 ; 2
46.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 京都 : 人文書院, 1987.11
47.

図書

図書
国立歴史民俗博物館編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1997.8
シリーズ名: 歴博フォーラム / 国立歴史民俗博物館編
目次情報: 続きを見る
動物と人間をめぐる文化 小松和彦, 篠原徹 [執筆]
江戸時代人のイヌとのつきあい 塚本学 [執筆]
激動の近代中国 : ブタたちの場合 武田雅哉 [執筆]
西アジアにおける人間と動物 松井健 [執筆]
西洋世界の動物観 池上俊一 [執筆]
言語表彰における動物の寓意 : 西アフリカ・モシ社会の事例 川田順造 [執筆]
公開討論 : 人間社会における動物の位置 小松和彦, 篠原徹司会 ; 中村禎里, 松井章, 原田信男コメンテーター ; 塚本学, 武田雅哉, 松井健, 池上俊一, 川田順造パネラー
動物と人間をめぐる文化 小松和彦, 篠原徹 [執筆]
江戸時代人のイヌとのつきあい 塚本学 [執筆]
激動の近代中国 : ブタたちの場合 武田雅哉 [執筆]
48.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2013.3
49.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : 小学館, 1997.2
シリーズ名: 現代の世相 ; 5
目次情報: 続きを見る
神なき時代の祝祭空間 小松和彦 [著]
非聖化する家族と祝儀文化の衰退 石井研士 [著]
伝統的祭りの変貌と新たな祭りの創造 阿南透 [著]
盛り場と猥雑さのゆくえ 橋爪紳也 [著]
コンビニの民俗 高岡弘幸, 村上和弘 [著]
カラオケと現代人 朝倉喬司 [著]
現代海外旅行事情 大東敏治 [著]
町づくり・村おこしとふるさと物語 安井眞奈美 [著]
地域イベント発・偽祭のパフォーマンス 出島二郎 [著]
「ふるさと創生」の決算書 神崎宣武 [著]
神なき時代の祝祭空間 小松和彦 [著]
非聖化する家族と祝儀文化の衰退 石井研士 [著]
伝統的祭りの変貌と新たな祭りの創造 阿南透 [著]
50.

図書

図書
コルネリウス・アウエハント著 ; 小松和彦 [ほか] 共訳
出版情報: 東京 : せりか書房, 1979.10
51.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : せりか書房, 2010.9
シリーズ名: 妖怪文化叢書
52.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2000.8
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 3
目次情報: 続きを見る
河童の話 折口信夫著
河童の話 柳田國男著
座敷童子 千葉徳爾著
河童が火を乞う昔話 野村純一著
建築儀礼と人形 : 河童起源譚と大工の女人犠牲譚をめぐって 神野善治著
妖怪の交響楽 : 奄美・加計呂麻島における妖怪譚の構造分析試論 川田牧人著
河童の荒魂(抄) 若尾五雄著
河童 : イメージの形成 小松和彦著
木子としての傀儡子 神野善治著
河童の誕生 その他 中村禎里著
河童相撲考 : 「歴史民俗資料学」のエチュード 小馬徹著
河童をヒヤウスベと謂うこと 毛利龍一著
河童資料断片 小池直太郎著
河童の妙薬 中田千畝著
ケンモン(奄美大島) 金久正著
肥後葦北のヤマワロ 丸山学著
河童考 楳垣実著
日向の河童伝承 : 伝承存在と意識 矢口裕康著
河童の話 折口信夫著
河童の話 柳田國男著
座敷童子 千葉徳爾著
53.

図書

図書
篠原徹編
出版情報: 東京 : 柏書房, 2001.5
目次情報: 続きを見る
金関丈夫と『民俗台湾』 : 民俗調査と優生政策 小熊英二 [執筆]
アイヌ「滅亡」論の諸相と近代日本 木名瀬高嗣 [執筆]
「土人」論 : 「土人」イメージの形成と展開 中村淳 [執筆]
陵墓の近代 : 皇霊と皇室財産の形成を論点に 高木博志 [執筆]
鳥居龍蔵・千島アイヌ・考古学 宇田川洋 [執筆]]
南洋に渡った壮士・森小弁 : 「南洋群島」以前の日本・ミクロネシア交流史の一断面 小松和彦 [執筆]
日本における近代人類学の形成と発展 清水昭俊 [執筆]
「民族」の認識と日本民俗学の形成 : 柳田國男の「自民族」理解の推移 岩本通弥 [執筆]
「日本民俗学」から多文化主義民俗学へ 島村恭則 [執筆]
金関丈夫と『民俗台湾』 : 民俗調査と優生政策 小熊英二 [執筆]
アイヌ「滅亡」論の諸相と近代日本 木名瀬高嗣 [執筆]
「土人」論 : 「土人」イメージの形成と展開 中村淳 [執筆]
54.

