著者典拠情報

標目形:
甚野, 尚志(1958-)||ジンノ, タカシ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Jinno, Takashi
Zinno, Takasi
著者典拠ID:
DA0680817X


 close
1.

図書

図書
甚野尚志編
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.4
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 359 . 東大駒場連続講義||トウダイ コマバ レンゾク コウギ
2.

図書

図書
甚野尚志著
出版情報: 東京 : 山川出版社, 1996.7
シリーズ名: 世界史リブレット ; 20
3.

図書

図書
エルンスト・カントロヴィッチ [著] ; 甚野尚志訳
出版情報: 東京 : みすず書房, 1993.12
4.

図書

図書
B. シンメルペニッヒ著 ; 甚野尚志, 成川岳大, 小林亜沙美訳
出版情報: 東京 : 刀水書房, 2017.11
シリーズ名: 人間科学叢書 ; 47
5.

図書

図書
甚野尚志 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2007.6
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1821]
6.

図書

図書
草光俊雄, 甚野尚志編著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2015.3
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1118170-1-1511 . ヨーロッパの歴史||ヨーロッパ ノ レキシ ; 1
7.

図書

図書
海老澤衷, 近藤成一, 甚野尚志編
出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 2017.3
目次情報: 続きを見る
朝河貫一と日欧比較封建制論 : 「朝河ペーパーズ」の「封建社会の性質」草稿群の分析 甚野尚志 [執筆]
越前国牛原荘の研究と朝河貫一 似鳥雄一 [執筆]
『入来文書』の構想とその史学史上の位置 : 日欧の中世史研究からみて 佐藤雄基 [執筆]
朝河貫一と日本の歴史学界 近藤成一 [執筆]
鎌倉幕府の成立と惟宗忠久 : 朝河貫一研究との関連で 海老澤衷 [執筆]
朝河貫一とイェール大学日本語コレクション : 構築・目録作成、整理の葛藤 中村治子 [執筆]
朝河貫一の生涯 : 家族・知人・教え子 山内晴子 [執筆]
朝河貫一と日欧比較封建制論 : 「朝河ペーパーズ」の「封建社会の性質」草稿群の分析 甚野尚志 [執筆]
越前国牛原荘の研究と朝河貫一 似鳥雄一 [執筆]
『入来文書』の構想とその史学史上の位置 : 日欧の中世史研究からみて 佐藤雄基 [執筆]
8.

図書

図書
歴史学研究会編
出版情報: 東京 : 青木書店, 2006.3
シリーズ名: シリーズ歴史学の現在 / 歴史学研究会編 ; 11
目次情報: 続きを見る
ローマとその幻影 栗田伸子著
表象の帝国 : ローマの「幻影」の起源 長谷川岳男著
中世ローマのクロノロジーを確立するために : サンタ・コスタンツァ聖堂におけるモルタルの年代側定 オーサー・リングボム著 ; 菅原裕文訳
中世写本の文字と「古代ローマ」 北村直昭著
他者の表象としての「ローマ帝国」 : ルーム遠征とイスラーム国家 太田敬子著
二つの「ローマ皇帝」像 : バシレイオス一世とミカエル三世 小林功著
ローマ教皇の即位儀礼 : 中世盛期における定式化 甚野尚志著
ドイツ王のローマ 池谷文夫著
フランス中世王権とローマ的"皇帝"、"帝国"観 渡辺節夫著
スペイン帝国の成立とローマ帝国 宮崎和夫著
ルーマニア人の民族意識におけるローマ概念 : 「ローマと合同した教会」の地位の変遷を中心に 中島崇文著
近代におけるローマ教皇権の確立 村上信一郎著
ローマとその幻影 栗田伸子著
表象の帝国 : ローマの「幻影」の起源 長谷川岳男著
中世ローマのクロノロジーを確立するために : サンタ・コスタンツァ聖堂におけるモルタルの年代側定 オーサー・リングボム著 ; 菅原裕文訳
9.

図書

図書
渡辺節夫編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2003.2
目次情報: 続きを見る
ライヒェナウ修道院の『祈念書』 : カロリング王権と祈祷兄弟契約 甚野尚志 [執筆]
10-11世紀ビザンツ社会のカリスティキア : 教会施設管理の俗人委託慣行と国家権力 大月康弘 [執筆]
12世紀ドイツ王権の宮廷 : その構造をめぐるいくつかの問題 西川洋一 [執筆]
12世紀前期イングランドにおける財務府の形成とその意味 吉武憲司 [執筆]
カペー王権と中央統治機構の発展 渡辺節夫 [執筆]
14世紀後半のフランス王国における租税制度の成立 堀越宏一 [執筆]
ドイツ中世におけるフェーデ・ラントフリーデ・国制 土浪博 [執筆]
15世紀末帝国ワイン条例の成立 辻泰一郎 [執筆]
中世後期イングランド王座裁判所刑事司法手続 北野かほる [執筆]
15世紀ボヘミアにおける宗派共存と身分制 薩摩秀登 [執筆]
「スペイン王国」成立に関する一考察 : バルセローナ市への異端審問制度をめぐって 立石博高 [執筆]
15世紀フランドルにおける都市とブルゴーニュ公権力 : フィリップ善良公のブルッヘ「入市式」(1440年)を中心に 河原温 [執筆]
ライヒェナウ修道院の『祈念書』 : カロリング王権と祈祷兄弟契約 甚野尚志 [執筆]
10-11世紀ビザンツ社会のカリスティキア : 教会施設管理の俗人委託慣行と国家権力 大月康弘 [執筆]
12世紀ドイツ王権の宮廷 : その構造をめぐるいくつかの問題 西川洋一 [執筆]
10.

図書

図書
[樺山紘一ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.2
シリーズ名: 岩波講座世界歴史 / 樺山紘一 [ほか] 編 ; 12
目次情報: 続きを見る
遭遇と発見 : 異文化への視野 樺山紘一 [執筆]
二つのインカ帝国像 : ラス・カサスとインカ・ガルシラソをめぐって 染田秀藤 [執筆]
『東方見聞録』とその読者たち 大黒俊二 [執筆]
ブレーメンのアダムと北方世界の「発見」 : 『ハンブルク司教事跡録』を読む 甚野尚志 [執筆]
古代ギリシア人のスキュタイ観 篠崎三男 [執筆]
異人は中国人によっていかに描かれたか 武田雅哉 [執筆]
東アジアからの地理的世界認識 応地利明 [執筆]
中世中東世界から見たヨーロッパ像 : 学術文献と文学作品を中心に 杉田英明 [執筆]
イブン=ハルドゥーンと歴史の発見 森本公誠 [執筆]
太平洋「探検」とメディア 山中速人 [執筆]
人類へのまなざし : 近世日本の想像力と視覚人類学の誕生 ロナルド・トビ [執筆]
遭遇と発見 : 異文化への視野 樺山紘一 [執筆]
二つのインカ帝国像 : ラス・カサスとインカ・ガルシラソをめぐって 染田秀藤 [執筆]
『東方見聞録』とその読者たち 大黒俊二 [執筆]