著者典拠情報

標目形:
島薗, 進(1948-)||シマゾノ, ススム
属性:
Personal
から見よ参照形:
島薗, 進||シマゾノ, ススム
Shimazono, Susumu
Simazono, Susumu
著者典拠ID:
DA05450525


 close
1.

図書

図書
星野英紀 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 丸善, 2010.10
2.

図書

図書
山折哲雄, 川村邦光編
出版情報: 京都 : 世界思想社, 1999.7
目次情報: 続きを見る
縄文と弥生の心性を読み解くための方法序説 山折哲雄 [執筆]
カミとホトケ : 八幡・天神・稲荷 林淳 [執筆]
ノロイ・タタリ・イワイ 小松和彦 [執筆]
他界の構図 : 地獄と極楽の原風景 川村邦光 [執筆]
イノチと救い : 二元的宗教構造の理論枠組みを超えて 島薗進 [執筆]
民俗宗教研究と「ジェンダー」という方法 井桁碧 [執筆]
民俗宗教の複合性と霊威的次元 池上良正 [執筆]
民俗の知 : からだ・ことば・こころ 川村邦光 [執筆]
評価される身体、あるいは民俗宗教の臨界 橋本裕之 [執筆]
血と性 : 浄穢と貴賤 武見李子 [執筆]
物語・祭祀・権力 : 『風土記』の地名伝承をめぐって 赤坂憲雄 [執筆]
夢の回路 : 籠りと巡り 真野俊和 [執筆]
縄文と弥生の心性を読み解くための方法序説 山折哲雄 [執筆]
カミとホトケ : 八幡・天神・稲荷 林淳 [執筆]
ノロイ・タタリ・イワイ 小松和彦 [執筆]
3.

図書

図書
山折哲雄, 長田俊樹編
出版情報: 京都 : 国際日本文化研究センター, 1998.11
シリーズ名: 日文研叢書 = Nichibunken Japanese studies series ; 17 . 国際日本文化研究センター共同研究報告||コクサイ ニホン ブンカ ケンキュウ センター キョウドウ ケンキュウ ホウコク
目次情報: 続きを見る
日本人とキリスト教 : 半・日本人クライシスについて 山折哲雄 [執筆]
東方の三博士 : キリシタンの聖書翻訳 米井力也 [執筆]
犠牲としてのキリシタン : 殉教と旅の重さ 川村邦光 [執筆]
日本における『宗教』概念の形成 : 井上哲次郎のキリスト教批判をめぐって 島薗進 [執筆]
民俗・民衆宗教としてのキリスト教の文脈化 : 沖縄県の聖霊運動を手がかりとして 池上良正 [執筆]
日本人とネストリアン 井上章一 [執筆]
石川淳の聖痕 : 機械としてのキリスト教 小谷晴勇 [執筆]
『新世紀エヴァンゲリオン』と Material children 多田伊織 [執筆]
禁断の果実 島田裕巳 [執筆]
日本人のキリスト教受容とその理解 宮崎賢太郎 [執筆]
魂とスパイス : 十六世紀のポルトガル植民地政策とイエズス会士ルイス・フロイス エンゲルベルト・ヨリッセン [執筆]
潜伏キリシタンの終末論 : 民俗宗教の世界観として 紙谷威廣 [執筆]
インドにおける二つのキリスト教 : 村と聖地 田中雅一 [執筆]
インド・日本・キリスト教 : はたしてバイアスなき宗教研究は成り立つのか 長田俊樹 [執筆]
日本人とキリスト教 : 半・日本人クライシスについて 山折哲雄 [執筆]
東方の三博士 : キリシタンの聖書翻訳 米井力也 [執筆]
犠牲としてのキリシタン : 殉教と旅の重さ 川村邦光 [執筆]