著者典拠情報

標目形:
佐藤, 進(1930- オリエント学)||サトウ, ススム
属性:
Personal
から見よ参照形:
Sato, Susumu
佐藤, 進(1930-)||サトウ, ススム
著者典拠ID:
DA04618504


 close
1.

図書

図書
三笠宮崇仁編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 1976.1
シリーズ名: 生活の世界歴史 ; 1
目次情報: 続きを見る
プロローグ 三笠宮崇仁 [執筆]
地球最古の農民生活 糸賀昌昭 [執筆]
都市国家の誕生 糸賀昌昭 [執筆]
選ばれてあることの恍惚と不安 : エサルハドンの場合 佐藤進 [執筆]
奴隷と自由民の生活 屋形禎亮 [執筆]
この世とあの世の生活 : 古代エジプト人の死生観 屋形禎亮 [執筆]
民衆の日常生活 立川昭二 [執筆]
金属と人間 : 鉄実用化への道 立川昭二 [執筆]
プロローグ 三笠宮崇仁 [執筆]
地球最古の農民生活 糸賀昌昭 [執筆]
都市国家の誕生 糸賀昌昭 [執筆]
2.

図書

図書
杉勇 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1978.4
シリーズ名: 筑摩世界文學大系 ; 1
目次情報: 続きを見る
シュメール 五味亨, 杉勇訳
アッカド 後藤光一郎 [ほか] 訳
ウガリット 柴山栄訳
ヒッタイト 轟俊二郎 [ほか] 訳
アラム 杉勇訳
ペルシア 佐藤進訳
エジプト 尾形禎亮, 杉勇訳
旧約関係諸書について 三笠宮崇仁 [著]
シュメール 五味亨, 杉勇訳
アッカド 後藤光一郎 [ほか] 訳
ウガリット 柴山栄訳
3.

図書

図書
石田友雄 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 學生社, 1985.6
シリーズ名: オリエント史講座 / 前嶋信次, 杉勇, 護雅夫編集 ; 第2巻
目次情報: 続きを見る
メソポタミアの政治体制 佐藤進著
古バビロニア時代における社会階級 黒田和彦著
アッシリア帝国における社会構成の問題 佐藤進著
契約思想と法律体系の整備 林深山著
各種の宗教儀礼 : メソポタミア 芹沢茂著
文学と史料 矢島文夫著
シュメール都市 : 補論 板倉勝正著
バビロン市史 黒田和彦著
ウガリト 柴山栄著
東地中海世界 太田秀通著
ダビデ 石田友雄著
エルサレムの興亡 定形日佐雄著
ペルセポリスとスーサ 佐藤進著
アマルナ時代 神保規一著
エブラ王国 柴山栄著
メソポタミアの政治体制 佐藤進著
古バビロニア時代における社会階級 黒田和彦著
アッシリア帝国における社会構成の問題 佐藤進著
4.

図書

図書
前嶋信次, 杉勇, 護雅夫編集
出版情報: 東京 : 學生社, 1982.3
シリーズ名: オリエント史講座 / 前嶋信次, 杉勇, 護雅夫編集 ; 第3巻
目次情報: 続きを見る
序説 護雅夫著
エジプトの支配者たち 柘植一雄著
セレウコス朝 井上一著
パルティアとササン朝ペルシア 佐藤進著
隊商都市 小玉新次郎著
マニ教 須永梅尾著
ミトラス・イシス・サバジオスの崇拝 小川英雄著
ユダヤ教 石田友雄著
コプト教会 荒井献著
シリア教会 村岡崇光著
アルメニア教会 和田広著
ギリシア正教のビザンツ帝国 和田広著
幸福なアラビア 蔀勇造著
景教 森安孝夫著
コンスタンティノープル 和田広著
エチオピア教会 村岡崇光著
アナーヒター女神 鈴木治著
序説 護雅夫著
エジプトの支配者たち 柘植一雄著
セレウコス朝 井上一著
5.

図書

図書
木崎, 良平(1924-) ; 海老原, 遥(1933-) ; 中山, 昭吉(1930-) ; 清水, 睦夫(1927-) ; 古賀, 治幸 ; 延広, 知児 ; 綱川, 政則(1934-) ; 小松, 進 ; 菅原, 篤 ; 西沢, 龍生(1928-) ; 松下, 菊人(1934-) ; 東中野, 修道(1947-) ; 川上, 淳(1954-) ; 伊東, 秀征(1958-) ; 延広, 由美子 ; 潮田, 恒明 ; 吉田, 寅(1926-) ; 野沢, 佳美(1958-) ; 鈴木, 正弘 ; 浅野, 哲弘 ; 小林, 登志子(1949-) ; 佐藤, 進(1930- オリエント学)
出版情報: 東京 : 立正大学文学部西洋史研究室内木崎良平先生古稀記念論文集編集委員会, 1994.11
目次情報: 続きを見る
第1部:ロシア: ロシア教育政策起源考 海老原遙著
ロシア革命期ペトログラードのポーランド語定期刊行物 中山昭吉著
アヴァール族とスラヴ族 清水睦夫著
ソヴィエト政権初期におけるロシアの電化 古賀治幸著
一〇世紀ロシア・ビザンツ条約における「ルーシ人」の地位 延広知児著
第2部:ヨーロッパ: 一九三〇年代ヨーロッパ国際政治史への一視角 綱川政則著
アウグスティーヌスの正戦論に関する一考察 小松進著
南アフリカ戦争前半期における戦後処理をめぐる憶測 菅原篤著
第3部:日本と世界: ゼルフィ・G・Gと末松謙澄のロンドン 西澤龍生著
日米関係史上の新渡戸稲造 松下菊人著
吉田松陰の尊皇の思想 東中野修道著
ラクスマン来航と絵図 川上淳著
『セーリス日本渡航記』から見た平戸イギリス商館員の食生活 伊東秀征著
明治初期の国賓への饗応芸能 延広由美子著
近世日本における解剖観について 潮田恒明著
第4部:中国: 入華宣教師ゲネールの中国語布教書について 吉田寅著
明代南蔵初入蔵禅籍と定厳浄戒 野沢佳美著
唐代中期の士人李栖筠について 鈴木正弘著
前漢武帝の徙民と「広関」 浅野哲弘著
第5部:古代オリエント: グデアの「個人の守護神」ニンアズ 小林登志子著
初期アケメネス朝の系譜 佐藤進著
「世界史」と私 木崎良平著
第1部:ロシア: ロシア教育政策起源考 海老原遙著
ロシア革命期ペトログラードのポーランド語定期刊行物 中山昭吉著
アヴァール族とスラヴ族 清水睦夫著