close
1.

図書

図書
[沼野充義ほか著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.10
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 3
目次情報: 続きを見る
まえがき : これから先も当分死ぬことのない小説のために 沼野充義著
ギリシア・ローマの小説 中務哲郎著
平安時代の「物語」と物語文学 兵藤裕己著
西鶴 : 経済社会の小説 日暮聖著
「ロビンソン・クルーソー」と小説の生成 仙葉豊著
フランス近代小説論 : 取捨選択のドラマ 鷲見洋一著
小説の身体 : 一九世紀ロシア小説における<作者>と<主人公> 番場俊著
ドイツ二〇世紀小説にみられたある感受性の革命 三原弟平著
東アジアにおける魯迅 藤井省三著
二〇世紀「アメリカ」小説論 : フォークナーとピンチョン 越川芳明著
ラテンアメリカ文学 : 小説、起源への回帰 木村榮一著
近代小説における<語り>の問題 : 谷崎潤一郎「卍」を手がかりとして 金子明雄著
自伝のかたち : 「わたし」と「記憶」をめぐって 石川美子著
ヌーヴォー・ロマン論 : 虚構の運動をめぐって 江中直紀著
まえがき : これから先も当分死ぬことのない小説のために 沼野充義著
ギリシア・ローマの小説 中務哲郎著
平安時代の「物語」と物語文学 兵藤裕己著
2.

図書

図書
[富山太佳夫ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.12
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 6
目次情報: 続きを見る
まえがき : パロディ変幻 富山太佳夫 [著]
グリムの「メルヒェン集」 : 近代国民国家の創出をめぐって 池田香代子 [著]
モモとゲド 清水眞砂子 [著]
カルヴィーノとイタリア民話の想像力 和田忠彦 [著]
妖しい文字の物語 : 「風の又三郎」を読む 吉田文憲 [著]
「声」の残り : 小川未明と新美南吉 宮川健郎 [著]
少女の世界 : 二〇世紀「少女小説」の行方 久米依子 [著]
国語教科書の修辞学 石原千秋 [著]
面白がりて寄りてみるに : 探偵小説と一九二〇年代のクリスティについてのノート 高橋和久 [著]
ミステリーが言説化されるとき : 黒岩涙香『無惨』のディスクール 内田隆三 [著]
新たな物語の測量者ジュール・ヴェルヌ 芳川泰久 [著]
立川文庫の成立 : 『荒木又右衛門』の場合 延広真治 [著]
あるラディカルな相対主義者の肖像 : スタニスワワ・レム論 沼野充義 [著]
スパイ小説の政治 : 『ロシアから愛をこめて』の機略 吉田司雄 [著]
まえがき : パロディ変幻 富山太佳夫 [著]
グリムの「メルヒェン集」 : 近代国民国家の創出をめぐって 池田香代子 [著]
モモとゲド 清水眞砂子 [著]
3.

図書

図書
沼野充義 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2004.5
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 別巻
4.

図書

図書
沼野充義編著
出版情報: 東京 : 光文社, 2012.1
シリーズ名: 対話で学ぶ「世界文学」連続講義 ; [1]
5.

図書

図書
小林康夫, 松浦寿輝編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2000.3
シリーズ名: 表象のディスクール / 小林康夫, 松浦寿輝編 ; 2
目次情報: 続きを見る
記号と出来事 : テクストという危機 : 第2巻のためのプロレゴメナ 小林康夫 [執筆]
表象の遅延装置としてのテクスト 阿部良雄 [執筆]
ロートマン的テクスト論の射程 桑野隆 [執筆]
レオナルドの教え : アンドレ・ブルトンの3つのテクストにおける描写と投影の問題 竹内孝宏 [執筆]
あなたは花や葉に満ちた枝のように : ユーリイ・オレーシャの比喩と人生 沼野充義 [執筆]
ドストエフスキーの「気分体」人間 中村健之介 [執筆]
文学的行為 : ドストエフスキー『貧しき人々』をめぐって 番場俊 [執筆]
世界に羽ばたく鸚鵡たち : フィクションのある小道具について 赤塚若樹 [執筆]
『豊饒の海』 : あるいは型に嵌められた現実 根本美作子 [執筆]
固着と転位 : 志賀直哉というテクスト 山田広昭 [執筆]
暴君の教訓 高田康成 [執筆]
振舞と模倣 : 「叙事演劇」とその演技論に寄せて 高橋宗五 [執筆]
物語る人びと : 中世ヨーロッパの文芸受容について 一條麻美子 [執筆]
記号と出来事 : テクストという危機 : 第2巻のためのプロレゴメナ 小林康夫 [執筆]
表象の遅延装置としてのテクスト 阿部良雄 [執筆]
ロートマン的テクスト論の射程 桑野隆 [執筆]
6.

図書

図書
[沼野充義ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.8
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 8
目次情報: 続きを見る
まえがき : 日常を超えたものと向き合うために 沼野充義著
夢: エクスタシー体験と宗教文学 川村邦光著
「心」の光学 : ホフマンの「魔法の眼」について 石光泰夫著
夢と狂気 : ネルヴァルからシュルレアリスムまで 野崎歓著
難民文学の希望と夢 西成彦著
幻想の文学: 江戸小説のシンクレティズム : 典拠の秘匿と『八犬伝』 高田衛著
ロシア・ユートピアニズムの詩学 沼野充義著
伝統宗教と文学: 文学的想像力論 箭川修著
ドストエフスキーのキリスト教 : 『カラマーゾフの兄弟』を中心に 安岡治子著
二つの預言者讃歌 : 改宗譚・奇蹟譚とイスラム詩の伝統 杉田英明著
如是我聞の文学 : 日本における対話様式の系譜 阿部泰郎著
中世神道と文学 : 「ちはやぶる」をめぐって 伊藤聡著
まえがき : 日常を超えたものと向き合うために 沼野充義著
夢: エクスタシー体験と宗教文学 川村邦光著
「心」の光学 : ホフマンの「魔法の眼」について 石光泰夫著