著者典拠情報

標目形:
橋川, 文三(1922-1983)||ハシカワ, ブンゾウ
属性:
Personal
から見よ参照形:
橋川, 文三||ハシガワ, ブンソウ
Hashikawa, Bunzo
Hasikawa, Bunzō
Hashikawa, Bunso
Hasikawa, Bunso
著者典拠ID:
DA01476265


 close
1.

図書

図書
橋川文三, 後藤総一郎編
出版情報: 東京 : 三一書房, 1970.2
シリーズ名: 明治の群像 ; 4
2.

図書

図書
後藤総一郎編
出版情報: 東京 : 三一書房, 1972.12
シリーズ名: 人と思想
目次情報: 続きを見る
柳田国男の学問と思想 : 討論 神島二郎 [ほか述] ; 後藤総一郎司会
『遠野物語』から 桑原武夫 [執筆]
『妹の力』 林達夫 [執筆]
無欲の人 中野重治 [執筆]
場違いの場から 堀田善衛 [執筆]
『木綿以前の事』のおどろき 杉浦明平 [執筆]
柳田先生に学ぶもの 宮本常一 [執筆]
思想と土との摩擦 梅棹忠夫 [執筆]
柳田史学論 家永三郎 [執筆]
柳田国男について 花田清輝 [執筆]
『炭焼日記』存疑 益田勝実 [執筆]
柳田国男 : その人間と思想 橋川文三 [執筆]
『海上の道』と天才の死 谷川健一 [執筆]
柳田国男研究への視角 : 解説 後藤総一郎 [執筆]
柳田国男の学問と思想 : 討論 神島二郎 [ほか述] ; 後藤総一郎司会
『遠野物語』から 桑原武夫 [執筆]
『妹の力』 林達夫 [執筆]
3.

図書

図書
児玉幸多, 林英夫, 芳賀登編
出版情報: 東京 : 柏書房, 1976.9
シリーズ名: 地方史マニュアル ; 1
目次情報: 続きを見る
地方史研究と民衆 色川大吉, 芳賀登 [述] ; 林英夫司会
地方史研究の模索 児玉幸多, 桜井徳太郎, 永原慶二 [述] ; 林英夫司会
日本近世における地誌学の発達 芳賀登 [執筆]
近代地方史誌の課題 芳賀登 [執筆]
地方(ぢかた)学の形成 後藤総一郎 [執筆]
郷土会と郷土教育 宮田登 [執筆]
地方改良運動の政治理念 橋川文三 [執筆]
敗戦直後の地方史 林英夫 [執筆]
戦後地方史研究の反省とその転回 芳賀登 [執筆]
住民運動と文化財 菊地康明 [執筆]
歴史地理学 菊地利夫 [執筆]
エスノロジー 綾部恒雄 [執筆]
社会学 益田庄三 [執筆]
民俗学 : 民俗学の方法と地方史 福田アジオ [執筆]
言語学(方言) 佐藤虎男 [執筆]
イギリスの地方文書 鵜川馨 [執筆]
ドイツの地域史研究 阿部謹也 [執筆]
フランスにおける地方史研究の方法 武本竹生 [執筆]
スペインの文書館体制 岸野久 [執筆]
地方史研究と民衆 色川大吉, 芳賀登 [述] ; 林英夫司会
地方史研究の模索 児玉幸多, 桜井徳太郎, 永原慶二 [述] ; 林英夫司会
日本近世における地誌学の発達 芳賀登 [執筆]