著者典拠情報

標目形:
渡辺, 節夫(1947-)||ワタナベ, セツオ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Watanabe, Setsuo
Watanabe, Setuo
著者典拠ID:
DA01691756


 close
1.

図書

図書
渡辺節夫著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1992.2
2.

図書

図書
渡辺節夫編
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2008.3
シリーズ名: 青山学院大学総合研究所叢書
3.

図書

図書
渡辺節夫著
出版情報: 東京 : 杉山書店, 1987.5
4.

図書

図書
渡辺節夫編
出版情報: 東京 : 山川出版社, 2000.4
5.

図書

図書
ロベール・フォシェ著 ; 渡辺節夫訳
出版情報: 東京 : 杉山書店, 1987.5
6.

図書

図書
朝治啓三, 渡辺節夫, 加藤玄編著
出版情報: 大阪 : 創元社, 2012.4
7.

図書

図書
渡辺節夫編
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2014.3
シリーズ名: 青山学院大学総合研究所叢書
目次情報: 続きを見る
日本近代国家創設期における「ネイション」像の相剋 山田央子 [著]
日本人の「武」の自意識 佐伯真一 [著]
「地狭人稠」と「地曠人稀」 : 宋朝彊域の土地人口比率のイメージ 青木敦 [著]
フランス中世における国家とネイションの形成 渡辺節夫 [著]
フランス現代思想における「国家」批判 : ミシェル・フーコーを中心として 阿部崇 [著]
二〇世紀アイルランド詩に見るエスニシティの意識とその脱歴史化 : 詩人W・B・イェイツの独立運動・内乱・文学 伊達直之 [著]
スペイン帝国とネイション形成 : 植民地期メキシコ先住民の経験を中心に 安村直己 [著]
日本近代国家創設期における「ネイション」像の相剋 山田央子 [著]
日本人の「武」の自意識 佐伯真一 [著]
「地狭人稠」と「地曠人稀」 : 宋朝彊域の土地人口比率のイメージ 青木敦 [著]
8.

図書

図書
[山本幸司ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.8
シリーズ名: 岩波講座天皇と王権を考える / 網野善彦 [ほか] 編集委員 ; 第8巻
目次情報: 続きを見る
『古事記』神代神話のコスモロジー 嶋田義仁 [著]
王権と宗教儀礼 : 古代バビロニア・アッシリアの場合 月本昭男 [著]
認識空間としての「日本」 応地利明 [著]
天皇と都市空間 古瀬奈津子 [著]
時間・暦と天皇 細井浩志 [著]
天皇と祝祭 山本幸司 [著]
災害・怪異と天皇 山下克明 [著]
古代の天皇と病者 丸山裕美子 [著]
天皇の出産空間 : 平安末・鎌倉期 森本仙介 [著]
王の誕生と死 : フランス中世 渡辺節夫 [著]
シェイクスピアの王権思想 石井美樹子 [著]
『古事記』神代神話のコスモロジー 嶋田義仁 [著]
王権と宗教儀礼 : 古代バビロニア・アッシリアの場合 月本昭男 [著]
認識空間としての「日本」 応地利明 [著]
9.

図書

図書
水林彪, 金子修一, 渡辺節夫編
出版情報: 東京 : 弘文堂, 1998.4
シリーズ名: 比較歴史学大系 ; 1
目次情報: 続きを見る
律令天皇制の神話的コスモロジー : 初期宣命および『古事記』の天皇像 水林彪 [執筆]
朝廷・幕府体制の成立と構造 河内祥輔 [執筆]
徳川王権の成立と東アジア世界 山本博文 [執筆]
日本近代都市とその象徴 : 「京都」と明治神宮 小路田泰直 [執筆]
成周王朝の君主とその位相 : 豊かさと安寧 豊田久 [執筆]
漢唐間における皇帝祭祀の推移 : 国家と祭祀 金子修一 [執筆]
清朝の支配権と典礼 : 特に清初前期におけるハン権・皇帝権と即位儀礼・祭典典礼の問題を中心として 石橋崇雄 [執筆]
帝国の宇宙論 : 中華帝国の祭天儀礼 妹尾達彦 [執筆]
ヨーロッパにおける国王祭祀と聖性 渡辺節夫 [執筆]
凱旋式と古代ローマの王権 毛利晶 [執筆]
ビザンツ専制国家体制の確立と皇妃コンクール 井上浩一 [執筆]
律令天皇制の神話的コスモロジー : 初期宣命および『古事記』の天皇像 水林彪 [執筆]
朝廷・幕府体制の成立と構造 河内祥輔 [執筆]
徳川王権の成立と東アジア世界 山本博文 [執筆]
10.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2006.3
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 11
目次情報: 続きを見る
ローマとその幻影 栗田伸子著
表象の帝国 : ローマの「幻影」の起源 長谷川岳男著
中世ローマのクロノロジーを確立するために : サンタ・コスタンツァ聖堂におけるモルタルの年代側定 オーサー・リングボム著 ; 菅原裕文訳
中世写本の文字と「古代ローマ」 北村直昭著
他者の表象としての「ローマ帝国」 : ルーム遠征とイスラーム国家 太田敬子著
二つの「ローマ皇帝」像 : バシレイオス一世とミカエル三世 小林功著
ローマ教皇の即位儀礼 : 中世盛期における定式化 甚野尚志著
ドイツ王のローマ 池谷文夫著
フランス中世王権とローマ的"皇帝"、"帝国"観 渡辺節夫著
スペイン帝国の成立とローマ帝国 宮崎和夫著
ルーマニア人の民族意識におけるローマ概念 : 「ローマと合同した教会」の地位の変遷を中心に 中島崇文著
近代におけるローマ教皇権の確立 村上信一郎著
ローマとその幻影 栗田伸子著
表象の帝国 : ローマの「幻影」の起源 長谷川岳男著
中世ローマのクロノロジーを確立するために : サンタ・コスタンツァ聖堂におけるモルタルの年代側定 オーサー・リングボム著 ; 菅原裕文訳