図書

図書
楊暁捷, 小松和彦, 荒木浩編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2013.7
目次情報: 続きを見る
デジタル人文学の現在 : 本書の解題をかねて 楊暁捷 [執筆]
図書館が資料をデジタル化するということ : 国立国会図書館のデジタルアーカイブ 大場利康 [執筆]
だれでも楽しめるデジタルアーカイブを目指して : 国立文化財機構「e国宝」 村田良二 [執筆]
電子資料館事業の現在と未来 : 国文学研究資料館のデジタルデータベース構築 海野圭介 [執筆]
小規模大学での地域に密接した画像公開の取り組み : 奈良女子大学「奈良地域資料画像データベース」の場合 千本英史 [執筆]
魅力的なデータベースとは何か : 日文研の怪異・妖怪関係データベースをめぐって 小松和彦 [執筆]
日本古典画像資料を含む主なデジタルリソース 楊暁捷 [執筆]
「国文学」のミレニアム : レトロ-プロスペクティブなデジタル元年 荒木浩 [執筆]
史料校訂に関わるデジタル環境 藤原重雄 [執筆]
デジタル時代における博物館コレクションの表現 : 歴史的な視角から 田良島哲 [執筆]
傑作はどこへ消えた? : デジタル複製による文化財の置換問題を考える 山田奨治 [執筆]
デジタル画像における史料改竄の問題 : 被差別地域の地名表記の問題をめぐって 千本英史 [執筆]
「ウィキ絵巻」開発記 楊暁捷 [執筆]
デジタル・ヒューマニティーズと教育 : 人材育成の必要性とデジタルアーカイブのサスティナビリティー 赤間亮 [執筆]
Linked Open Dataと学術・文化情報の流通 大向一輝 [執筆]
持続可能なデジタル・アーカイブの可能性 森洋久 [執筆]
『日本常民生活絵引』の再生 : 「絵画物語論」のために 小峯和明 [執筆]
デジタル社会における奈良絵本・絵巻研究 石川透 [執筆]
「頼政」面を溯る : 能・狂言面データベースの可能性 大谷節子 [執筆]
デジタル人文学の現在 : 本書の解題をかねて 楊暁捷 [執筆]
図書館が資料をデジタル化するということ : 国立国会図書館のデジタルアーカイブ 大場利康 [執筆]
だれでも楽しめるデジタルアーカイブを目指して : 国立文化財機構「e国宝」 村田良二 [執筆]
55.

図書

図書
小松和彦編著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2011.4
シリーズ名: 角川選書 ; 487
目次情報: 続きを見る
妖怪とは何か 小松和彦 [執筆]
妖怪の思想史 香川雅信 [執筆]
記録の中の妖怪 大森亮尚 [執筆]
説話文学の中の妖怪 伊藤慎吾 [執筆]
お伽草子と妖怪 徳田和夫 [執筆]
妖怪の出現する場所 佐々木高弘 [執筆]
妖怪画の系譜 小松和彦 [執筆]
娯楽と妖怪 香川雅信 [執筆]
妖怪の博物誌 伊藤龍平 [執筆]
「口承」の中の妖怪 飯倉義之 [執筆]
妖怪とは何か 小松和彦 [執筆]
妖怪の思想史 香川雅信 [執筆]
記録の中の妖怪 大森亮尚 [執筆]
56.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 青土社, 1985.7
57.

