著者典拠情報

標目形:
瀧川, 裕英(1970-)||タキカワ, ヒロヒデ
属性:
Personal
著者典拠ID:
DA14304218


 close
1.

図書

図書
瀧川裕英著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2003.12
2.

図書

図書
瀧川裕英著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2017.8
3.

図書

図書
瀧川裕英, 宇佐美誠, 大屋雄裕著
出版情報: 東京 : 有斐閣, 2014.12
4.

図書

図書
井上達夫 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2007.4
シリーズ名: 岩波講座憲法 ; 1
目次情報: 続きを見る
市民的自由は憲法学の基礎概念か 毛利透著
社会契約は立憲主義にとってなお生ける理念か 愛敬浩二著
「法の支配」の立憲主義的保障は「裁判官の支配」を超えうるか 渡辺康行著
権力分立原理は国家権力を実効的に統御しうるか 瀧川裕英著
共和主義ルネッサンスは立憲主義の死か再生か 駒村圭吾著
公私区分批判はリベラルな立憲主義を超えうるのか 巻美矢紀著
差異の政治は自己表出力なき者の人権を擁護しうるのか 関良徳著
リバタリアンは「立憲主義の為の闘争」を戦いうるのか 吉永圭著
政治的リベラリズムにおける「立憲的精髄」は「暫定協定」を超えうるか 大日方信春著
プラグマティズムは法の支配を否定するか 淺野博宣著
根元的規約主義は解釈改憲を放縦化させるのか 大屋雄裕著
憲法の公共性はいかにして可能か 井上達夫著
市民的自由は憲法学の基礎概念か 毛利透著
社会契約は立憲主義にとってなお生ける理念か 愛敬浩二著
「法の支配」の立憲主義的保障は「裁判官の支配」を超えうるか 渡辺康行著
5.

図書

図書
瀧川裕英編
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2016.9
目次情報: 続きを見る
ドーピングは禁止すべきか? 米村幸太郎 [執筆]
自分の臓器を売ることは許されるべきか? 鈴木慎太郎 [執筆]
犯罪者を薬物で改善してよいか? 若松良樹 [執筆]
ダフ屋を規制すべきか? 登尾章 [執筆]
チンパンジーは監禁されない権利を持つか? 野崎亜紀子 [執筆]
女性専用車両は男性差別か? 松尾陽 [執筆]
同性間の婚姻を法的に認めるべきか? 土井崇弘 [執筆]
相続制度は廃止すべきか? 森村進 [執筆]
児童手当は独身者差別か? 瀧川裕英 [執筆]
年金は世代間の助け合いであるべきか? 吉良貴之 [執筆]
裁判員制度は廃止すべきか? 関良徳 [執筆]
女性議席を設けるべきか? 石山文彦 [執筆]
悪法に従う義務はあるか? 横濱竜也 [執筆]
国家は廃止すべきか? 住吉雅美 [執筆]
国際社会に法は存在するか? 郭舜 [執筆]
ドーピングは禁止すべきか? 米村幸太郎 [執筆]
自分の臓器を売ることは許されるべきか? 鈴木慎太郎 [執筆]
犯罪者を薬物で改善してよいか? 若松良樹 [執筆]
6.

図書

図書
宇佐美誠編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2014.10
目次情報: 続きを見る
グローバルな生存権論 宇佐美誠 [執筆]
グローバルな「シンボリック・ネットワーク」 長谷川晃 [執筆]
社会契約モデルの拡張 : ロールズからセンへ 後藤玲子 [執筆]
正義の宇宙主義から見た地球の正義 瀧川裕英 [執筆]
移民の規制は正当化できるか? 森村進 [執筆]
グローバル不正義としての南北間搾取 吉原直毅 [執筆]
「食」とグローバルな正義 伊藤恭彦 [執筆]
多国籍企業の政治的責任 神島裕子 [執筆]
グローバルな生存権論 宇佐美誠 [執筆]
グローバルな「シンボリック・ネットワーク」 長谷川晃 [執筆]
社会契約モデルの拡張 : ロールズからセンへ 後藤玲子 [執筆]
7.

図書

図書
井田良, 松原芳博編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2014.7
シリーズ名: 立法学のフロンティア / 井上達夫 [ほか] 編集 ; 3
目次情報: 続きを見る
各法領域の立法実践とその改革の方途 : 各論文の解題を兼ねて 井田良, 松原芳博 [執筆]
「より良き立法」へのプロジェクト : ハート=サックス〈The Legal Process〉再読 高見勝利 [執筆]
立法における法・政策・政治の交錯とその「質」をめぐる対応のあり方 川崎政司 [執筆]
責任プロセスにおける立法者 : 選挙・熟議・説明責任 瀧川裕英 [執筆]
近年における刑事立法の活性化とその評価 井田良 [執筆]
立法化の時代における立法学 松原芳博 [執筆]
裁判員制度の立法学的意義 亀井源太郎 [執筆]
民法(債権法)改正過程と立法過程の在り方 : 立法の哲学の視点から 山田八千子 [執筆]
家族制度改革における立法の位置 大島梨沙 [執筆]
会社法改正の力学 中東正文 [執筆]
最近の労働法における立法学的問題 奥田香子, 中窪裕也 [執筆]
労働立法と三者構成原則 濱口桂一郎 [執筆]
各法領域の立法実践とその改革の方途 : 各論文の解題を兼ねて 井田良, 松原芳博 [執筆]
「より良き立法」へのプロジェクト : ハート=サックス〈The Legal Process〉再読 高見勝利 [執筆]
立法における法・政策・政治の交錯とその「質」をめぐる対応のあり方 川崎政司 [執筆]
8.

図書

図書
瀧川裕英, 大屋雄裕, 谷口功一編
出版情報: 京都 : ナカニシヤ出版, 2015.8
目次情報: 続きを見る
第1章: 規範と法命題 : 行方を訊ねて 安藤馨 [執筆]
第2章: 共生の作法 : 円環の潤い 谷口功一 [執筆]
第3章: 『他者への自由』と共和主義の自由 瀧川裕英 [執筆]
第4章: 現代の貧困 : 批判的民主主義の制度論 松本充郎 [執筆]
第5章: 普遍の再生 : どのようにして? そしてどのような? 米村幸太郎 [執筆]
第6章: 法という企て : 人格への卓越主義? 大屋雄裕 [執筆]
第7章: 正義に基づく『自由論』 大江洋 [執筆]
第8章: 世界正義論 : 「諸国家のムラ」をめぐる疑問 浦山聖子 [執筆]
第9章: 分配的正義 藤岡大助 [執筆]
第10章: リバタリアニズム 吉永圭 [執筆]
第11章: フェミニズム 池田弘乃 [執筆]
第12章: 戦後責任 稲田恭明 [執筆]
第13章: 憲法第9条削除論 : 世界正義論の観点から 郭舜 [執筆]
第14章: 生命倫理 奥田純一郎 [執筆]
第15章: 時間 : 入れ違いの交換可能性のもとで 吉良貴之 [執筆]
第16章: 法の本質 平井光貴 [執筆]
第17章: 立法学 : 「批判的民主主義」をめぐって 横濱竜也 [執筆]
対談 : 外部から見た井上/法哲学 大屋雄裕, 宍戸常寿 [述] ; 谷口功一 [司会]
第1章: 規範と法命題 : 行方を訊ねて 安藤馨 [執筆]
第2章: 共生の作法 : 円環の潤い 谷口功一 [執筆]
第3章: 『他者への自由』と共和主義の自由 瀧川裕英 [執筆]