close
1.

図書

図書
山田慶兒, 阪上孝編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995.4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
現代日本において学問はいかにして可能か : 富永仲基の言説批判と相対主義の問題 山田慶兒 [執筆]
文学についての学問は可能か : 漱石にみる文学と科学 大浦康介 [執筆]
基礎論、あるいは無限を語ることについて : 数学と哲学を題材に 鈴木啓司 [執筆]
言葉の背面 : 笑いの自己言及機能について 谷泰 [執筆]
古代インド宗教歌詠の思想性 : 哲学生成の一断面 藤井正人 [執筆]
歌の上演における独唱形態と合唱形態 : 世阿弥『習道書(シュドウショ)』の一節を読むためのモデル 藤田隆則 [執筆]
詩歌の起源と変転 : 人文学における詩学の位置とその課題 宇佐美斉 [執筆]
人文学の問題構成 : オーギュスト・コントの学問分類 阪上孝 [執筆]
人類学のパラダイム転換 : エヴァンス=プリチャードとリーチをめぐって 田中雅一 [執筆]
「都市革命」あるいは都市社会の成立 : 古代メソポタミアにおける 前川和也 [執筆]
ソロモンの館へようこそ : 社会装置としての学問をめぐって 富永茂樹 [執筆]
教養人としての「研究者」 : ヴィクトリア時代における知識人像の転換 光永雅明 [執筆]
旅する文化、転位する人文学 : 差異の文化政治学へ向けて 水嶋一憲 [執筆]
現代日本において学問はいかにして可能か : 富永仲基の言説批判と相対主義の問題 山田慶兒 [執筆]
文学についての学問は可能か : 漱石にみる文学と科学 大浦康介 [執筆]
基礎論、あるいは無限を語ることについて : 数学と哲学を題材に 鈴木啓司 [執筆]
2.

図書

図書
田中雅一, 奥山直司編
出版情報: 京都 : 晃洋書房, 2013.3
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告 ; . コンタクト・ゾーンの人文学 = Contact zone||コンタクト・ゾーン ノ ジンブンガク ; 4
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
田中雅一, 稲葉穣編
出版情報: 京都 : 晃洋書房, 2011.4
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告 ; . コンタクト・ゾーンの人文学 = Contact zone||コンタクト・ゾーン ノ ジンブンガク ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ヘラートの「カーマ・スートラ」 : 中世アフガニスタンにおけるトランスカルチェレイション 稲葉穣著
ミュージアム展示をめぐる人びと : 広島県呉市・大和ミュージアムを事例に 福西加代子著
近隣社会としてのスラム : ムンバイの事例から ラーフル・シュリヴァスタヴァ著 ; 常田夕美子, 松川恭子訳
ヒンドゥー寺院司祭の居住空間にみる浄・不浄 : 南インド・チダンバラムを事例に 飯塚真弓著
コンタクト・ゾーンとしての飲酒空間 : エチオピア農村部コンタ特別郡の事例から 山野香織著
コンタクト・ゾーンからみるインド料理 : 国民料理の形成と記述をめぐって 田口陽子著
コンタクト・ゾーンにおける食文化の表象 : 沖縄・南米文化接触地域のエスニックフード・ビジネスから 安井大輔著
ファッション・コンタクト・ゾーンとしての原宿 フィロメナ・キート著;サベジ佐和訳
ファッションとしての日本 : 「ファッショナブル」に関する現代的考察 小野原教子著
霜降りゾーンにおけるコンタクトとコンフリクト ティナ・ペナワ著;サベジ佐和訳
接触領域を誘発し演出するトルコ絨毯 田村うらら著
ヘラートの「カーマ・スートラ」 : 中世アフガニスタンにおけるトランスカルチェレイション 稲葉穣著
ミュージアム展示をめぐる人びと : 広島県呉市・大和ミュージアムを事例に 福西加代子著
近隣社会としてのスラム : ムンバイの事例から ラーフル・シュリヴァスタヴァ著 ; 常田夕美子, 松川恭子訳
4.

図書

図書
田中雅一, 船山徹編
出版情報: 京都 : 晃洋書房, 2011.4
シリーズ名: 京都大学人文科学研究所共同研究報告 ; . コンタクト・ゾーンの人文学 = Contact zone||コンタクト・ゾーン ノ ジンブンガク ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
コンタクト・ゾーンの人文学へ 田中雅一著
コンタクト・ゾーンとしての文化人類学的フィールド : 占領下の日本で実施された米国文化人類学者の研究を中心に 谷口陽子著
文化接触としての仏典漢訳 : 「格義」と「聖」の序論的考察 船山徹著
コンタクト・ゾーンとしてのライフ・ストーリー調査 : 第二言語での聞き取りにまつわる方法論的考察 酒井朋子著
イギリスでコンタクト・ゾーンを考える : グラストンベリーにおける文化人類学的調査を事例として 河西瑛里子著
接触領域における調査者のポジショナリティ : 獅子舞集団との映像制作のプロセスを通じて 岩谷洋史著
音楽をつくる : 現代的チベット音楽の制作現場 山本達也著
コンタクト・ゾーンとしての占領期ニッポン : 「基地の女たち」をめぐって 田中雅一著
コンタクト・ゾーンに生きる女たち : 在韓米兵相手のフィリピン女性「エンターテイナー」の場合 徐玉子著
越境に生きる日本人女性たち : 米軍基地をめぐるつきあい関係 宮西香穂里著
「他者」とともにある日常 : インドにおけるコンタクト・ゾーンとしての国際結婚 松尾瑞穂著
コンタクト・ゾーンの人文学へ 田中雅一著
コンタクト・ゾーンとしての文化人類学的フィールド : 占領下の日本で実施された米国文化人類学者の研究を中心に 谷口陽子著
文化接触としての仏典漢訳 : 「格義」と「聖」の序論的考察 船山徹著