図書

図書
湯浅泰雄編集
出版情報: 東京 : 春秋社, 1989.2
シリーズ名: 大系仏教と日本人 / 井上光貞, 上山春平監修 ; 3
目次情報: 続きを見る
総論 : 修行と修法の歴史心理学 湯浅泰雄 [執筆]
仏教修行と解脱の構造 黒木幹夫 [執筆]
密教修行の方法と思想 : その基底にあるもの 岡村圭真 [執筆]
即身成仏の身体論 : スピードと超越 鎌田東二 [執筆]
悪霊祓いの儀礼、悪霊の物語 : 憑霊信仰の一断面 小松和彦 [執筆]
往生伝における生死 田中元 [執筆]
仏教と医学 小田晋 [執筆]
都市型新宗教の心なおし : ひとのみち教団の心理療法的救済信仰 島薗進 [執筆]
総論 : 修行と修法の歴史心理学 湯浅泰雄 [執筆]
仏教修行と解脱の構造 黒木幹夫 [執筆]
密教修行の方法と思想 : その基底にあるもの 岡村圭真 [執筆]
58.

図書

図書
桜井徳太郎編
出版情報: 東京 : 有精堂出版, 1979.7
シリーズ名: 講座日本の民俗 ; 7
目次情報: 続きを見る
総説 桜井徳太郎著
宮座と講 西垣晴次著
山の神と里神 鈴木昭英著
山岳信仰と修験道 宮家準著
祟り神・流行神 伊藤唯真著
怨霊の機能 桜井徳太郎著
イタコとオシラ神 高松敬吉著
憑きもの 小松和彦著
禁忌・呪い 藤井正雄著
ウタキ信仰 植松明石著
マレビト 鈴木満男著
総説 桜井徳太郎著
宮座と講 西垣晴次著
山の神と里神 鈴木昭英著
59.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 2015.1
シリーズ名: 国際シンポジウム ; 45
目次情報: 続きを見る
妖怪研究の新たな出発にむけて : 若干の回顧と展望 = Toward a new departure in yōkai research : retrospect and outlook 小松和彦 [執筆]
なつかしさにつながっている : 現在の否定としての妖怪の存在理由 = Connecting to nostalgia : the raison d'être of yōkai as denial of the present 菊地章太 [執筆]
未知との遭遇 : 脅威と怪異の比較研究 = Encounter with the unknown : comparative study of the marvellous(kyōi) and uncanny(kaii) 山中由里子 [執筆]
日本人の「幽霊」のイメージとインド人の「幽霊」のイメージ : その類似点と相違点 = Japanese images of yūrei and Indian images of bhoot : resemblances and differences プラット アブラハム ジョージ [執筆]
闇の中の妖怪・妖怪の中の闇 = The yōkai within the darkness, the darkness within the yōkai ラルカ ニコラエ [執筆]
天狗食日(月)考 = A study of "tengu eating the sun (moon)" 王鑫 [執筆]
天狗の話 : 『天狗の内裏』における六道案内 = A tengu tale : traveling the six realms in the palace of the tengu ケラー キンブロー [執筆]
天狗説話の展開 : 「愛宕」と「是害房」 = Development of tengu tales : Atago and Zegaibō 久留島元 [執筆]
『長谷雄草紙』 : 鬼と学者と鬼造美女 = The Tale of Lord Hase : literati, demons, and beaty created from dead bodies リーダー 津野田典子 [執筆]
鍋と釜 : 『百鬼夜行絵巻』に見る神事の位相 = The cauldron and the iron pot : aspects of shinto ritual in the Hyakki yagyō emaki 名倉ミサ子 [執筆]
江戸の三大改革と妖怪文化 = The three major reforms of Edo and the culture of yōkai 香川雅信 [執筆]
17世紀前後における日本の「妖怪」観 : 妖怪・化物・化生の物 = Japanese views of Yōkai around the seventeenth century : yōkai, bakemono, keshō-no-mono 木場貴俊 [執筆]
江戸期の妖怪図像に見られる地獄絵・九相図の影響 = The influence of "Jigoku-e" and "Kusōzu" on Edo-period illustrations of yōkai 今井秀和 [執筆]
江戸の見立化物 : 『古今妖物狐心学』、心学の化物 = Edo's selected bakemono : Kokon bakemono kitsune shingaku, "bakemono" in the shingaku("heart learning") 門脇大 [執筆]
