著者典拠情報

標目形:
上田, 宏範(1921-)||ウエダ, ヒロノリ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Ueda, Hironori, 1921-
著者典拠ID:
DA07263245


 close
1.

図書

図書
上田宏範著
出版情報: 東京 : 学生社, 1996.9
2.

図書

図書
上田宏範著
出版情報: 東京 : 学生社, 1969.10
3.

図書

図書
W. ゴーランド著 ; 上田宏範校注 ; 稲本忠雄訳
出版情報: 大阪 : 創元社, 1981.7
目次情報: 続きを見る
日本のドルメンと埋葬墳
日本の初期天皇陵とドルメン
日本のドルメンとその築造者たち
朝鮮のドルメンと遺物に関するノート
日本の諸金属と金属工芸
ウィリアム・ゴーランド小伝 上田宏範[著]
日本のドルメンと埋葬墳
日本の初期天皇陵とドルメン
日本のドルメンとその築造者たち
4.

図書

図書
大場, 磐雄(1899-1975) ; 末永, 雅雄(1897-1991) ; 鎌木, 義昌(1918-1993) ; 乙益, 重隆(1919-1991) ; 下津谷, 達男 ; 甘粕, 健(1930-) ; 伊藤, 玄三(1933-) ; 内藤, 晃 ; 尾崎, 喜左雄(1904-1978) ; 上田, 宏範(1921-) ; 樋口, 清之(1909-1997) ; 永峰, 光一(1927-) ; 増田, 精一(1922-2010) ; 樋口, 隆康(1919-2015) ; 村井, 嵒雄 ; 玉口, 時雄(1918-) ; 倉田, 芳郎 ; 小出, 義治(1922-) ; 石附, 喜三男(1939-1986)
出版情報: 東京 : 雄山閣出版, 1970
シリーズ名: 考古学講座 ; 5 . 原史文化||ゲンシ ブンカ ; 下
目次情報: 続きを見る
古墳文化総説 末永雅雄著
古墳文化各説序説 大場磐雄著
近畿 末永雅雄著
四国・中国 鎌木義昌[ほか]著
九州 乙益重隆著
中部 下津谷達男[ほか]著
関東 甘粕健著
東北 伊藤玄三著
古墳文化特説序説 大場磐雄著
古墳の発生と終末 内藤晃, 尾崎喜左雄著
前方後円・後方墳 上田宏範著
棺槨 尾崎喜左雄著
装飾古墳 乙益重隆著
装身具 樋口清之,永峯光一著
武器・武装 増田精一著
樋口隆康著
埴輪・石人石馬 村井嵒雄著
土師器 玉口時雄著
須恵器 倉田芳郎著
住居と集落 小出義治著
北海道の原史文化 石附喜三男著
古墳文化総説 末永雅雄著
古墳文化各説序説 大場磐雄著
近畿 末永雅雄著
5.

図書

図書
奈良県教育委員会編
出版情報: 奈良 : 奈良縣教育委員会, 1936-
目次情報: 続きを見る
第1輯: 最近発見の遺蹟遺物調査報告 斎藤忠[著]
第5輯: 宇陀郡室生村室生寺如意峯出土遺物 岸熊吉, 末永雅雄[著]
磯城郡上之郷村大字笠字横枕火葬墳墓 末永雅雄[著]
奈良市横井町出土延喜通宝 末永雅雄[著]
第7輯: 奈良県天理市上之庄星塚古墳 小島俊次[著]
第8輯: 北葛城郡当麻村大字当麻字当麻茶山古墳 島田暁[著]
北葛城郡当麻村大字当麻字首子櫟山古墳 小島俊次[著]
北葛城郡河合村大字佐味田字小墓高塚古墳 伊達宗泰[著]
第9輯: 橿原市新賀下明寺池遺跡 末永雅雄[著]
奈良市高円神社境内古墳
宇智郡阪合部村犬飼大師塚古墳
第10輯: 多門城跡 : 奈良市法蓮町
斑鳩大塚古墳 : 生駒郡斑鳩町
不退寺裏山古墳 : 奈良市法蓮町
布留遺跡 : 天理市布留
第11輯: 御所市西松本の古墳
五条市近内の古墳
桜井児童公園の古墳
奈良市柴屋町丸山古墳
大和における古代窯跡
第12輯: 奈良市佐紀町猫塚古墳
御所市大字室みやす古墳
天理市柳本町薬師山古墳
第13輯: 大淀桜ガ丘遺跡 ; 天理市石上町狐ガ尾の古墳 ; 天理市岩屋領西山銀製墓誌
第14輯: 窪之庄遺跡の調査 伊達宗泰 [著
新沢太鼓山第一〇一号墳・第一〇三号墳の調査 上田宏範[著]
御所市古瀬「水泥蓮華文石棺古墳」及び「水泥塚穴古墳」の調査 網干善教[著]
特別史跡石舞台古墳復原工事にともなう調査概報 網干善教[著]
第15輯: 北葛城郡上牧村字下牧瓦窯跡 網干善教[著]
大和高田市大谷古屋敷古墳 網干善教[著]
桜井・茶臼山古墳出土の絹帛について 角山幸洋[著]
第1輯: 最近発見の遺蹟遺物調査報告 斎藤忠[著]
第5輯: 宇陀郡室生村室生寺如意峯出土遺物 岸熊吉, 末永雅雄[著]
磯城郡上之郷村大字笠字横枕火葬墳墓 末永雅雄[著]
6.

図書

図書
木村武夫編
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 1970.5
目次情報: 続きを見る
埴輪の系譜 : 研究史的な回顧と示唆 浅田芳朗
神武紀と景行紀との比較の問題 : とくに用語と文体について 横田健一
シキツヒコノ命と大毘古命との二つの子孫記述をめぐって 吉井巌
飛鳥・奈良時代における文化受容の一形態 : 墓制にあらわれた一側面 上田宏範
年分度者の原義とその変化 二葉憲香
中将姫説話の成立 宮崎円遵
御厨と在地領主 戸田芳実
『作庭記』の造庭思想 佐々木利三
本願寺の服式と貴族化 小椋修賢
近世都市職人の存在形態の変遷 : 権力統制との対応関係を中心にみたる 中部よし子
『語孟字義』の成立過程とその校異 三宅正彦
享保改革期の破免をめぐって 森杉夫
勝鉄山『東日記』(翻刻) 永野仁
懐徳堂経営の一端 : 大阪町人の義金・謝金を中心に 藤井定義
地動説の伝来と新宇宙論の出現 : とくに山片蟠桃の大宇宙論について 有坂隆道
時ならぬ浪花の花火 : 大塩の乱の一史料 井上薫
天保上知令と河州農村の動向 竹安繁治
天保の上知令 : 石川領東山役所の場合 山口之夫
天保期における薩摩藩士の琉球政策論について 池田敬正
旧堺県の郷学校と村落 福島雅蔵
住友家における事業経営の近代化 : 広瀬宰平の事蹟にみる 辻節雄
明治社会主義の思想 : 幸徳秋水を中心にして 塩田庄兵衛
報徳社運動と軍国主義 : 片山潜「伊豆の稲取村」を素材として 佐々木隆爾
明治期における大阪の地主団体 : 「興農会」と「地主同盟会」を中心に 北崎豊二
「隠棲」時代の山川均の動静 小山仁示
ナショナリズム試論 山本晴義
埴輪の系譜 : 研究史的な回顧と示唆 浅田芳朗
神武紀と景行紀との比較の問題 : とくに用語と文体について 横田健一
シキツヒコノ命と大毘古命との二つの子孫記述をめぐって 吉井巌