著者典拠情報

標目形:
永村, 真(1948-)||ナガムラ, マコト
属性:
Personal
から見よ参照形:
永村, 眞||ナガムラ, マコト
Nagamura, Makoto
著者典拠ID:
DA03191572


 close
1.

図書

図書
永村眞著
出版情報: 東京 : 塙書房, 1989.2
2.

図書

図書
永村眞著
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2000.12
3.

図書

図書
福島和夫編
出版情報: 大阪 : 和泉書院, 2001.11
シリーズ名: 日本史研究叢刊 ; 13
目次情報: 続きを見る
中世における管絃歌舞 : 序 福島和夫著
「菊亭本文机談」構成推考 : 附、新出菊亭本文机談断簡(南園文庫蔵)紹介 岩佐美代子著
琵琶における西園寺実兼 相馬万里子著
『管絃音義』における『白虎通義』の影響 : 『管絃音義』の引用について 磯水絵著
日本の楽書と礼楽思想 笠原潔著
中世東大寺の楽人・舞人 永村眞著
宣雅博士本『法則集』について 新井弘順著
藤原孝道草『式法則用意条々』における講式の音楽構成法 スティーヴン・G・ネルソン著
「梁塵秘抄断簡」の書写様式 : 「元永本古今和歌集」との対比 古谷稔著
『異本梁塵秘抄口伝集』成立再考 飯島一彦著
多氏における、舞の家としての形成と秘曲の成立 青木洋志著
藤原季通考 : 付「翻刻」藤原季通撰『箏譜』序並びに跋 福島和夫著
中世における管絃歌舞 : 序 福島和夫著
「菊亭本文机談」構成推考 : 附、新出菊亭本文机談断簡(南園文庫蔵)紹介 岩佐美代子著
琵琶における西園寺実兼 相馬万里子著
4.

図書

図書
稲垣栄三編
出版情報: 東京 : 山喜房佛書林, 1991.2
目次情報: 続きを見る
『醍醐雑事記』について 安達直哉 [執筆]
中世初頭の醍醐寺三宝院 : 座主房の組織と運営 土谷惠 [執筆]
灌頂儀式を描く建築指図について 藤井恵介 [執筆]
醍醐寺の法華八講 : 法楽会にみる 佐藤道子 [執筆]
醍醐寺の仁王経曼荼羅と図像 川村知行 [執筆]
醍醐寺の悔過会と関連行事について 高橋美都 [執筆]
「院家」と「法流」 : 主に醍醐寺報恩院を通して 永村眞 [執筆]
醍醐寺院家の建築的構成 山岸常人 [執筆]
『報物集』に見る報恩院憲深 : 鎌倉中期における醍醐寺の一断面 林文子 [執筆]
真言声明慈業系大進上人流の展開 新井弘順 [執筆]
大元帥明王図像雑攷 : 旧理性院本を中心として 有賀祥隆 [執筆]
醍醐寺霊宝館の木造五大明王像 副島弘道 [執筆]
『醍醐雑事記』について 安達直哉 [執筆]
中世初頭の醍醐寺三宝院 : 座主房の組織と運営 土谷惠 [執筆]
灌頂儀式を描く建築指図について 藤井恵介 [執筆]
5.

