著者典拠情報

標目形:
番場, 俊(1969-)||バンバ, サトシ
属性:
Personal
著者典拠ID:
DA16048549


 close
1.

図書

図書
番場俊著
出版情報: 東京 : 水声社, 2012.12
2.

図書

図書
越野剛, 望月哲男編
出版情報: 札幌 : 北海道大学スラブ研究センター, 2005.12
シリーズ名: 「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 = Occasional papers on making a discipline of Slavic Eurasian studies ; No. 10
目次情報: 続きを見る
19世紀後半の精神医学とその発想 : 精神医学者ウラジーミル・チシ(1855-1922?)による文豪の生涯と作品の分析を手掛かりに 久野康彦 [執筆]
日本人の宗教意識とドストエフスキー研究 小林銀河 [執筆]
19世紀ロシア文学におけるイエズス会のイメージ : 『カラマーゾフの兄弟』読解へのステップ 望月哲男 [執筆]
19世紀前半のロシア文学とピクチャレスク概念 鳥山祐介 [執筆]
『現代の英雄』 : 日付の一致をめぐって 山路明日太 [執筆]
トルストイとゴーリキー、『幼年時代』研究 : 自己と他者のまなざし 大川良輔 [執筆]
19世紀ロシア文学におけるリアリズムとコロニアリズム : ベストゥージェフ=マルリンスキーのカフカース・テクスト 乗松亨平 [執筆]
チュッチェフの作品における「不可解さ」をめぐって : 19世紀ロシアに見られる、政治思想と抒情詩の「他者」 坂庭淳史 [執筆]
19世紀小説と現代 番場俊 [執筆]
19世紀後半の精神医学とその発想 : 精神医学者ウラジーミル・チシ(1855-1922?)による文豪の生涯と作品の分析を手掛かりに 久野康彦 [執筆]
日本人の宗教意識とドストエフスキー研究 小林銀河 [執筆]
19世紀ロシア文学におけるイエズス会のイメージ : 『カラマーゾフの兄弟』読解へのステップ 望月哲男 [執筆]
3.

図書

図書
番場俊編
出版情報: 札幌 : 北海道大学スラブ研究センター, 2007.3
シリーズ名: 「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集 = Occasional papers on making a discipline of Slavic Eurasian studies ; No. 19
目次情報: 続きを見る
Literature against visual media : discourses on the visuality of N. Gogol's language Kyohei Norimatsu
スターリン主義のテクストと身体 平松潤奈 [著]
身体と読解可能性 : カラムジン/オドエフスキイの読者共同体 安達大輔 [著]
フロイトとパヴロフ、あるいは言語と身体 : ゾーシチェンコ『日の出前』をめぐって 岩本和久 [著]
日本における『三人姉妹』の上演をめぐって 齋藤陽一 [著]
ドヴジェンコ無声映画における身体 : 『大地』を中心に 井上徹 [著]
「動くもの」の世界 : セルゲイ・エイゼンシュテインの理論と映画 畠山宗明 [著]
音楽的身体とパフォーマンス 鈴木正美 [著]
Literature against visual media : discourses on the visuality of N. Gogol's language Kyohei Norimatsu
スターリン主義のテクストと身体 平松潤奈 [著]
身体と読解可能性 : カラムジン/オドエフスキイの読者共同体 安達大輔 [著]
4.

図書

図書
[沼野充義ほか著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.10
シリーズ名: 岩波講座文学 / 小森陽一 [ほか] 編集委員 ; 3
目次情報: 続きを見る
まえがき : これから先も当分死ぬことのない小説のために 沼野充義著
ギリシア・ローマの小説 中務哲郎著
平安時代の「物語」と物語文学 兵藤裕己著
西鶴 : 経済社会の小説 日暮聖著
「ロビンソン・クルーソー」と小説の生成 仙葉豊著
フランス近代小説論 : 取捨選択のドラマ 鷲見洋一著
小説の身体 : 一九世紀ロシア小説における<作者>と<主人公> 番場俊著
ドイツ二〇世紀小説にみられたある感受性の革命 三原弟平著
東アジアにおける魯迅 藤井省三著
二〇世紀「アメリカ」小説論 : フォークナーとピンチョン 越川芳明著
ラテンアメリカ文学 : 小説、起源への回帰 木村榮一著
近代小説における<語り>の問題 : 谷崎潤一郎「卍」を手がかりとして 金子明雄著
自伝のかたち : 「わたし」と「記憶」をめぐって 石川美子著
ヌーヴォー・ロマン論 : 虚構の運動をめぐって 江中直紀著
まえがき : これから先も当分死ぬことのない小説のために 沼野充義著
ギリシア・ローマの小説 中務哲郎著
平安時代の「物語」と物語文学 兵藤裕己著
5.