「幽霊」の古層 : 江戸の庶民文化にはじまるもの = Old rayers of yūrei : origins in popular Edo culture 堤邦彦 [執筆]
怨まない幽霊たち : 後期鏡花小説の幽霊像 = Non-vengeful yūrei : images of yūrei in Izumi Kyōka's late novels 清水潤 [執筆]
彷徨する復員兵 : 黒澤映画の中の「幽霊」を中心に = Roaming demobilized soldiers : centering on the yūrei in Kurosawa films 志村三代子 [執筆]
幽霊の物語から霊感の話へ : 現代日本の世相の解読 = From ghost stories to inspirational tales of spirits : reading the times of modern Japan 高岡弘幸 [執筆]
蛇抜けと法螺抜け : 天変地異を起こす怪物 = "Ja-nuke" and "Hora-nuke" : monsters that cause natural disasters 齊藤純 [執筆]
『薛公瓚傳(ソルゴンチャンジョン)』と韓国の憑依譚 = Seol gong chan jeon and the Korean story of spirit possession 高永爛 [執筆]
「鬼」でもなく「神」でもなく : 台湾の「モシナ」伝承 = Neither "guei" nor "shen" : legends of Mosina in Taiwan 伊藤龍平 [執筆]
比較文化的に見た歌舞伎の妖怪 : 九尾の狐を中心に = Yōkai in Kabuki in comparative cultural perspective : with focus on the nine-tailed fox 横山泰子 [執筆]
妖怪研究の新たな出発にむけて : 若干の回顧と展望 = Toward a new departure in yōkai research : retrospect and outlook 小松和彦 [執筆]
なつかしさにつながっている : 現在の否定としての妖怪の存在理由 = Connecting to nostalgia : the raison d'être of yōkai as denial of the present 菊地章太 [執筆]
未知との遭遇 : 脅威と怪異の比較研究 = Encounter with the unknown : comparative study of the marvellous(kyōi) and uncanny(kaii) 山中由里子 [執筆]
60.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : せりか書房, 2009.10
シリーズ名: 妖怪文化叢書
61.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : せりか書房, 2006.10
目次情報: 続きを見る
異界の風景 : トンネルの向こうの「不思議の町」 佐々木高弘 [執筆]
ケータイする異界 : 怪異譚の現在 高岡弘幸 [執筆]
ツチノコ論序説 : 妖怪・幻獣・未確認生物 伊藤龍平 [執筆]
みえる狐、みえない狸 : 計量妖怪学の第一歩 山田奨治 [執筆]
戦死者の亡霊と異界 川村邦光 [執筆]
天竺観の変容 : お伽草子からいざなぎ流祭文へ 小松和彦 [執筆]
妖怪としての貨幣 : 金霊(かねだま)をめぐって 香川雅信 [執筆]
明治期の新聞にみる怪異記事の動向と諸相 湯本豪一 [執筆]
遊離霊魂論 岩田重則 [執筆]
法螺貝あらわる : 怪異・妖怪伝承データベースを使う 齋藤純 [執筆]
猟師と異界 永松敦 [執筆]
戸隠山の鬼 : 修験道の鬼と文芸の鬼 内藤正敏 [執筆]
物部の葬送習俗といざなぎ流祈禱 : 境界的時空における儀礼の考察 松尾恒一 [執筆]
頤をとく祭と殺人祭のあいだ : 福井県小浜市矢代の「観音堂縁起文書」をめぐって 橘弘文 [執筆]
日本におけるオシラサマ信仰の重層性について 色音 [執筆]
追放か昇進か : 呪(まじな)い歌の思想的背景を探る ハルトムート・O・ロータモント [執筆]
異国文化としての日本の民俗 : 朝鮮通信使が見た日本のお盆 魯成煥 [執筆]
ジャータカ物語に見られる異界観 アニタ・カンナ [執筆]
中国の祭りと仮面劇に来臨する神々の物語 : 将軍と神兵 廣田律子 [執筆]
死者から神へ : 沖縄の死者儀礼と生と死の境界期間 エフゲーニー・バクシェエフ [執筆]
東アジアのシャーマンを考えるにあたって : ポストモダンの世界の中で 佐々木伸一 [執筆]
異界の風景 : トンネルの向こうの「不思議の町」 佐々木高弘 [執筆]
ケータイする異界 : 怪異譚の現在 高岡弘幸 [執筆]
ツチノコ論序説 : 妖怪・幻獣・未確認生物 伊藤龍平 [執筆]
62.