図書

図書
竹内理三先生喜寿記念論文集刊行会編
出版情報: 東京 : 東京堂出版, 1984.9
シリーズ名: 竹内理三先生喜寿記念論文集 / 竹内理三先生喜寿記念論文集刊行会編 ; 上巻
目次情報: 続きを見る
律令駅伝制の再検討 : 伝馬制の本質について 佐々木虔一著
唐戸令「嫁女」条の復元に関する基礎的考察 : 「嫁女」と「外祖父母」をめぐって 武田佐知子著
「養老令」の写本について : 明法家テキストの異同 明石一紀著
律令国家の官牧兵馬政策とその意義 村岡薫著
古代馬の疾病と馬医について 鈴木健夫著
古代養鷹史の一側面 弓野正武著
相武国造領の歴史地理的考察 鳥養直樹著
境部の職掌について : 軽・海石榴市両衢と蘇我・阿倍両氏 加藤謙吉著
熱田社と草薙剣からみた三種の神器成立の一側面 吉田研司著
「辞」文化小考 新川登亀男著
造石山寺所、雑様手実帳の復原 岡藤良敬著
東大寺別当の成立過程 永村真著
エミシ、エゾ、「毛人」「蝦夷」の意味 : 蝦夷論序章 児島恭子著
易田小論 : 古代の地力をめぐる国家と農民 荒木敏夫著
日本文徳天皇実録編纂過程の研究 松崎英一著
律令国家の豆類の収取と交易雑物制について 弓野瑞子著
保・保証ノート 小市和雄著
陽明門院院号宣下の意義と背景 金子和夫著
律令駅伝制の再検討 : 伝馬制の本質について 佐々木虔一著
唐戸令「嫁女」条の復元に関する基礎的考察 : 「嫁女」と「外祖父母」をめぐって 武田佐知子著
「養老令」の写本について : 明法家テキストの異同 明石一紀著
6.

図書

図書
中世寺院史研究会編
出版情報: 京都 : 法藏館, 1988.3
シリーズ名: 寺院史論叢 ; 1
目次情報: 続きを見る
上: 中世寺院史と社会生活史 : 研究の解雇と展望 黒田俊雄 [執筆]
安居院聖覚と嘉禄の法難 平雅行 [執筆]
中世筑前観世音寺・下野薬師寺両戒壇に於ける授戒制 : 官僧と新義律僧 松尾剛次 [執筆]
顕密体制内における禅・律・念仏の位置 : 王家の葬祭を通じて 大石雅章 [執筆]
中世顕密寺院における修法の一考察 田中文英 [執筆]
中世如法華信仰の展開と構造 林文理 [執筆]
戦国時代の法隆寺と門前検断 : 『衆分成敗引付』を中心に 細川涼一 [執筆]
阿氐河荘をめぐる寂楽寺と円満院 : 片仮名言上状成立背景の再検討 河野通明 [執筆]
金剛峯寺衆徒とその生家 山陰加春夫 [執筆]
荘園の寺社と在地勢力 : 東寺領矢野庄大僻宮をめぐって 馬田綾子 [執筆]
下: 「真言宗」と東大寺 : 鎌倉後期の本末相論を通して 永村眞 [執筆]
鎌倉末~南北朝期における東大寺別当と惣寺 : 嘉暦三年「東大寺年預所記録」をめぐって 久野修義 [執筆]
鎌倉中期の西大寺について : 「西大寺領検注帳」と「西大寺三宝料田畠目録」からみて 綾村宏 [執筆]
中世寺院の身分と集団 : 金剛峯寺の中下層身分を中心に 平瀬直樹 [執筆]
中世寺院における近世寺院化の一形態 : 大和国当麻寺の場合 吉井敏幸 [執筆]
中世寺社にみる「童」 伊藤清郎 [執筆]
維摩会と閑道の昇進 堀池春峰 [執筆]
講式から見た貞慶の信仰 : 『観音講式』を中心に 西山厚 [執筆]
杲宝と賢宝 : 中世寺院における師弟関係の一考察 橋本初子 [執筆]
観智院宗宝の生涯にみる教学と寺役 : 中世東寺における院家と寺家 富田正弘 [執筆]
『花園天皇日記』仏教総索引並に解説 佐々木令信 [執筆]
上: 中世寺院史と社会生活史 : 研究の解雇と展望 黒田俊雄 [執筆]
安居院聖覚と嘉禄の法難 平雅行 [執筆]
中世筑前観世音寺・下野薬師寺両戒壇に於ける授戒制 : 官僧と新義律僧 松尾剛次 [執筆]