著者典拠情報

標目形:
山折, 哲雄(1931-)||ヤマオリ, テツオ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Yamaori, Tetsuo
Yamaori, Tetuo
야마오리, 데쓰오
Ямаори, Тэцуо
著者典拠ID:
DA00248662


 close
1.

図書

図書
河合隼雄著
出版情報: 東京 : 第三文明社, 1990.3
シリーズ名: 河合隼雄全対話 / 河合隼雄著 ; 4
目次情報: 続きを見る
生と死の境界、そして文学 大江健三郎 [対談]
自分ほど不思議なものはない 村上陽一郎 [対談]
第三のロマン主義者が見る宇宙の秩序 C・ウィルソン [対談]
夢はメッセンジャー 多田智満子 [対談]
科学と宗教 : 母性原理と父性原理にふれて 湯浅泰雄 [対談]
フールな老賢者 : 老年期の心理 山折哲雄 [対談]
生と死の境界、そして文学 大江健三郎 [対談]
自分ほど不思議なものはない 村上陽一郎 [対談]
第三のロマン主義者が見る宇宙の秩序 C・ウィルソン [対談]
2.

図書

図書
河合隼雄 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1992.9
シリーズ名: 岩波講座宗教と科学 / 河合隼雄 [ほか] 編集 ; 門脇佳吉, 西川哲治編集顧問 ; 1
目次情報: 続きを見る
序論 : 対話の条件 河合隼雄 [執筆]
論点としての〈生命〉 清水博 [執筆]
宗教と科学 : 分岐の界面を探る 谷泰 [執筆]
科学の言葉・宗教の言葉 村上陽一郎 [執筆]
宗教者から科学者へ : 危機意識の覚醒を訴える 門脇佳吉 [執筆]
科学の反省と宗教への期待 垣花秀武 [執筆]
カトリックの場合 柳瀬睦男 [執筆]
プロテスタントの場合 倉松功 [執筆]
仏教徒の場合 武藤義一 [執筆]
日本人の場合 山折哲雄 [執筆]
序論 : 対話の条件 河合隼雄 [執筆]
論点としての〈生命〉 清水博 [執筆]
宗教と科学 : 分岐の界面を探る 谷泰 [執筆]
3.

図書

図書
河合, 隼雄(1928-2007) ; 上田, 閑照(1926-) ; 中村, 雄二郎(1925-) ; 大崎, 節郎(1933-) ; 波平, 恵美子(1942-) ; 間瀬, 啓允(1938-) ; 安芸, 基雄(1919-) ; 池辺, 義教(1926-) ; 山折, 哲雄(1931-) ; 脇本, 平也(1921-2008) ; 大岡, 信(1931-) ; 奥村, 一郎(1923-)
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1993.2
シリーズ名: 岩波講座宗教と科学 / 河合隼雄 [ほか] 編集 ; 門脇佳吉, 西川哲治編集顧問 ; 7
目次情報: 続きを見る
序論 : 宗教とはなにか 上田閑照 [執筆]
生の原理と死の原理 : 脳死問題に触れて 中村雄二郎 [執筆]
超越と無 大崎節郎 [執筆]
弔い : 死者儀礼に表現される死の観念 波平恵美子 [執筆]
生命倫理とエコロジー 間瀬啓允 [執筆]
科学的医療と終末医療 安藝基雄 [執筆]
尊厳死の問題 池辺義教 [執筆]
臨死体験の意味 山折哲雄 [執筆]
死の比較宗教学 脇本平也 [執筆]
死生観私見 大岡信 [執筆]
死と祈り 奥村一郎 [執筆]
序論 : 宗教とはなにか 上田閑照 [執筆]
生の原理と死の原理 : 脳死問題に触れて 中村雄二郎 [執筆]
超越と無 大崎節郎 [執筆]
4.

図書

図書
山折哲雄 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.12
シリーズ名: 近代日本文化論 / 青木保 [ほか] 編集委員 ; 11
目次情報: 続きを見る
近代の無常愛 山折哲雄 [執筆]
心中の近代 佐伯順子 [執筆]
純愛の系譜 藤井淑禎 [執筆]
ロマンティック・ラブとは何か 小谷野敦 [執筆]
文化としての老人介護 新村拓 [執筆]
今なぜ「癒し」なのか 河合隼雄 [述] ; 筒井清忠インタビュアー
医療の大衆化と診療報酬 中静未知 [執筆]
文化としての「子ども」 河原和枝 [執筆]
変転する世界の光芒をどう描いてきたか 日野啓三 [述] ; 青木保インタビュアー
都市下層へのまなざし 中川清 [執筆]
在日韓国・朝鮮人における結婚差別と民族的アイデンティティ 崔吉城 [執筆]
美しき未開人の肖像から 赤坂憲雄 [執筆]
近代の無常愛 山折哲雄 [執筆]
心中の近代 佐伯順子 [執筆]
純愛の系譜 藤井淑禎 [執筆]
5.

図書

図書
立花隆著
出版情報: 東京 : 書籍情報社, 1994.6
目次情報: 続きを見る
序論と解題 立花隆 [執筆]
臨死体験と宗教 立花隆, 山折哲雄 [述]
生と死のパラドックス 立花隆, 荒俣宏 [述]
人間とは何か 立花隆, 河合雅雄, 養老孟司 [述]
魂は何を見たか 立花隆, 遠藤周作 [述]
臨死体験が意味するもの 立花隆, カール・ベッカー [述]
一瞬に永遠を聴く : モーツァルトと神秘体験 立花隆, 河合隼雄 [述]
生命への実感 立花隆, 岡田節人 [述]
天命なき時代 : 生と死の操作はどこまで許されるか 立花隆, 遠藤周作 [述]
死の輪郭線 : 脳死と臨床医学の知 立花隆, 中川米造, 中村雄二郎 [執筆]
序論と解題 立花隆 [執筆]
臨死体験と宗教 立花隆, 山折哲雄 [述]
生と死のパラドックス 立花隆, 荒俣宏 [述]