図書

図書
折口信夫ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2000.12
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 5
目次情報: 続きを見る
天狗への憧れと期待 馬場あき子著
猿田彦考 柴田實著
相応和尚と愛宕山の太郎坊 : 説話の歴史 小峯和明著
天狗と仏法 森正人著
愛宕山と天狗 村山修一著
『天狗草紙』を読む : 天狗跳梁の時代 原田正俊著
崇徳上皇 谷川健一著
加賀・能登の天狗伝説考 小倉學著
天狗と庶民信仰 五来重著
幽冥界覚書 荒俣宏著
天狗伝承とその背景 宮本袈裟雄著
天狗の図像学 宮本袈裟雄著
天狗と戦争 : 戦時下の精神誌 岩田重則著
鷽替え神事と山姥 折口信夫著
「食わず女房」と女の家 五来重著
他者の原像 : 人見知りをめぐっての鬼と山姥の考察 大橋秀夫著
霊山の棄老と養老 山上伊豆母著
金太郎の母 : 山姥をめぐって 川村邦光著
天狗への憧れと期待 馬場あき子著
猿田彦考 柴田實著
相応和尚と愛宕山の太郎坊 : 説話の歴史 小峯和明著
63.

図書

図書
折口信夫ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2000.10
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 4
目次情報: 続きを見る
春来る鬼 折口信夫著
春来る鬼 : 秋田にのこる奇習 折口信夫著
鬼の誕生 馬場あき子著
修正会の変容と地方伝播 山路興造著
蓑着て笠着て来る者は… : もう一つの「まれびと」論に向けて 小松和彦著
酒呑童子異聞(抄) 佐竹昭広著
「酒天童子」考 天野文雄著
「百鬼夜行」譚 伊藤昌広著
雨月の夜の鬼たち 高田衛著
羅城門の鬼, 朱雀門の鬼 : 古代都市における権力産出装置としての楼上空間 深沢徹著
鬼の子孫の一解釈 : 宗教社会学的考察 池田昭著
鬼と名楽器をめぐる伝承 稲垣泰一著
弥三郎婆 谷川健一著
大江山と「鬼」説話 高橋昌明著
丹後の麻呂子親王伝説と酒呑童子 中野玄三著
絵巻のなかの鬼 : 吉備大臣と「鬼」 黒田日出男著
鬼と山人と 折口信夫著
山と鬼 和歌森太郎著
鬼と金工 若尾五雄著
「鬼の子小綱」の原点 五来重著
鬼が演じる祭礼芸能 : 『大江山絵詞』雑感 橋本裕之著
鬼の原風景 : 津軽岩木山の鬼神 内藤正敏著
春来る鬼 折口信夫著
春来る鬼 : 秋田にのこる奇習 折口信夫著
鬼の誕生 馬場あき子著
64.

図書

図書
小松和彦編
出版情報: 東京 : 小学館, 2003.4
65.

図書

図書
宮田登著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2006.5
シリーズ名: 宮田登日本を語る / 宮田登著 ; 4
66.

図書

図書
小松和彦 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 1994.3
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; 1115
67.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : せりか書房, 2002.7
68.

図書

図書
五来重 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 弘文堂, 1979.9
シリーズ名: 講座日本の民俗宗教 / 五来重 [ほか] 編 ; 3
目次情報: 続きを見る
総説 宮田登 [執筆]
自然崇拝と神 小島瓔禮 [執筆]
カミ(精霊)と神 岩田慶治 [執筆]
祖霊信仰の観念 藤井正雄 [執筆]
霊魂論 : 「タタリ」から「祟り」へ 山折哲雄 [執筆]
葬送儀礼と他界 赤田光男 [執筆]
山中他界観 白石昭臣 [執筆]
海上他界観 : 南島文化の祭祀的世界から 村武精一 [執筆]
山の神 堀田吉雄 [執筆]
田の神と稲荷 直江廣治 [執筆]
水の神 小野重朗 [執筆]
漂着神 : 能登半島を中心として 小倉学 [執筆]
御霊神 柴田實 [執筆]
荒神 三浦秀宥 [執筆]
道祖神と性神 土井卓治 [執筆]
オシラ神 三崎一夫 [執筆]
庚申 小花波平六 [執筆]
福神と厄神 紙谷威広 [執筆]
妖怪 : 山姥をめぐって 小松和彦 [執筆]
総説 宮田登 [執筆]
自然崇拝と神 小島瓔禮 [執筆]
カミ(精霊)と神 岩田慶治 [執筆]
69.

