著者典拠情報

標目形:
田中, 良弘||タナカ, ヨシヒロ
属性:
Personal
著者典拠ID:
DA18257798


 close
1.

図書

図書
田中良弘著
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2017.2
シリーズ名: 行政法研究双書 ; 34
2.

図書

図書
一橋大学環境法政策講座編
出版情報: 東京 : 商事法務, 2015.4
シリーズ名: 別冊NBL ; No.150
目次情報: 続きを見る
第I部シンポジウム: 原子力損害賠償制度の概要 野村豊弘 [述]
東電事故賠償において示された原子力損害賠償精度に関する理論的課題 大塚直 [述]
原子力損害賠償と経済学 : 法と経済学の観点から 渡辺智之 [述]
東電による賠償支払いの状況と和解実務上の課題 丸島俊介 [述]
原子力損害賠償とわが国の不法行為法 潮見佳男 [述]
第II部論説: 原子力損害賠償の法政策的検討 田中良弘 [著]
原子力事故に起因する風評被害の発生と回復 : 計量経済学からの分析と法 戒能一成, 豊永晋輔 [著]
第三者の行為と原子力損害 原子力損害と公共政策研究会(代表中島肇)
第I部シンポジウム: 原子力損害賠償制度の概要 野村豊弘 [述]
東電事故賠償において示された原子力損害賠償精度に関する理論的課題 大塚直 [述]
原子力損害賠償と経済学 : 法と経済学の観点から 渡辺智之 [述]
3.

図書

図書
高橋滋, 住友電工グループ社会貢献基金, 一橋大学環境法政策講座編著
出版情報: 東京 : 第一法規, 2016.2
シリーズ名: 一橋大学・公共政策提言シリーズ ; No.3
目次情報: 続きを見る
福島原発事故からの復興と原子力損害賠償 : 事故後4年の現状と課題 高橋滋著
原子力損害賠償に関する条約と日本の原子力損害賠償制度 長谷浩之 [著]
事故由来放射性物質汚染廃棄物の処理 : 現状と課題 筑紫圭一 [著]
除染の現状と除染法制の在り方 : 除染費用に関する法的仕組みを中心に 田中良弘 [著]
原発「再稼働」に係る専門的知見の反映 : 新規制基準をめぐる法的課題 友岡史仁 [著]
既存原発に対する安全規制をめぐる法的問題 川合敏樹 [著]
原子力安全規制における地方自治体の役割 : 日米比較 清水知佳 [著]
高レベル放射性廃棄物処理に関わる社会的意思決定の在り方検討 織朱實 [著]
中国における原子力法制 周蒨 [著]
韓国における原子力法制 : その法的仕組みと放射性廃棄物の管理を中心に 尹龍澤, 權宗憲 [著]
台湾の原子力安全規制システム 陳春生 [著]
福島原発事故からの復興と原子力損害賠償 : 事故後4年の現状と課題 高橋滋著
原子力損害賠償に関する条約と日本の原子力損害賠償制度 長谷浩之 [著]
事故由来放射性物質汚染廃棄物の処理 : 現状と課題 筑紫圭一 [著]