close
1.

図書

図書
藤田実, 平田達治編
出版情報: 東京 : 大修館書店, 1985.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
フランセス・イエイツ著 ; 藤田実訳
出版情報: 東京 : 晶文社, 1980.12
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
クリフォード・リーチ[著] ; 藤田実訳
出版情報: 東京 : 研究社出版, 1971.2-3
シリーズ名: 英文学ハンドブック : 「作家と作品」 ; . シェイクスピア ; No.4,5
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
フランセス・イエイツ著 ; 藤田実訳
出版情報: 東京 : 晶文社, 1978.6
シリーズ名: 晶文全書
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
William Shakespeare [著] ; 藤田実編注
出版情報: 東京 : 大修館書店, 1990.5
シリーズ名: 大修館シェイクスピア双書
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
松村昌家, 藤田実編
出版情報: 東京 : 南雲堂, 1981.6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
三人の道楽者の話 御輿員三著
『リア王』悪と愛のシンフォニィ 伊達寿曠著
自然と悪 : 『マクベス』小論 藤田実著
絆の切れるとき : サイモン・グレー『本日はこれまで』をめぐって 成田龍雄著
『スーザン夫人』 : ある悪女の肖像 樋口欣三著
『デイヴィッド・コパフィールド』における悪の所在 多田博生著
セルフメイド・マンの中の悪 : ブラッドリー・ヘッドストーンの場合 松村昌家著
手負いの魂 : コンラッドにおける抑圧の精神構造 横山徳爾著
ホーソン『大理石の牧神像』の両義性 : アルカディアと死 その2 桂田重利著
ハウエルズにおける悪 大井浩二著
悪の哀しさ 須賀有加子著
『荒地』における悪の行方 : 「影」に向かう衝動としての 西正彦著
時間と悪の風化 : 『百年の孤独』の至高性 川端柳太郎著
小説研究における悪 東田千秋著
三人の道楽者の話 御輿員三著
『リア王』悪と愛のシンフォニィ 伊達寿曠著
自然と悪 : 『マクベス』小論 藤田実著
7.

図書

図書
日本シェイクスピア協会編
出版情報: 東京 : 研究社出版, 1977.9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
意識構造とドラマの形態 : 現象学的シェイクスピア序説 笹山隆 [執筆]
シェイクスピア劇とルネサンスの詩学 岩崎宗治 [執筆]
「とてもおかしな雪」 : シェイクスピア喜劇の風土 玉泉八州男 [執筆]
エリザベス朝悲劇の「知」の構造 : その観客構造と社会構造 岡本靖正 [執筆]
エリザベス朝の観客 : 覚え書 柴田稔彦 [執筆]
シェイクスピアとジョンソンの対話 : ローマ劇をめぐる考察 上野美子 [執筆]
ヘレナは課題をどうはたすか 村上淑郎 [執筆]
ヴィンセンシオーの「不在」 : 『尺には尺を』について 喜志哲雄 [執筆]
『尺には尺を』の裁きの場から 野崎睦美 [執筆]
シェイクスピアの劇場的想像力 : 『リア王』を中心に 藤田実 [執筆]
『リア王』と現代 盛田寛一 [執筆]
ルネサンスにおける自己認識と『リア王』 青山誠子 [執筆]
キャリバンの悲哀 : 「われ、アルカディアにありき」 野島秀勝 [執筆]
シェイクスピアのボーイ・クレオパトラ 尾崎寄春 [執筆]
シーザーとブルータス : 性格と演技をめぐって 蛯原啓 [執筆]
意識構造とドラマの形態 : 現象学的シェイクスピア序説 笹山隆 [執筆]
シェイクスピア劇とルネサンスの詩学 岩崎宗治 [執筆]
「とてもおかしな雪」 : シェイクスピア喜劇の風土 玉泉八州男 [執筆]