図書

図書
栗原隆編
出版情報: 仙台 : 東北大学出版会, 2009.3
目次情報: 続きを見る
人間学 : 私たちの身体は自分のものか? 栗原隆 [執筆]
哲学 : 観念論とはなんだったのか? 城戸淳 [執筆]
心理学 : ヒトの心の進化を考える 鈴木光太郎 [執筆]
ロシア文化論 : 言葉の身体性とヴィジュアル・ポエトリー 鈴木正美 [執筆]
表象文化論 : イメージ/テクスト/身体の夢 番場俊 [執筆]
社会学 : 私たちは、なぜ変な「思いこみ」にとらわれるのか? 松井克浩 [執筆]
ジェンダー論 : ジェンダーが照射する女性と男性、そして社会 杉原名穂子 [執筆]
アジア文化論 : アジアへの懸け橋 白石典之 [執筆]
民俗学 : 祭りを見る心 池田哲夫 [執筆]
アメリカ文化論 : アメリカとは何か 高橋康浩 [執筆]
情報メディア論 : 子どものケータイ問題とメディアの社会的構築 北村順生 [執筆]
倫理学 : 私たちは、本当のことを語らなければならないのか? 栗原隆 [執筆]
科学思想史 : 科学者の虚像と実像 井山弘幸 [執筆]
日本文学 : 江戸時代の「男はつらいよ」 広部俊也 [執筆]
英米文学 : なぜいまどき文学なのか 平野幸彦 [執筆]
映像文化論 : ホラー映画『女優霊』と原初の映像 石田美紀 [執筆]
信仰 : 信仰をいただいて生きる 三宅聖子 [執筆]
人間学 : 私たちの身体は自分のものか? 栗原隆 [執筆]
哲学 : 観念論とはなんだったのか? 城戸淳 [執筆]
心理学 : ヒトの心の進化を考える 鈴木光太郎 [執筆]
6.

図書

図書
小林康夫, 松浦寿輝編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2000.3
シリーズ名: 表象のディスクール / 小林康夫, 松浦寿輝編 ; 2
目次情報: 続きを見る
記号と出来事 : テクストという危機 : 第2巻のためのプロレゴメナ 小林康夫 [執筆]
表象の遅延装置としてのテクスト 阿部良雄 [執筆]
ロートマン的テクスト論の射程 桑野隆 [執筆]
レオナルドの教え : アンドレ・ブルトンの3つのテクストにおける描写と投影の問題 竹内孝宏 [執筆]
あなたは花や葉に満ちた枝のように : ユーリイ・オレーシャの比喩と人生 沼野充義 [執筆]
ドストエフスキーの「気分体」人間 中村健之介 [執筆]
文学的行為 : ドストエフスキー『貧しき人々』をめぐって 番場俊 [執筆]
世界に羽ばたく鸚鵡たち : フィクションのある小道具について 赤塚若樹 [執筆]
『豊饒の海』 : あるいは型に嵌められた現実 根本美作子 [執筆]
固着と転位 : 志賀直哉というテクスト 山田広昭 [執筆]
暴君の教訓 高田康成 [執筆]
振舞と模倣 : 「叙事演劇」とその演技論に寄せて 高橋宗五 [執筆]
物語る人びと : 中世ヨーロッパの文芸受容について 一條麻美子 [執筆]
記号と出来事 : テクストという危機 : 第2巻のためのプロレゴメナ 小林康夫 [執筆]
表象の遅延装置としてのテクスト 阿部良雄 [執筆]
ロートマン的テクスト論の射程 桑野隆 [執筆]