著者典拠情報

標目形:
浅田, 隆(1943-)||アサダ, タカシ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Asada, Takashi
Asada, Takasi
著者典拠ID:
DA02425929


 close
1.

図書

図書
浅田隆著
出版情報: 東京 : 桜楓社, 1978.6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
浦西和彦 [ほか] 編
出版情報: 大阪 : 和泉書院, 1989.6
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
浅田隆, 木股知史編
出版情報: 東京 : 桜楓社, 1991.7
シリーズ名: 漱石作品論集成 ; 第3巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「虞美人草」論 平岡敏夫著
漱石の反自然主義をめぐって : 『虞美人草』の周辺 遠藤祐著
『虞美人草』 : 文明の功罪 熊坂敦子著
喜劇の時代 : 『虞美人草』 越智治雄著
二つの「遐なる」もの : 『虞美人草』周辺 竹盛天雄著
虚構と時間 : 『虞美人草』の世界 石崎等著
クレオパトラと藤尾 平川祐弘著
『虞美人草』論ノオト 大久保典夫著
『虞美人草』の文脈 磯田光一著
「虞美人草」 : 藤尾の死をめぐる序章 内田道雄著
母を打つ : 『虞美人草』 米田利昭著
野分 越智治雄著
『野分』私論 西垣勤著
『野分』考 : 意図と表現の間 池内輝雄著
観念と現実 : 『野分』論 小泉浩一郎著
『野分』 : 再びその〈文学〉とは何か 佐藤泰正著
『野分』論 酒井英行著
「意識の流れ」小説の伝統 : 『坑夫』『盲目の川』『この三つのもの』 中村真一郎著
漱石『坑夫』試論 : 坑道と梯子 佐々木充著
『坑夫』論 石嶋淳子著
『坑夫』 : 〈意識の流れ〉の試み 佐藤泰正著
『坑夫』論 酒井英行著
「坑夫」論 : 意図と方法 重松泰雄著
「虞美人草」論 平岡敏夫著
漱石の反自然主義をめぐって : 『虞美人草』の周辺 遠藤祐著
『虞美人草』 : 文明の功罪 熊坂敦子著
4.

図書

図書
浅田隆, 戸田民子編
出版情報: 東京 : 桜楓社, 1991.2
シリーズ名: 漱石作品論集成 ; 第9巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
『行人』 小宮豊隆著
漱石の「行人」について 宮本百合子著
『行人』と『こゝろ』の実験 片岡良一著
『行人』 瀬沼茂樹著
『行人』の中味 千谷七郎著
行人 鳥居邦朗著
『行人』について 橋本佳著
『行人』論の前提 伊豆利彦著
「行人」論 : 到着点と出発点と 駒尺喜美著
『行人』における〈二郎の愛〉 : 伊豆説の検討を通して 重松泰雄著
「行人」その周辺 平岡敏夫著
『行人』の世界 : その挫折の意味 安東璋二著
『行人』論 粂田和夫著
相対世界の発見 : 『行人』を起点として 小泉浩一郎著
『行人』論への一視点 : 「友達」の場合 玉井敬之著
「行人」論 : 「彼岸過迄」の破綻部より見た構想について 吉田俊彦著
『行人』 : 〈信〉と〈狂気〉のはざまに 佐藤泰正著
『行人』の主題と構造 秋山公男著
『行人』異議 山田晃著
「行人」論・言葉の変容 藤沢るり著
『行人』の語り手と聴き手 内田道雄著
『行人』 小宮豊隆著
漱石の「行人」について 宮本百合子著
『行人』と『こゝろ』の実験 片岡良一著
5.

図書

図書
奈良大学文学部世界遺産を考える会編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2000.10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ユネスコの世界文化遺産 西山要一 [執筆]
ユネスコの世界自然遺産 池田碩 [執筆]
日本の世界遺産 鎌田道隆 [執筆]
世界遺産条約と文化財保護法 水野正好 [執筆]
学際的なアプローチの可能性 浅田隆 [執筆]
奈良と古典文学 上野誠 [執筆]
奈良と近代文学 藤本寿彦 [執筆]
京都と古典文学 永井一彰 [執筆]
京都と近代文学 和田博文 [執筆]
東アジアの三教文化 森田憲司 [執筆]
ペルー・アンデスの生活文化 青木芳夫 [執筆]
日本の木簡文化 寺崎保広 [執筆]
古代文字の探索 酒井龍一 [執筆]
中東六都の探索 泉拓良 [執筆]
古代石造物の探索 東野治之 [執筆]
博物館の探索 灰野昭郎 [執筆]
環境との調和をめざして 藤原剛 [執筆]
原生的自然との共生 岩崎敬二 [執筆]
ユネスコの世界文化遺産 西山要一 [執筆]
ユネスコの世界自然遺産 池田碩 [執筆]
日本の世界遺産 鎌田道隆 [執筆]