close
1.

図書

図書
本村凌二編著 ; 池口守 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 研究社, 2011.8
2.

図書

図書
[本村凌二ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.9
シリーズ名: 岩波講座世界歴史 / 樺山紘一 [ほか] 編 ; 5
目次情報: 続きを見る
帝国と支配 : 古代の遺産 本村凌二, 鶴間和幸 [執筆]
中国古代の法と社会 飯尾秀幸 [執筆]
ローマ帝政期における帝国貴族と地方名望家 : 帝国支配層と社会流動 浦野聡 [執筆]
アレクサンドロス大王からヘレニズム諸王国へ 森谷公俊 [執筆]
アメリカ古代帝国の生成 : インカをめぐる諸問題 網野徹哉 [執筆]
秦漢帝国と豪族 重近啓樹 [執筆]
中華帝国の遺産 愛宕元 [執筆]
雄弁家と民衆 : 帝国形成期ローマの政治文化 砂田徹 [執筆]
皇帝礼拝と解放奴隷 島田誠 [執筆]
イスラーム帝国としてのオスマン帝国 鈴木董 [執筆]
ハプスブルク帝国 : アウグスライヒ体制の論理・構造・展開 大津留厚 [執筆]
帝国と支配 : 古代の遺産 本村凌二, 鶴間和幸 [執筆]
中国古代の法と社会 飯尾秀幸 [執筆]
ローマ帝政期における帝国貴族と地方名望家 : 帝国支配層と社会流動 浦野聡 [執筆]
3.

図書

図書
樺山紘一 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.4
シリーズ名: 岩波講座世界歴史 / 樺山紘一 [ほか] 編 ; 1
目次情報: 続きを見る
本講座の編集方針と構成 樺山紘一 [要約・執筆]
時代区分論 岸本美緒 [執筆]
地域区分論 : つくられる地域、こわされる地域 古田元夫 [執筆]
世界史と日本史の可能性 : 近代日本人の見た歴史のリアリティ 山内昌之 [執筆]
社会史の視野 福井憲彦 [執筆]
自然環境と歴史学 : トータル・ヒストリを求めて 川北稔 [執筆]
ソーシャル・サイエンス・ヒストリィと歴史人口学 斎藤修 [執筆]
ジェンダーとセクシュアリティ 本村凌二 [執筆]
歴史の叙法 : 過去と現在の接点 鶴間和幸 [執筆]
史料とはなにか 杉山正明 [執筆]
コンピュータと歴史家 斎藤修 [執筆]
歴史の知とアイデンティティ 樺山紘一 [執筆]
本講座の編集方針と構成 樺山紘一 [要約・執筆]
時代区分論 岸本美緒 [執筆]
地域区分論 : つくられる地域、こわされる地域 古田元夫 [執筆]
4.

図書

図書
[本村凌二ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.6
シリーズ名: 岩波講座世界歴史 / 樺山紘一 [ほか] 編 ; 4
目次情報: 続きを見る
地中海世界と古典文明 古山正人, 本村凌二 [執筆]
異形のギリシア世界 : シチリア 桜井万里子 [執筆]
ギリシアとローマの狭間 : エトルリア 平田隆一 [執筆]
アフリカの古代都市 : カルタゴ 栗田伸子 [執筆]
孤立農場論の射程 : もうひとつのポリス市民像をもとめて 周藤芳幸 [執筆]
民主制の罪と罰 : 美徳から犯罪へ 橋場弦 [執筆]
舞台の上の民主政 中村純 [執筆]
ヘレニズム土着王国の反撃 : ポントス国王ミトリダテス六世と土着農民の場合 田村孝 [執筆]
多神教と個人救済 : ローマ共和政期の宗教事情 毛利晶 [執筆]
ローマの家族 樋脇博敏 [執筆]
支配の果実と代償 : ローマ奴隷制社会論 坂口明 [執筆]
ローマ皇帝政治の進展と貴族社会 南川高志 [執筆]
地中海世界と古典文明 古山正人, 本村凌二 [執筆]
異形のギリシア世界 : シチリア 桜井万里子 [執筆]
ギリシアとローマの狭間 : エトルリア 平田隆一 [執筆]
5.

図書

図書
小林康夫, 船曳建夫編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1995.4
目次情報: 続きを見る
論理の発明 : 20世紀の知のダイナミクス 小林康夫 [執筆]
論理を行為する : 疑いと研究 : 疑う 野矢茂樹 [執筆]
見ることの限界を見る : 現象学とアウシュヴィッツ : 見る 高橋哲哉 [執筆]
認知と神経の「場」 : 自己組織的人間学 : 知覚する 下條信輔 [執筆]
言葉が身体と化す : 精神分析とファンタスムの論理 : 表象する 石光泰夫 [執筆]
構造とリズム : ソシュール vs. クレー : 意味する 石田英敬 [執筆]
こころを生けどる論理 : ベイトソンと精神のエコロジー : ダブル・バインド 佐藤良明 [執筆]
生成する複数性 : バフチンとポリフォニックな「若さ」 : 対話原理 桑野隆 [執筆]
紫上の運命を縫いつける : 『源氏物語』の「語り」と「物」 : 物語の論理 藤井貞和 [執筆]
神話論理から歴史生成へ : 文化人類学と成熟 : 構造の論理 山下晋司 [執筆]
市場原理と共同体の問題 : 商品交換形式を超えるもの : 交換の論理 丸山真人 [執筆]
カオスとはなにか : 複雑系の科学へ : カオスの論理 金子邦彦 [執筆]
フィクションとしての他者 : オリエンタリズムの構造 : 自己と他者 丹治愛 [執筆]
剣闘士のエロティシズム : 歴史のなかに欲望を読む : 歴史の現実 本村凌二 [執筆]
「型」の日本文化論 : 対話を通して身体を見る : 型の論理 ドゥ・ヴォス, パトリック [執筆]
フォーディズムと日本的経営 : 変容する労働観を追う : 産業の論理 松原隆一郎 [執筆]
「現在」のナルシシズムに抗して : フーコーと不連続の歴史 : エピステーメ 増田一夫 [執筆]
ポスト・ベーコンの論理とは? : 21世紀の知の論理 : 科学/技術の論理 村田純一 [執筆]
論理の応用 船曳建夫 [執筆]
実践としてのテクスト分析 : 『痴人の愛』の論理 : 論理を読む 小森陽一 [執筆]
歴史のエクリチュール : 「女の場」をめぐって : 論理を書く 長谷川博子 [執筆]
卒業論文をどう書くか : 執筆と評価 : 論理の技法 長谷川寿一 [執筆]
結び : 結んで/開いて 船曳建夫 [執筆]
論理の発明 : 20世紀の知のダイナミクス 小林康夫 [執筆]
論理を行為する : 疑いと研究 : 疑う 野矢茂樹 [執筆]
見ることの限界を見る : 現象学とアウシュヴィッツ : 見る 高橋哲哉 [執筆]