著者典拠情報

標目形:
坂井, 隆(1954-)||サカイ, タカシ
属性:
Personal
から見よ参照形:
Sakai, Takashi
Sakai, Takasi
著者典拠ID:
DA08841314


 close
1.

図書

図書
坂井隆, 西村正雄, 新田栄治著
出版情報: 東京 : 同成社, 1998.7
シリーズ名: 世界の考古学 / 藤本強, 菊池徹夫監修 ; 8
2.

図書

図書
藤原良章編
出版情報: 東京 : 高志書院, 2004.6
目次情報: 続きを見る
「あづま道」、上野のポスト東山道 坂井隆 [執筆]
推定鎌倉街道上道跡 : 赤濱天神沢遺跡の発掘調査から探る男衾郡塚田宿 小林高 [執筆]
多摩丘陵の鎌倉街道上道 : 町田市野津田上の原遺跡を中心に 後藤貴之, 新開英樹 [執筆]
石神井川を渡り岩淵へ : 東京都北区十条久保遺跡検出の道路址 牛山英昭 [執筆]
越後国佐橋荘の中世古道と町並み : 新潟県柏崎市馬場・天神腰遺跡の中世集落 品田高志 [執筆]
中世のみち探訪 藤原良章 [執筆]
十三湊の歴史景観と中世古道 榊原滋高 [執筆]
都市周辺を走る「みち」 : 犬懸坂への「みち」から 岡陽一郎 [執筆]
道路と町、巨大都市の開発過程 : 平安京八条院町を素材に 百瀬正恒 [執筆]
古代から中世へと続く道 : 新潟県上越市子安遺跡の道路状遺構を中心に 笹澤正史 [執筆]
『吾妻鏡』道路関係記事を集める 岡陽一郎 [編]
「あづま道」、上野のポスト東山道 坂井隆 [執筆]
推定鎌倉街道上道跡 : 赤濱天神沢遺跡の発掘調査から探る男衾郡塚田宿 小林高 [執筆]
多摩丘陵の鎌倉街道上道 : 町田市野津田上の原遺跡を中心に 後藤貴之, 新開英樹 [執筆]
3.

図書

図書
尾本惠市 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.5
シリーズ名: 海のアジア / 尾本惠市 [ほか] 編集委員 ; 6
目次情報: 続きを見る
海を国家に取り込む、海が国家を包囲する 村井吉敬 [執筆]
海を渡った日本人 野村進 [執筆]
アジアの海と日本の戦争 : ダイバーたちの戦争 内海愛子 [執筆]
黒潮文化 青柳洋治 [執筆]
伊万里とジャンクネットワーク 坂井隆 [執筆]
シーレーン思想の歴史と現在 前田哲男 [執筆]
海のアジアと越境的ネットワーク 姜尚中 [執筆]
糸満漁民と東南アジア 上田不二夫 [執筆]
カツオと南進の海道をめぐって 藤林泰 [執筆]
海・水俣病・アジア 原田正純 [執筆]
アジアに延びる古着の道 福家洋介 [執筆]
海の道と日本文化 千田稔 [執筆]
水上の旅人 港千尋 [執筆]
海を国家に取り込む、海が国家を包囲する 村井吉敬 [執筆]
海を渡った日本人 野村進 [執筆]
アジアの海と日本の戦争 : ダイバーたちの戦争 内海愛子 [執筆]
4.

図書

図書
佐々木達夫編 ; 佐々木達夫 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 雄山閣, 2015.11-
目次情報: 続きを見る
第1巻: 序論 : 中近世陶磁器の考古学 佐々木達夫 [執筆]
発掘調査が語る有田焼の生産システム : 需要の推移とともに柔軟に姿を変えた有田焼の400年 村上伸之 [執筆]
日本における高品質磁器製品の生産と受容の背景 高島裕之 [執筆]
上野・高取系陶器の生産と流通・使用 : 肥前陶磁器との拮抗の中で 佐藤浩司 [執筆]
町人地にみる「鍋島」 : 近世後期の身分・階層を超える志向を読む 水本和美 [執筆]
出島和蘭商館跡出土の貿易陶磁 : 近世の流通及び産業振興の視点から 山口美由紀 [執筆]
津軽悪戸焼の生産と流通 佐藤雄生 [執筆]
北前船で運ばれた備前・備後産徳利の生活文化史的考察 鈴木重治 [執筆]
南宋都城址杭州に流通した天目茶碗 : 米内山庸夫資料を中心に 関口広次 [執筆]
14~16世紀の沖縄出土龍泉窯系青磁における生産地の模索 瀬戸哲也 [執筆]
アラビア半島ディバの陶磁器と生活 佐々木達夫・佐々木花江 [執筆]
オランダ出土の東洋陶磁器 : その流通と使用 金田明美 [執筆]
アジア海域を走る景徳鎮インテリア・タイル : インドネシア・インド・トルコの18世紀 坂井隆 [執筆]
第1巻: 序論 : 中近世陶磁器の考古学 佐々木達夫 [執筆]
発掘調査が語る有田焼の生産システム : 需要の推移とともに柔軟に姿を変えた有田焼の400年 村上伸之 [執筆]
日本における高品質磁器製品の生産と受容の背景 高島裕之 [執筆]