著者典拠情報

標目形:
井上, 忠司(1939-)||イノウエ, タダシ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Inoue, Tadashi
Inoue, Tadasi
著者典拠ID:
DA0104948X


 close
1.

図書

図書
井上忠司著
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 1977.4
シリーズ名: NHKブックス ; 280
2.

図書

図書
井上忠司責任編集
出版情報: 東京 : 味の素食の文化センター , 東京 : 農山漁村文化協会 (発売), 1999.4
シリーズ名: 講座食の文化 ; 第5巻
3.

図書

図書
井上忠司著
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1995.3
シリーズ名: Sekaishiso seminar
4.

図書

図書
井上忠司著
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 1988.9
シリーズ名: NHKブックス ; 558
5.

図書

図書
松本清張著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 1983.4
シリーズ名: 松本清張全集 / 松本清張著 ; 41
目次情報:
ガラスの城
天才画の女
馬を売る女
ガラスの城
天才画の女
馬を売る女
6.

図書

図書
石川実, 井上忠司編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1998.4
7.

図書

図書
井上忠司 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.12
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1852]
8.

図書

図書
杉原四郎, 井上忠司, 榎本隆司著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 1979.8
シリーズ名: 有斐閣新書 ; C-55
9.

図書

図書
井上忠司, 祖田修, 福井勝義編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1994.4
目次情報: 続きを見る
現代文明をきる
世界文化の学としての人類学 井上忠司著
二0世紀の弁証法 : 交通革命と民族文化 高田公理著
島嶼国家と観光開発 : オセアニアの事例を中心に 石森秀三著
インド社会における世捨ての制度 村瀬智著
「経験の物語」と「複合的自叙伝」 : ライフヒストリーの重ね合わせをめぐって 小林多寿子著
現代日本における西洋文化の受容と変容 トーマス・クランプ著
東アジア歴史世界と「小盆地宇宙」 姜信杓著
選べる緑・選べない緑 上野千鶴子著
むらとまちのフォークロア
結びあうむらとまち 祖田修著
おわら風の盆考え : 地域文化のひとつの展開 赤阪賢著
ふたつの宮座の変容過程 : 宮座型村落論 古川彰著
船形と左大文字 : 都市祭礼における祭祀集団の社会生態と自他の相互意識 和崎春日著
けんか祭りと岩瀬もん : 地域社会はいかに出現するか 末原達郎著
民俗の祭りとエスニック・アイデンティティの高揚 : 朝鮮・韓国人による生野民俗文化祭の事例 江口信清著
Xさんはなぜ笑っているのか? : 民俗写真を撮られる側から 鵜飼正樹著
アメリカの小さな町の百年 : 大草原(プレーリー)の近代化は何をもたらしたか 森田三郎著
生活者としての農民 : その文明史的意味 池上甲一著
環境の意味とライフヒストリー : 長浜の町の風景調査から 嘉田由起子著
アフリカの叡知
アフリカの叡知を発掘する 福井勝義著
望郷と離散 : 現代アフリカ人にとっての故郷 栗本英世著
アフリカ都市生活誌序説 : アーバン・ライフはどう語られるか 松田素二著
ひとりのグウィの女が死んだ : セントラル・サンにおける「死のコンテクスト」 菅原和孝著
ディラマ・ヤ・エイズ : エイズをめぐるチェワの村の即興芝居 吉田憲司著
テンボ語植物名の語源分析 梶茂樹著
科学者の発見と農民の論理 : アフリカ農業のとらえかた 重田眞義著
熱帯サヴァンナ農業の貧しさ 嶋田義仁著
「共食」に生きる理性 : ザイール・クム人の世界から 杉村和彦著
ガーブゴルとクーメン : フルベ自由民集団の調和に関する一考察 小川了著
アフリカン言語の可能性 : 民俗語・民俗文学論序章 宮本正興著
米山さんの学風 : 四0年の交友から 加藤秀俊著
現代文明をきる
世界文化の学としての人類学 井上忠司著
二0世紀の弁証法 : 交通革命と民族文化 高田公理著
10.

図書

図書
塚本学, 宮田登編 ; 永島福太郎 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1993.8
シリーズ名: 日本歴史民俗論集 ; 5
目次情報: 続きを見る
都市自治の限界 : 奈良の場合 永島福太郎 [執筆]
近世京都における共同体の動向 : 借家人層を中心として 樋爪修 [執筆]
城下町の社会と民俗 : 茨城県古河の常民生活誌から 岩本通弥 [執筆]
三都の非人と非人集団 塚田孝 [執筆]
京都における被差別部落成立について 辻ミチ子 [執筆]
職人の修行時代 根岸謙之助 [執筆]
寛政の混浴禁止令をめぐって : 近世都市史の一断章 中井信彦 [執筆]
近世における祭りの「周辺」 久留島浩 [執筆]
町と祭り : 秋田県角館町の飾山囃子の場合 中村孚美 [執筆]
都市内部の葬送習俗 千葉徳爾 [執筆]
都市と不在地主 : 都市農村関係の一側面として 青木伸好 [執筆]
江戸のみかん : 明るい近世像 塚本学 [執筆]
村から町へ : 宗教の変容 原田敏明 [執筆]
都市民俗への志向 木村龍生 [執筆]
世相史の対称と方法をめぐって : 社会心理史ことはじめ 井上忠司 [執筆]
都市自治の限界 : 奈良の場合 永島福太郎 [執筆]
近世京都における共同体の動向 : 借家人層を中心として 樋爪修 [執筆]
城下町の社会と民俗 : 茨城県古河の常民生活誌から 岩本通弥 [執筆]