著者典拠情報

標目形:
Morton, Leith, 1951-
属性:
Personal
から見よ参照形:
Morton, Leith Douglas
Mōton, Rīsu Dagurasu
モートン, リース||モートン, リース
著者典拠ID:
DA0571015X


 close
1.

図書

図書
edited by J. Thomas Rimer and Van C. Gessel ; with poetry selections by Amy Vladeck Heinrich, Leith Morton, and Hiroaki Sato, poetry editors
出版情報: New York : Columbia University Press, 2011
シリーズ名: Modern Asian literature series
2.

図書

図書
鈴木貞美編
出版情報: 京都 : 思文閣出版, 2001.7
目次情報: 続きを見る
明治期『太陽』の沿革、および位置 鈴木貞美 [執筆]
『太陽』創刊の反響 大和田茂 [執筆]
近代の法とメディア : 博文館が手本にした十九世紀の欧米 原秀成 [執筆]
初期『太陽』に見る明治写真術の展開 金子務 [執筆]
明治出版界の光と闇 : 博文館の興亡 山口昌男 [執筆]
編集者大橋乙羽 坪内祐三 [執筆]
『太陽』英文欄 : 英学者神田乃武のことなど 小田三千子 [執筆]
編輯主幹・浮田和民の位置 大和田茂 [執筆]
初期『太陽』に見るアメリカ像 : 日清日露戦間期日本外交に関する一考察 北岡伸一 [執筆]
日清戦争直後における対中国観および日本人のセルフイメージ : 『太陽』第一巻を通して 銭鷗 [執筆]
博文館『太陽』と朝鮮 : 「併合」に至る《喩》を中心として 三谷憲正 [執筆]
一九世紀末葉日本における海洋認識の諸類型 : 創刊期『太陽』に関連して 竹村民郎 [執筆]
余白欄のアジア主義 : 大正期『太陽』の詩文欄と児玉花外 佐藤一樹 [執筆]
明治期『太陽』に国民国家主義の変遷を読む 鈴木貞美 [執筆]
一九世紀末日本における科学主義と国家主義の結びつき : 『太陽』の記事をフィルターとして 石田秀実 [執筆]
国定教科書問題と『太陽』 梶山雅史 [執筆]
明治期『太陽』の翻訳文学紹介をめぐって 井上健 [執筆]
『太陽』に読む明治日本のドイツ文明批評と自己探究 : ドイツ関連記事と樗牛・嘲風の評論を視座として 林正子 [執筆]
『太陽』はトルストイ「日露非戦論」を如何に伝えたか 戸塚隆子 [執筆]
総合雑誌『太陽』と『女學雜誌』に見られる恋愛観 : 一八九五年~一九〇五年 リース・モートン [執筆]
増刊「近時之婦人問題」と家庭の理念 佐藤バーバラ [執筆]
大正初期の総合雑誌と「婦人問題」 : 「新しい女」を掲げて『太陽』を凌駕しようとした『中央公論』 ウルリケ・ヴェール [執筆]
本共同研究の方法的意義 : あとがきにかえて 鈴木貞美 [執筆]
明治期『太陽』の沿革、および位置 鈴木貞美 [執筆]
『太陽』創刊の反響 大和田茂 [執筆]
近代の法とメディア : 博文館が手本にした十九世紀の欧米 原秀成 [執筆]