図書

図書
C. アウエハント著 ; 小松和彦 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.6
シリーズ名: 岩波文庫 ; 白(34)-227-1
70.

図書

図書
中村雄二郎, 小松和彦著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.3
シリーズ名: 21世紀へのキーワード : インターネット哲学アゴラ
71.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2000.7
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 2
目次情報: 続きを見る
妖怪変化の沿革 江馬務著
妖怪 今野圓輔著
妖怪と信仰 井之口章次著
付喪神 澁澤龍彦著
妖怪画と博物学 中沢新一著
髪切りの怪 野口武彦著
日本における「化物屋敷」観 橋爪紳也著
百物語 : その成立とひろがり 武田正著
芝居と俗信・怪猫物の世界 : 『獨道中五十三驛』試論 横山泰子著
化物尽の黄表紙の考察 : 化物の概念をめぐって アダム・カバット著
女と妖怪 宮田登著
ミカワリバアサンと八日ゾ 岩堀喜美子著
七尋女房 : 山陰の妖怪考 1/ 酒井董美著
伝説と共同体のメンタルマップ : 徳島県美馬郡脇町の「首切れ馬」伝説を事例に 佐々木高弘著
狸とデモノロジー 柳田國男著
妖怪と現代文化 小松和彦著
話の行方 : 「口裂け女」その他 野村純一著
子どもと妖怪 : 学校のトイレ空間と怪異現象 常光徹著
小豆洗い 清水時顕(中山太郎)著
小豆洗いに就て 大野芳宜(柳田國男)著
小豆とぎ 大藤時彦著
影わに・犬神・牛鬼・河童 : 石見邇摩郡温泉津 山崎里雨著
石見牛鬼譚 岡田建文著
土佐の山村の「妖物と怪異」 桂井和雄著
琉球妖怪変化種目 : 附民間説話及俗信 金城朝永著
船幽霊など 桜田勝徳著
船幽霊の型 花部英雄著
中国地方のミサキ 三浦秀宥著
かまいたち談義 大竹信雄著
一目連のこと 関口武著
妖怪変化の沿革 江馬務著
妖怪 今野圓輔著
妖怪と信仰 井之口章次著
72.

図書

図書
赤田光男, 小松和彦編集
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1997.7
シリーズ名: 講座日本の民俗学 / 赤田光男 [ほか] 編 ; 7
73.

図書

図書
小松和彦, 野本寛一編集
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1999.8
シリーズ名: 講座日本の民俗学 / 赤田光男 [ほか] 編 ; 8
74.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : せりか書房, 2006.3
75.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.2
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 6
目次情報: 続きを見る
幽霊思想の変遷 柳田國男著
怨霊から御霊へ : 中世的死霊観の展開 櫻井徳太郎著
幽霊の条件 池田弥三郎著
幽霊, 出現の意味と構造 安永寿延著
幽霊とは何か 諏訪春雄著
円朝における身ぶりと象徴 鶴見俊輔著
化物屋敷考 宮田登著
さかさまの幽霊 服部幸雄著
応挙の幽霊 : 円山四条派を含めて 河野元昭著
幽霊の「像」の変遷 高田衛著
累曼陀羅 服部幸雄著
累とお岩 川村湊著
幽霊の変貌 : 東海道四谷怪談の方法 廣末保著
怪談の発生 : 文学史の側から 高田衛著
産女ノート : 文芸がとらえた産女とその周辺 西田耕三著
幽霊出産譚 花部英雄著
幽婚譚の系譜 : 通幻伝説を中心に 花部英雄著
禅僧と奇談文芸 : 『因果物語』と禅林呪法の世界 : 近世仏教怪異譚の原像 堤邦彦著
水と女の世間話 : お姫坂の怪をめぐって 山田厳子著
創造される伝説 : 名護屋城周辺地域の秀吉伝説 原英子著
死霊とミサキ : 備前南部の死神伝承 小嶋博巳著
幽霊思想の変遷 柳田國男著
怨霊から御霊へ : 中世的死霊観の展開 櫻井徳太郎著
幽霊の条件 池田弥三郎著
76.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 洋泉社, 1998.5
77.

図書

図書
秋道智彌, 小松和彦, 中村康夫編
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2010.2
シリーズ名: 人と水 ; 1
78.

図書

図書
倉石あつ子, 小松和彦, 宮田登編
出版情報: 東京 : 小学館, 2000.4
79.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 小学館, 1994.8
80.

図書

図書
柳田國男ほか著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.5
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 7
目次情報: 続きを見る
人柱と松浦佐用媛 柳田國男著
八岐の大蛇(抄) 肥後和男著
献身のフォルク 宮田登著
イケニヘについて : 神話と象徴 西郷信綱著
人柱と築堤工法 若尾五雄著
人身御供譚への序章 赤坂憲雄著
イケニヘ譚の発生 : 縄文と弥生のはざまに 三浦佑之著
イケニヘ祭祀の起源 : 供犠論の日本的展開のために 中村生雄著
遍路や六部などの持ち金を盗んだ家筋の話 桂井和雄著
よそ者・来訪者の観念 吉田禎吾著
異人殺しのフォークロア : その構造と変容 小松和彦著
異人殺し伝承の創造 : 若者たちの語る怪談と「こんな晩」 常光徹著
「家」の盛衰 : 「異人殺し」のフォークロア 矢野敬一著
人柱と松浦佐用媛 柳田國男著
八岐の大蛇(抄) 肥後和男著
献身のフォルク 宮田登著
81.

図書

図書
山折哲雄, 川村邦光編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1999.7
目次情報: 続きを見る
縄文と弥生の心性を読み解くための方法序説 山折哲雄 [執筆]
カミとホトケ : 八幡・天神・稲荷 林淳 [執筆]
ノロイ・タタリ・イワイ 小松和彦 [執筆]
他界の構図 : 地獄と極楽の原風景 川村邦光 [執筆]
イノチと救い : 二元的宗教構造の理論枠組みを超えて 島薗進 [執筆]
民俗宗教研究と「ジェンダー」という方法 井桁碧 [執筆]
民俗宗教の複合性と霊威的次元 池上良正 [執筆]
民俗の知 : からだ・ことば・こころ 川村邦光 [執筆]
評価される身体、あるいは民俗宗教の臨界 橋本裕之 [執筆]
血と性 : 浄穢と貴賤 武見李子 [執筆]
物語・祭祀・権力 : 『風土記』の地名伝承をめぐって 赤坂憲雄 [執筆]
夢の回路 : 籠りと巡り 真野俊和 [執筆]
縄文と弥生の心性を読み解くための方法序説 山折哲雄 [執筆]
カミとホトケ : 八幡・天神・稲荷 林淳 [執筆]
ノロイ・タタリ・イワイ 小松和彦 [執筆]
82.

図書

図書
柳田國男 [ほか] 著 ; 小松和彦編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2001.6
シリーズ名: 怪異の民俗学 / 小松和彦責任編集 ; 8
目次情報: 続きを見る
記号と境界 山口昌男著
妖怪のトポロジー 宮田登著
四つ辻とあの世 高取正男著
厠考 : 異界としての厠 飯島吉晴著
辻についての一考察 笹本正治著
村境の象徴論的意味 八木康幸著
「賽の河原」考 本田和子著
かはたれ時 柳田國男著
黎明 : 原始的想像力の日本的構造 益田勝実著
生と死の境界 小松和彦著
生杖と占杖 : 一つの覚書 松村武雄著
遊行的なるもの(抄) 廣末保著
境にひびく音 宮田登著
節分の籠 近藤直也著
神隠しと鉦や太鼓 笹本正治著
境界にたたずむ子ども・老人 : 泣き声に聴く 森下みさ子著
鶏と雷公(頼光) 高橋昌明著
境界の呪具 : 箒 常光徹著
記号と境界 山口昌男著
妖怪のトポロジー 宮田登著
四つ辻とあの世 高取正男著
83.

図書

図書
小松和彦著
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2020.5
シリーズ名: 中公新書ラクレ ; 687